« アルテミスとして輝く | Main | 魔法の使用制限の意味すること »

2010.06.13

アポローン賛歌の秘密

強大な秘法というものは、他愛ない物語の形で伝えられているものである。
しかし、それらの物語の真意を掴むのは容易なことではない。
だが、もはや我々にそんなに多くの時間があるわけではない。

こんなお話がある。
大昔の話だが、長い航海での仕事を終えて故郷に向かう船を、光明神アポローンが奪い、神の力を示して船員達を恐れさせた。
アポローンは、風の神の力を借り、船を自分の島に到達させた。
アポローンは船員達に言った。
「お前たちは、懐かしい故郷や愛する家族の元に帰ることはもうない。この島で永遠に私の神殿を祭れ」
しかし、その島は岩場だらけで、作物が実ることもなく、羊を飼うこともできそうもなかった。
そのことをアポローンに訴えると、アポローンは人間の愚かさを戒めたが慈悲も示した。
「何の心配もいらない。お前たちは、ありあまるほど与えられる」

このお話の作者は不明だが、神が人に教えたものに他ならない。
アポローンが人間達に「戻ることはできない」と言った故郷とは、世間や家族の中の教義や信念のことである。
アポローンの神殿を祭るとは、我々自身の中にある神殿を尊び護ることである。我々の中にある神殿とは、神の座である純粋な心である。
そうすれば、世界は神の光の反映であるのだから、求めずとも与えられ、何の不安もないのである。

このお話は、「ホメーロス風賛歌」の中の「アポローンへの賛歌」として伝わるものだ。
偉大な詩人ホメーロスの名を冠してはいるが、作者は不明と言われている。
「ホメーロス風賛歌」は、数多くの神を賛美した歌だが、その中でも長い詩である、デーメーテール、アポローン、ヘルメース、アプロディーテーらへの賛歌を収めた「四つのギリシャ神話」が現在も出版されている。
いずれも、お伽噺のような叙事詩(詩で表現された物語)の中に、偉大な叡智が秘められている。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« アルテミスとして輝く | Main | 魔法の使用制限の意味すること »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アポローン賛歌の秘密:

« アルテミスとして輝く | Main | 魔法の使用制限の意味すること »