« 異世界に入る | Main | 浮世離れこそ貴い »

2010.08.11

無茶をする楽しさと引き際

何事も、無理をせず、自然にやるのが上手くやっていくコツだろう。
しかし、そればかりだと、マンネリ(マンネリズムの略。型にはまって、独創性や新鮮味がなくなること)化し、意欲も情熱もなくなって、やり続けることができなくなる。
そんなことを考えてみると、人間に、「無茶をする楽しさ」というものが確実にあるのは、大きな意味があると感じる。
無茶はいけないが、無茶をしない人生など、全然楽しくない。特に、若い時は、無茶をやった思い出が欲しいのだ。

私は、丁度1年前の、やはり8月半ばに、毎日腕立て伏せをやろうと思い立った。
必ず毎日、継続してやることを最重要と考え、無理なく、楽に出来る範囲でやろうと決めた。
10回から始め、毎月10回ずつ回数を増やしていくのが楽しかった。しかし、5月始めに100回に達してから、回数が伸びなくなり、8月に入っても110回のままだったし、それよりも、面白味や楽しさを感じなくなってきていた。
そこで、2日前に何か閃いて、「今日から130回」と決めた。急に20回増やすのはちょっとしんどかったが、直観は確かで、不意に充実感が甦った。
何事もそうだが、自分をあまり甘やかしたり、楽をし過ぎてもいけないのだということを思い出すことができた。
かといって、150回にしていたら、続かなくなったかもしれない。150回にしようというのは、意欲というより、欲なのだと思う。英語では、「欲」はデザイアー(Desire)で、意欲はウイル(Will)と、はっきり異なり、この方がよく意味を表していると思う。日本語の「意欲」は、本来、「意志力」と言うべきなのだろうと思う。
例えば、無理や無茶をすると言っても、「24時間連続でゲームをやる」とか「ハンバーガーを20個食べる」というのは、デザイアー(欲)から来た無茶で何の意味もない愚かなことだが(愚かさを悟るという意味はあるかもしれないが)、「毎日原稿用紙1枚文章を書く」とか「どんなに疲れて帰っても1時間読書する」というのは、ウイル(意志力)である。

無茶というのは楽しいものだ。それは、人間が持つ、愛すべき愚かさでもある。
そして、無茶の限度を知ることが知恵である。この知恵がないと悲惨を生む恐れもある。
「引くべきところは引く」
それが出来ることを、正しい意味での大人というのだと思う。


【会社をやめてどう生きるか】
昭和57年(1982年)初版というから古い本で、とりたてて大した本でもないと感じたのが、いまだロングセラーを続け、私もなぜか書棚の一番目立つ場所におき続けている不思議な本。
著者の本多氏は、才気溢れる人でもなく、人付き合いの苦手な内向型人間で、私には「引きこもり気質」という同類の匂いすら感じる。当然、会社勤めは辛く、職業相談などという看板を出して独立したが1年間お客さんゼロ。暇つぶしに、毎日原稿用紙1枚の文章を書くことをノルマにしていたら、文筆家で成功してしまった。
人付き合いの苦手な人、内向型の人、引きこもりの人にお薦めしたい。
また、脱サラ、いわゆる「独立」するとしても、無理、無茶に見極めが大切なことも現実的に教えてくれる有り難い本だ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 異世界に入る | Main | 浮世離れこそ貴い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無茶をする楽しさと引き際:

« 異世界に入る | Main | 浮世離れこそ貴い »