« この世の矛盾 | Main | 暴力がなぜ悪いか? »

2010.07.18

甘い眠りは地獄の入口

国家、世間、個人の自我は醜い怪物である。
しかし、実に面白いことに、これらは真理をよく知っているのだ。
これらは、真理を知っているがゆえに、真理を破壊しようとするのである。
ならば、真理を知りたければ、国家、世間、自我に聞けば良い。
つまり、国家が弾圧するもの、大衆が糾弾するもの、自我が拒否するものが真理である。
国家が手厚く保護し、大衆が賞賛し、個人がうっとりするようなものは真理ではない。

岡本太郎の芸術は真理にごく近い。
岡本太郎は、芸術とは、

うまくあってはならない
きれいであってはならない
いやったらしくなければならない

と言ったが、うまくもきれいでもなければ、国家も大衆も受け入れない。
国家や大衆が拍手喝采するものが芸術であるはずがない。
そして、個人に関しても、反感を感じないようなものは芸術ではないのである。

宗教の本来の姿である、「理」とか「道」というものがまさにそうだ。
うっとり、心酔しながら聞く教えからは、何にも得られないばかりか、堕落する一方である。
本でも、ムカムカしながら読むくらいのものが丁度良いのである。
岡本太郎は、自分が制作した彫刻をさかんにけなし、文句を言いながら、雨の中、長時間見入っていた人を見て満足したと言う。
甘い眠りは地獄の入口になっている。恐るべき、恐れるべきである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« この世の矛盾 | Main | 暴力がなぜ悪いか? »

Comments

全く同感です! 通勤時必ず 渋谷の壁画スレスレを歩いています。 あのエリアの人の流れを必ず確認しつつ… 甘い眠りは全く必要としませんから

Posted by: 白雪 | 2010.07.18 09:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 甘い眠りは地獄の入口:

« この世の矛盾 | Main | 暴力がなぜ悪いか? »