« 悟りの体験はその後が大切 | Main | Dash(ダッシュ)の感覚で気合いを得る »

2010.09.22

友達がいないのは恥ずかしいことでない

友達が出来なくて悩む大学生がよくいるらしい。
学食で1人で食べるのが、寂しいのではなく、恥ずかしくてトイレで食べるような人もいると聞く。
この、「寂しいのではなく、恥ずかしい」というのはよく分かる。
幼稚園から大学、さらには、会社でも、常にグループ活動が強いられ、1人で行動することに罪の意識を持つように強要されてきたはずだ。

しかし、そんな人はもう心配無用である。
そんな人の話題が多いということは、「1人ぼっち」である「仲間」が大勢いるということだ。そして、それは、最も正常なことなのだ。
友達がいないからといって、その人に親愛の情がない訳ではない。むしろ、仲良しグループというのは、グループ外の者に非常に排他的、薄情な場合が多いものだ。
友達がいなくても恥ずかしいことではない。これは絶対に間違いない。
友達がいても別に悪くはないが、いないならいなくて良いし、無理に友達を作る必要はない。作為的に友達を作ってもロクな友達はできない。

友達がいないということは、無理矢理徒党を組ませる学校の策略をかわした賢い人であるということだ。
グループ行動をする者の方が奴隷根性を植えつけやすいのだ。学校は奴隷生産工場である。

私が幼稚園の時、1人でジャングルジムの天辺に居たら、女性教諭が私を見て、「1人で遊んでるの?」と言った。
見ての通りである。なんでそんなことをわざわざ聞くのだ。
空に太陽がさんさんと輝いている時に「良い天気ですね」と言うのは、暗に雨降りを悪いことであると言っていることであるように、「1人で遊んでるの?」と聞くのは、「友達と遊びなさい」という非難や蔑みを感じさせるものだ。

最初に、学食で1人で昼食をとることを「寂しいのではなく、恥ずかしい」という気持ちが分かると書いたが、私も、ほとんど友達というものを持ったことはないが、寂しいと感じたことはなかった。しかし、学校や会社の中で、「不都合」「辛い」「苦しい」ということは大変に多かった。既に書いた通り、社会というのは、グループ活動をしないと、非常に居心地が悪く、屈辱を与えるところである。奴隷とはグループ活動をするものであり、単独活動してはならないものだ。奴隷でないことは許されないのが社会である。

友達がいないなら、天使と友達になれば良い。
自分が天使になれば天使の友達もできる。別にこれは、メルヘンでも何でもない。
天使とは、仏教でいう菩薩のようなもので、神や仏に近付きつつあるものであり、世間ではなく、宇宙を主と認めているというだけのことだ。
天使になる方法なんて、誰でも一度は目にしたことがあるはずなのだ。
優れた詩や文学やエッセイはもちろん、現代ではアニメの歌なんてのも、宇宙が作者に霊感を与えて書かせているのだから、案外にあちこちに見られる。
それは、簡単に言えば、感情に無防備になることだ。哀(悲)しみ、嘆き、あるいは、怒り、屈辱、羨望といった、日常何度も感じるものに対してだ。
それらをまっすぐに受け止める。すると、心はぐらつく。ぐらつかせておけば良い。やがて抜け落ちる。その時はもう天使になっている。
自分が天使になれば、同じ天使の友達もできるかもしれないし、目に見えない友達も良いものだ。宇宙そのものが親愛に満ちた友である。

時空(とき)を越え刻まれた悲しみの記憶
まっすぐに受け止める君は光の女神(てんし)
~ETERNAL BLAZE(詩:水樹奈々)より~

愛しさに傷ついて 天使に生まれ変わる
哀しみを追い越して 彼女は天使になれる
~いつか天使になれる(詩:田村直美)より~

刻み込まれていた証(しるし)に
導かれまた倒れる時も
見つめ合った一瞬が千年の記憶を越え 光に変わる
~agony(詩:KOTOKO)より~

米国の光明思想家ヴァーノン・ハワードの著書にそういったことが書かかれている。世間の話に慣れた頭には、一見何が書いてあるのか分からないが、実際的なことが詳しく書かれている。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 悟りの体験はその後が大切 | Main | Dash(ダッシュ)の感覚で気合いを得る »

Comments

友人、、取り立てて意識した事はありません。
多くいるような気もしますが、去って行った友人も数知れず、、それもよくわかりません。
何事も自分の気の趣くままという我侭な私は見たい映画があれば一人で観ますし、
今これを食べたいと思えば一人でレストランでも居酒屋でも入ります。
ただ、ここに誰々がいれば面白いだろうなと思えば連絡もします。
夫でさえも一緒に棺おけに入っては来ないのですから、友人に何かを求めると言う事はありません。
両手を広げて何も当たらない友人関係が心地良いと思っている私ですが、
抱き合って一緒に大笑いし、一緒に大泣きし合うというのも悪くはないものです。
その友人関係がずっと続くかどうかは別として。

おっしゃるとおり【友達がいないのは恥ずかしいことでない】。
親も大事、友人も大事かもしれない、ひょっとして伴侶と言う人も、、
でもそれらと比較にならないくらい先ず大事なのは自分そのものなのですから。

いや~~ん、、また、支離滅裂にエラソ風に書いちゃった~
kayさん友達になってぇ~~ キャ!

Posted by: 華文字 | 2010.09.22 10:36 AM

★華文字さん
をを!さっそく天使のお友達が来ましたね。
華文字さんは、お友達、多そうですね。
そーゆー方には、お友達少ない者の苦労は分かるまい(ふっふっふ)。
そういえば、映画を1人で見に行けない人はいると思います。
自分が大事かあ・・・
そう思える人が幸せなのかもしれません。自分を大事にできない人は駄目なのでしょうか?私にはよく分かりませんね。
ううむ。私も一生に1人くらい、友達がいても良いかもしれないなあ(笑)。

Posted by: Kay | 2010.09.22 11:05 PM

確かに。
一人でカラオケにすら行けない人がいる
という話を聞いて驚いております。

一人でオフ会に行けない人や
一人で内定式に行けない学生とか
一人でご飯を食べられない人とか

本当にいるんですね。

人間としての背骨というか
動物としての本能を失ってるような気がします。

Posted by: ばしくし | 2011.02.13 10:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 友達がいないのは恥ずかしいことでない:

« 悟りの体験はその後が大切 | Main | Dash(ダッシュ)の感覚で気合いを得る »