« 幸運の原理 | Main | 人生なんて楽なはず »

2010.07.09

異邦人

私が好きな小説として迷わず上げるのは、アルベール・カミュの「異邦人」だ。
また、私が主人公をこれほど愛せた小説も珍しい。それは、ムルシーという、一見平凡で、たいした見所も無い青年だ。
「きょう、ママンが死んだ」
という、冒頭の言葉は有名であるらしい。邦訳は昭和29年(1954年)に出版されている。
ムルソーは、ママンが死んだのは昨日かもしれないと思うが、それはどうでも良いことらしい。ママンは養老院にいて、彼はあまり面会にも行かなかった。養老院までは遠いし、休日を「ふいに」するほどの価値はないからだ。
葬式のために養老院に行くのさえ「おっくうな」雰囲気で語られる。ママンの顔を見ようとしないことで守衛の男を驚かせ(ついに見なかった)、通夜や葬式の様子を淡々と倦怠感をもって描写する(結構面白い)。
ムルソーがママンを養老院に入れたのは、ママンに必要な介護人をつけるだけの収入がなかったからだし、それよりも、一緒にいて話すことが何もなかったからだろう。
だが、彼は、「ママンのことは多分好きだったと思う」と言う。
リリィという、若くて美しい女性がムルソーに、「私と結婚してくれる?」と尋ねると、ムルソーは「いいよ」と即答する。しかし、「私を愛してる?」と聞かれると、「どうでもいいことだけど、多分、愛してない」と言って、リリィを戸惑わせる。
しばらくして、リリィが「結婚しましょうね」と言うと、ムルソーは「君が望むならいつでも」と答える。それでもリリィを愛しているわけではないのだが、いつもリリィに自然な気遣いも見せるのである。

ムルソーは冷血漢でも情緒欠落症でもない。
誰もが嫌って避ける、落ちぶれ果てた薄汚ない老人が、長年飼っていた犬(病気でとても汚い)がいなくなって狼狽していると、彼をアパートの自分の部屋に呼び、老人がいつまで居ようと構わない様子だった。

コリン・ウィルソンは、彼をほとんど一夜で世界的作家にした「アウトサイダー」で、この「異邦人」のいくつかの場面と共に、ヘミングウェイの「兵士の故郷」のこんな場面を取り上げている。
私は「兵士の故郷」を読んでいないし、「アウトサイダー」の記憶もおぼろなので正確ではないが、こんな感じだったと思う。
若い兵士が、母親のいる故郷の家に帰るが、何か気まずい雰囲気ででもあるようだった。母親が、「ママを愛しているかい?」と聞くと、彼はすぐに「いや」と否定する。しかし、母親が泣くか、泣きそうになるかすると、彼は「冗談だよ」と言う。
だが、母親が一緒にひざまずいて祈ろうと言っても、それだけはどうしても出来なかった。

ウィルソンも、サルトルも、「異邦人」について何か難しいことを書いているし、カミュ自身の「シーシュポスの神話」自体が「異邦人」の解説らしが、これも小難しい。
私に言わせれば、ムルソーは意識的にか無意識的にかはともかく、大衆思考に飲み込まれるのを嫌っただけだ。もっと的を得た言い方をするなら、世間の人々が共有する幻想を持っていないし、持つことを拒否しているのだ。
私自身がそうであるし、ムルソーが私自身であると疑うことなく確信できるからだ。
イェイツが「大衆の中に真理はない」と言い、エリオットが作品中で「やつらが求めているのは愛なんかじゃない、憎しみなんです」と書いていたことを思い出す。
戦争中、日本の兵隊は、一人一人はとても良い人なのだが、集団になると残忍なことも平気で行った。それは、どの国でも似たようなものと思う。ただ、日本人の兵隊は極端であったとは思う。

世間・・・学校や会社や社会、あるいは、民族や国家は醜く汚れて歪んだ幻想で出来ている。
世間で成功するためには、このおぞましいものと迎合しなければならないし、それをただ拒否すれば引きこもりになるしかない。
だが、悟りを開けば、荘子が言うように、「世俗にあって世俗を超える」ことができる。
苦しい人は良い位置にいるのだ。よほど苦しくないと、悟りへの道に向かおうとしない。それは浄土仏教で「白道の教え」として示されていることで、法然の「選択本願念仏集」で分かりやすく語られている。
ムルソーがいかにして悟りを開くかを見て欲しいものである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 幸運の原理 | Main | 人生なんて楽なはず »

Comments

Kayさん、こんにちは!
Kayさんがいつもいわれている、世間に同調しないという考え方・・
とても励まされています。

今の日本の社会・・ 普通に毎日働いていると、ストレスをあらゆる場面で感じてしまい、
個人主義文化が根付いていないためか、仕事は一生懸命やっても、
私は私・・なんて雰囲気は許されません。
そんな態度では、結局自分が余計に働きにくくなるだけなので、
ある程度集団に同調せざるをえず、それがストレスになってしまいます。
そして今日書いていらした文章の中の
戦争中、日本の兵隊は、一人一人はとても良い人なのだが・・
という所、とてもよくわかります。
たいていの人は、一人ひとりはいい人というのはわかるのですが、
本音と建てまえがある社会であるためか、しっくりこないことが多いのですよね・・
よって心の底から感動することも少ない・・
結局みんな本音で生きていない、生きることができない社会ということに
問題があるのかなとも思います。
本音で生きることイコールわがままを通すことではないので、
実現不可能なことではないと思うのですが、
それすらも現在の日本社会では拒まれている気がします。
だから、Kayさんのような考え方を持つ方がいらっしゃって、
毎日勉強になることを教えてもらえるのは、
本当に勇気をもらえるし励まされます♪
いつも感謝しています。
あとKayさんがいつもおっしゃっている小食のすすめについても、
とても共感できるため 今は一日に二食をよく噛んで腹八部・・・を実行しています。
私は食べることが大好きで、今までストレスを食べることでごまかしていた
悪習慣があったため、いつもなんとかしたいと思っていました。
でもKayさんの 自分で「1日1食」と決めたなら続くはずです。
自分で決めたものですから、
当然、根性のようなものは不要で、問題なく実施できます。
力みはいけない、力みは欲である・・・
という言葉に、なんだか目が覚めさせられた気がして、
力まず心を平静に保とうと努力することで、続けていこうと思います。
日ごろ感じている感謝を伝えたかっただけなのに、
とても長い文章になってしまいました。すいません。。
Kayさんのブログでこれからも勉強させてもらいます☆
本当に感謝しています。ありがとうございました☆

Posted by: mia | 2010.07.09 06:56 PM

★miaさん
ご立派で、私が何も言うことはありません。
miaさんは、ご自分で考えて、立派にやっていける方だと思います。
私が一日一食なのは、それが一番食事が美味しいからではないかと思っています。全然大したことありませんが。

Posted by: Kay | 2010.07.09 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 異邦人:

« 幸運の原理 | Main | 人生なんて楽なはず »