« 子供たちのための学校と教師 | Main | ガーディアン(守護者) »

2010.07.02

悪魔封じの意味

法然や親鸞は、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えさえすれば、死後、極楽浄土に生まれることが出来ると説きました。
これは、心に安らぎを得、幸福になれるということです。なぜなら、人間の幸福とは、心の平和に他ならないからです。
そして、その意味する究極のところは、念仏を唱えれば仏になれる。つまり、悟りを開けるということになります。悟りを開くというのは、仏教における最高の目標でしょうが、それが念仏を唱えさえすれば達成できると言う訳です。

法然や親鸞の教えは、つまるところ、これだけです。
では、その根拠、つまり、なぜ、念仏を唱えさえすれば悟りが開けるのでしょうか?
これを探ると、とても面白いのです。
親鸞の場合は、「だって、私の先生の法然がそう言ったから」です。
それなら、法然の根拠が最も重要となりますが、それについて、法然は、結局のところ、「経典にそう書いてあります」と言っているに過ぎません。
ただ、経典というのは、そう素直に書かれているわけではありません。しかし、長年に渡る自身の研究や、先達の偉い僧侶の研究から、間違いなくそう言えますと、法然は言うのです。

これだけでは、どうも釈然としません。
それは、現代の情報を沢山持てる我々だけでなく、当時の知識層からも、そう思われたのだと思います。
ところが、それに対する法然や親鸞の弁明がまた、とても面白い。
「だって、私にはそれ以上のことは出来ませんから」
と言うのです。
「他のことをやる能力が私にあれば、そりゃ、やるかもしれませんよ。しかし、私は駄目なやつでしてね。これしか出来ないが、これなら出来るから、ただこれだけやるんです」
ということなのです。
ただ、これは庶民のために言ったと考えることができます。
法然も親鸞も、おそらく天才です。法然は幼い頃から神童の誉れ高く、親鸞も、極めて高度な著作を書くなど、実際は2人ともただものではありません。
しかし、その彼らが、「私には他には何もできません。唯一、私にだって可能な念仏をやるだけです」と言えば、誰もが安心して念仏にすがれるのです。

まだ納得できない人が多いでしょう。いえ、全く納得できないのが普通かもしれません。
しかし、大変なことがあります。
それは、法然や親鸞は、本当にそれを貫いたということです。
法然は1日6万回、念仏を唱え、死の直前、「私には念仏しかない」という断言と保証を書いて残したくらいです。
親鸞も、常日頃、それを証するような生き方をしていました。

確かに、念仏の教えというのは、良く言えば方便(便宜的手段)ですし、言ってしまえば幻想です。
しかし、人間というものは、幻想の中でしか生きられません。
なら、念仏という強い幻想を作って、全ての幻想をその中に封じ込んでしまえるのかもしれません。
これは、念仏だけではなく、あらゆる宗教的な教えや信仰といったものは、本当は、そのためにあるのかもしれません。
人間を支配する幻想が悪魔であるなら、「毒をもって毒を」、「目には目、歯には歯」とばかりに、「幻想には幻想」で、魔を持って魔を封じる悪魔封じは、そんな原理に則っているのだと思います。

後は、効率の問題です。
ラマナ・マハルシは、最大の幻想は、「私」という想いであることに気付き、それを絡め取ってしまうのが一番早いと確信したのだと思います。


【あるがままに】
ラマナ・マハルシの教えを読むなら、この本がお薦めです。
巻末には、マハルシが沈黙の行を行っていた若い時、質問者に砂の上に指で書いて答えた教えで、後にマハルシ自身、「真我を実現(悟りを開く)するために十分」と言った小文「私は誰か?」を収録しています。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 子供たちのための学校と教師 | Main | ガーディアン(守護者) »

Comments

一日六万回の念仏には、驚きました。
ほとんど一日中、他の事はなにもせず、唱え続けていたのでしょうか?
そうすれば、確かに幻想世界の悩みも苦も、する暇ありませんね・・・・座禅や瞑想より良い方法でしょうか?

何事も、それをやり通す、ということは、大したことですね。
何か自分の正義を決めたいと、思います。

Posted by: セルリン | 2010.07.02 09:24 PM

★セルリンさん
私も、念仏6万回には驚きましたが、黒住宗忠は、神道の祝詞である「大祓詞」を1日千回以上唱えた時期があったようです。私は、1日120回で、7時間かかりました。1回に3分はかかります。
本当に集中してやれば、時間など超越するのかもしれないと思いました。
決めたら絶対やるというのは大事ですね。

Posted by: Kay | 2010.07.02 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 悪魔封じの意味:

« 子供たちのための学校と教師 | Main | ガーディアン(守護者) »