« 神の出現 | Main | 諦めて神を目指す »

2010.06.20

占いのすすめ

最近、このブログでよく著書を紹介している発明家の政木和三さん(2002年逝去)は、意外に占い好きだった。占いと言っても、世間でよくある遊びのものではなく、科学的実証や古代の叡智に関わると思われるものだった。
(占いという言い方が適切かどうかといった議論はここでは省くので、広い意味で捉えて欲しい)
私が何人かの人と政木さんの研究所を訪ねた時、昼食のために、近くのホテルに行き、そこから戻る時、政木さんは腰に付けていた万歩計を外して数字を示し、こうやって見た時に出ている数字に意味があることを話された。これも一種の占いだろう。
政木さんは自分の発明した「政木式バイオリズム計」を取り出された。非常に精巧なもので、これで、仕事や勉強やスポーツ等のコンディションや、男女の相性を知ることができると言われた。政木さんは、フランスで、これで若い女の子達の測定をした時のことを話された。私は、その日のうちに、これを2つ入手したが、勤務先に持って行って休憩時間に使っていると、会社でも一番と言われる美女が興味を示し、自分も購入したいと言うので1つあげた。おそらく、意中の人でもいて、相性を調べたかったのだろう。
Bm_2
政木式バイオリズム計(Kay所有)

世界的セールスマンでキリスト教徒の夏目志郎さんの本で見たが、彼も含め、クリスチャンの中には、聖書をあてずっぽうにぱっと開き、そこに書かれているメッセージを今の自分への神からのメッセージとすることがあるらしい。言うまでも無く、仏教徒なら仏典で良いし、また、特に宗教の聖典でなくても、自分が信じる書物であれば同じように使えると思う。
中国には、易占いというものがあり、カール・グスタフ・ユングもよく行っていたし、私が尊敬するジョセフ・マーフィーもそうで、易占いの本を書いたくらいだ。尚、ユングやマーフィーが行ったのは3枚のコインを使う方法で、中国に長く滞在したドイツ人宣教師のヴィルヘルムが伝えたもののようだ。ユングは、自分でやってみて、その占いの威力に驚いたようだが、私もそうだった。私が占ってあげた多くの人が、大きな示唆を得ることも多かった。
他に私が凄いなと思った占いは「紅星占命学」という姓名判断で、著名人を占っても、彼らの傾向性を見事に示していたように思われ、知らず知らずのうちに、この占い用に何冊もノートを使ったくらいだった。私の占いで名前を変えた女性も本当にいた。

私は、多くのテレビ局が朝に放送している占いには何の興味もないし、有名な占い師でも、私はあまりこころよく思っていない人もいる。
占いは、本や道具といった何らかのものを使うのだけれども、そのメッセージをどう受け取るかは自分次第である。虚心でいれば、占いも良いものであると思う。
上記に書いたもののうち、政木式バイオリズム計はもう入手不可能と思うが、易占いの本はロングセラーのものなど色々ある。また、上にも書いたように、すぐれた書物を使った「神からのメッセージ」なども試してみられてはと思う。


【マーフィー博士の易占い】
世界的な潜在意識の法則の教師であるジョセフ・マーフィーによる、コインを使った易占いの本。本書を使って簡単に易を立てることが出来る。
コインを使った易占いは、著名な精神医学者のC.G.ユングも夢中になった。

【黄小娥の易入門】
1961年に出版された著者の『易入門』の待望の復刊。『易入門』は当時、大ブームを起こし映画にまでなったらしいが、長く絶版になっていた。6枚のコインを使って占う。

【紅星占命学入門】
私が、あまりの威力に驚き、ボロボロになるまで使った占いの本です。これは姓名判断で、紫微斗推命という占術が元になっているようです。

【精神エネルギー】
政木和三さんの著書でも名著に数えられる本。
巻末に、今回の記事で書いた政木式バイオリズム計の簡単な説明と共に、誕生日だけで判定する天政法運勢リズムのやり方も載っている。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 神の出現 | Main | 諦めて神を目指す »

Comments

kayさんはじめまして。
最近こちらのブログを知って、
楽しく読ませていただいています。
紅星占命学で名前を変えたという女性は戸籍まで変えたのですか?よかったら教えて下さい。
心と運命の関係って気になります。

Posted by: kiki | 2010.08.29 10:09 AM

★kikiさん

>紅星占命学で名前を変えたという女性は戸籍まで変えたのですか?よかったら教えて下さい。

全く分かりません。かなり以前のことですしね。
念のためですが、占いで運命が良くなると言う訳ではありません。

>心と運命の関係って気になります。

ちなみに、私は気になりません。

Posted by: Kay | 2010.08.29 10:36 PM

偶然見た数字に意味があるーー11:11とか?

易(I Ching)、米国でもよく本を見かけますよ。でも、そのくせ雑誌やインターネットで易占いをしてもらったという話を、見かけませんが。難解なので、本を入手してもマスターする人は少ないんでしょう。

ついでなので書いておくと、私はアカシックレコードを読みます。

Posted by: アケミ | 2010.08.30 09:42 AM

★アケミさん
コインを使った易は簡単です。
アカシックレコードそのものを読むのですか?なら大したものですね。

Posted by: Kay | 2010.08.30 10:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 占いのすすめ:

« 神の出現 | Main | 諦めて神を目指す »