« 死んだら懐かしかった | Main | 本物の騎士が優雅な理由 »

2010.09.09

秘訣がないことが秘訣

あるチラシ(散らし。広告印刷物)に書かれたコピー(広告の文章)が目に付いた。
「あれこれ試すより、毎日のローヤルゼリー」
では、そのローヤルゼリーを必ず毎日1年食べるから、健康になれなかったら1億円くれるかと言ったら、絶対に応じてもらえないはずだ。

ある成功セミナーでは、「成功者続出」と宣伝している。
では、参加して成功しなかったらどうしてくれると聞いても、どうもしてくれないはずだ。そして、実際、成功しない場合が圧倒的なはずだ。

「○○人は、毎日××を食べてるから美人なのです」
××を食べているブスもいれば、××を食べていない美人もいる。

では、核心に近付こう。
「どうやれば金持ちになれるか?」
「どうやれば女にもてるか?」
そんな方法はありはしない。
世の中には貧乏人だって必要だ。
全ての男がモテたら、女が足りないし、人口過剰で世界は滅ぶ。つまり、もてない男の存在価値は大なのだ。

昔、NKH大河ドラマ「毛利元就」の中で、尼子経久が言っていた。
「策多ければ勝ち、少なければ負ける」
ものごとの秘訣として、なんとか合格点なのはこれくらいだ。
ただし、この言葉の意味は、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる・・・かもしれない」程度だ。
実際は、1発で当たることもあれば、千発撃っても当たらないこともある。
サイコロ程度なら、いかに運が悪くても、百回振れば絶対に一度は「1」の目が出るとは言えるだろう。1千万円で応じてくれるなら1億円賭けよう。しかし、運命というサイコロは無限の目を持つのだ。
ただ、私は、尼子経久の言葉を軽く扱って良いとは言っていない。彼には、確実に勝つ義務があったし、戦国武将でなくても、例えば、社長なら、確実に社員に給料を払う義務がある。国王や大統領は国民を養う義務がある。
現実的なリーダーというのは確率好きにならざるを得ない。しかし、世界の確率は計算できない。大物が案外に占い好きなのは、そこらに原因がある。

だが、こういったことなら確実に言える。
「金持ちになれなくても、幸せにはなれる」
「もてなくても楽しくいられる」
案外に、そう思っている者が金持ちになり、もてるものだ。ただし、あくまで「案外に」であり、そんな人も、全く金に縁がなく、ちっとももてない方が普通かもしれない。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 死んだら懐かしかった | Main | 本物の騎士が優雅な理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 秘訣がないことが秘訣:

« 死んだら懐かしかった | Main | 本物の騎士が優雅な理由 »