« 目覚め | Main | 人をランク付けすることの恐ろしさ »

2010.07.30

久々にTMを行う

最近、目の疲れを感じていたことにより、TM(超越瞑想)を習っていたことを思い出して、久々にやり始めた。
TMは、インドのマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーが1955年位から教え始めた簡単な瞑想法で、1968年にビートルズの4人がマハリシから指導を受けたことが話題になった。ビートルズとマハリシが決別したという話もあるが、それはよくあるデマと誤解であったようだ。
私は昔、TMを習って2年ほど熱心にやっていたが、成果が認められなかったことと、TMの宣伝に押し付けがましさを感じでやめてしまっていた。
また、TMを続けなかった理由に、政木和三さんが発明したパラメモリ(アルファシータ、バイオソニックもほぼ同じもの)が、TMと同様の効果のあるものだと思われ、こちらの方が手軽だったので、それを使っていたということもあった。ところが、私は、パラメモリにも効果を感じず、政木さんにそう言ったところ、政木さんに「効果を期待するからだ」と言われて納得した。そもそも、十分に恵まれているのに、これ以上何かを求めるのも贅沢というものだろう。それは、金持ちや素晴らしい恋人や配偶者がいる人について言える事ではなく、少なくとも、普通に生活できている人なら誰しもそう思った方が良いことだ。

最近、ポール・マッカトニーとリンゴ・スターがTMの普及活動を行い、TM実践者である映画監督のデヴィッド・リンチがマハリシのドキュメント映画を制作するという話もあるらしい。
クリント・イーストウッドがTM実践者であることは昔から知られていたが、現在も行っているというインタビュー記事もあるようだ。また、「スター・ウォーズ」でレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーがTMにより麻薬から逃れることができたとも聞いたことがある。
日本でも、以前は大企業でTMを社員の福利厚生として採用するケースもよくあったが、現在は、不況であることと、このようなものを採用するのには、どうしても「ツルの一声」を発することの出来るカリスマ的指導者が必要だが、そんな人が少なくなったことも影響しているように思うが、下火であるようだ。経済界では、ソニーの井深大さんや京セラの稲盛和夫さん(現日本航空会長)がTMの実践者として知られている。
スポーツ界でもTM実践者は世界的にも多いと思われるが、私の知る範囲ではプロレスのアントニオ猪木さんや前田日明さんが昔から実践しているようである。
もっとも、これら著名人は、特にTMだけというのではなく、いろいろなものに取り組んでいる場合が多く、特に稲盛和夫さんなどは非常に多くのことに取り組み、また、それらの指導者達とも交流が多いと思う。

TMは一度習うと、忘れない限り、いつでも行うことができる。忘れるというのは、マントラという短い言葉のことで、一人一人個別に与えられるものだ。
費用は、大人1人について言えば、年収が5百万円未満なら12万円、1千万円未満で18万円、1千万円以上なら24万円で、高いものではないと思う。
興味があれば、マハリシ総合研究所(株式会社マハリシ総合研究所)のホームページを参照されたい。

私は、特にTMでなくても、岡田式静坐法や、バイオソニックでも良いと思うのだが、岡田式静坐法は、現在では正しく実践を始めるのが難しいと思うし、バイオソニックは今では入手が困難な上、装置の保守はもう無理だろう。
ところで、バイオソニックの原理はヘミシンク効果であるが、最近はヘミシンク音楽のCDがあるようだ。果たして音楽CDでヘミシンク効果が得られるのか私には分からないが、もし、それが得られるならとても良いことと思う。

「魂の体外旅行」には、ヘミシンクの詳しい話がある。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 目覚め | Main | 人をランク付けすることの恐ろしさ »

Comments

シカトですか?聞いちゃいけないことでしたか(笑)

Posted by: ぜうす | 2010.07.30 07:41 AM

10数年前に私がTMの伝授を受けた時は6万円でした。
伝授はあっけないほど簡単で、エゴが「えっ?! これだけ?! 」と
大騒ぎしていました。笑

1年間はグループ瞑想や合宿にも参加し、熱心にやりましたが
これといった効果が感じられずやめました。
パラメモリーもSSIのバイオフィードバック装置もお蔵入り(^ ^;

ヘミシンクCDは最初聴いたときは、胸のあたりが振動するような
ふしぎな感覚になりましたが、慣れるとそれもなくなりました。
聴いてる途中で眠ってしまうので安眠効果はあると思います。笑

効果がないのは、効果を期待しすぎたのが原因かもしれませんね。
いまは苫米地さんの特殊音源入りのCDを毎日聴いてます。
頭の働きがよくなったような気がします。

ちなみに元TM教師のボブ・フィックスさんが考案したという
フルフィルメント瞑想もいいらしいです。費用は4万7000円です。
もったいないので受けてませんが、今日の記事を拝見して
久しぶりにTMしてみようと思いたちました。
ありがとうございます^^

Posted by: 白猫庵 | 2010.07.30 07:43 AM

>ぜうすさん

Kayさんが何をしたいかということを、どうしてあなたにいちいち説明しなくちゃいけないんですかね?

Posted by: しゅう | 2010.07.30 01:22 PM

★白猫庵さん
TMは、古い本によると、2万円の時代もあったようです。
いろいろされているのですね。やって悪いということはもちろん無く、それぞれで何かは得ているはずだと思います。
私は、今は何をやるにしても、効果は一切求めないことにしています。
TMも、そう思ってやると、とても快適なように感じます。
苫米地さんは、本当、元気ですね。
おかげでヘミシンクCDも、ちょっと興味が出ました。

★ぜうすさん
君もリアルに会うと、いいやつなのかもしれないなあ。
もっと楽しい話をしようぜ。

★しゅうさん
ありがとう。
まあ、あまりストレートに言っちゃ相手も身構えてしまうよ。

Posted by: Kay | 2010.07.30 11:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久々にTMを行う:

« 目覚め | Main | 人をランク付けすることの恐ろしさ »