« 心の中の悪魔 | Main | 愛と憎しみは同じものだ »

2010.09.01

「せーの」は偉大なマントラ

「悪魔(デイモス)の花嫁」という漫画は、1975年に連載開始され、いまだ継続中らしい。原作は池田悦子さん、漫画はあしべゆうほさんによる作品だ。
古い時期のお話であるが、悪魔デイモスは、絶世の美少女である女子中学生の美奈子に、死の恐ろしさを見せ付けてから誘惑する。
「美しいお前も、いつかは老いさらばえて死ぬ。私の花嫁になれば、永遠の若さと命を約束する」
しかし、美奈子の迷いは一瞬で消え、明るくおだやかな表情で去る。
「死があるからこそ誕生がある。生まれいずる命は美しい。何にも増して美しい」
美奈子は悪魔に勝ったのである。

生まれいずる命はなぜ美しいか、ご存知だろうか?
「そんなの当たり前じゃない」と言う向きもあるかもしれないが、本当に分かっているのだろうか?それが本当に分かれば、悪魔にも勝てるし、世にも勝てる。
私などは、赤ん坊が美しいと思ったことなど一度もなかった。そして、そう思う人は大変に多いのだと思う。赤ん坊をコインロッカーに捨てたり、殺したりまではしなくても、さして可愛いと思っていない母親も少なくはない。だから、多くの女性が結婚したがらず、子供を産みたがらないのだろう。もちろん、女性だけでなく、男性も同じ傾向にある。

昨日も書いたが、人がこの世に「生れ落ちる」という言い方に人々の持つ奇妙な幻想が感じられるように思う。
人は生れる時に落ちたりしない。それでは、いかにも、地上というモノの世界に孤独に投げ出される感じがある。
もう少しマシな言い方をするなら、この世に生じるのである。
「運命を背負って生まれた」という言い方もあると思うが、これも、「運命と共に生じた」というのが事実に近い。
「運命」という言い方もまた、それぞれの人が孤独な存在である感じが強い。
最適な言い方ではないが、「関係性と共に生じた」というのがより実際を表しており、命の誕生とは、新しい世界が生じることなのである。
あなたは誰でもない。あなたは関係性の存在である。それは全宇宙との関係性だ。関係性の中には、個別の存在などない。あるのは関係性だけだ。あなたは宇宙全体であると確実に言えるのだ。
あなたは生まれもしなければ死にもしなかった。それが事実だ。

「荘子」の「斉物論」は、そのようなことを言っているのだろうと思う。斉とは、「一斉」という言葉に使われるように、等しいという意味だ。
「せーの」という掛け声は、「斉の」であり、「みんな一緒に」という意味だ。それは偉大なマントラだ。なぜなら、その「一緒」とは、宇宙全体を指すのだから。
自分が世界全体であることを自覚するには、「荘子」の斉物論のアドヴァイスを受け入れることは有益と思う。別に難しいことが書かれている訳ではない。一言で言えば、自然にまかせる、つまり、あるがままに受け入れるということだ。
慣れてしまえば、荘子の言う「一本の指も天下であり、一頭の馬も万物である」というのも、そうぶったまげたことではなく、むしろ、他人を出し抜くという考え方に違和感を覚えるだろうと思う。

「あなたは、この子の命を救うために、次元を超える力が欲しい。そうね?」
「はい」
「それには対価がいるわ。あなたはそれを払う気があるかしら?」
「はい」
「・・・。私はそれが何かまだ言ってないわ。それでもいいの?」
「構いません」
「対価は、その人にとって、最も価値のあるものでないといけない。あなたの対価は、この子との関係性」
~CLAMP著「ツバサ」より ※正確な引用ではありません~

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 心の中の悪魔 | Main | 愛と憎しみは同じものだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「せーの」は偉大なマントラ:

« 心の中の悪魔 | Main | 愛と憎しみは同じものだ »