« 神話の力 | Main | 聖地巡礼の意味 »

2010.05.27

本当に大切な力

昔見た日本映画で、こんな場面があった。
炭鉱の経営者が、炭鉱労働者のことを見下してこう言う。
「あいつらは、金も地位も名誉もない。3つともない。これをみっともないと言うんだ」
我々が幼い頃から叩き込まれる信仰がこれである。

梶原一騎の原作による、およそデタラメな漫画が、日本人の心の柱になるほどに支持されたのは、一応は、この世間の信念に逆らっていたからだ。
格闘ものやスポーツ根性(スポ根)ものの作品を通し、「金、地位、名誉より、純粋な肉体の力こそ本物」という単純な主張が、上に述べた世間の大嘘に苦しめられている民衆の心の拠り所になったのだ。
手塚治虫は、梶原一騎の作品を見て、「これのいったいどこが面白いのか、私に説明してくれ」と言ったそうだが、手塚治虫にはそれが分からなかったのだ。あまりに簡単過ぎて分からなかったのだろう。
梶原一騎の作品は、簡単過ぎ、分かり易過ぎて、日本人の進歩を阻んだ。彼の主張もまた嘘だと分かったら、人々には、次に向かう場所が全く分からないのだ。だから、嘘であることに気付いてもそれを認めないのである。

アメリカでは、1950年代の経済バブルの中で心を病んだ人達に、「一番の力は信念なのですよ」と教える人達が出てきた。
しかし、これは失敗だった。それは容易く、「信念の力で、金、地位、名誉を求めましょう」とすりかえられてしまうのだ。それで、人々は、何かおかしいなと感じながらも、ナポレオン・ヒルやポール・マイヤーを崇めることを続けた。言っては悪いが喜劇である。悲惨な喜劇だ。
現在の、「ザ・シークレット」や「引き寄せの法則」が、一抹(ほんのわずか)の真理を含みながらも、人々を幸福にしないのもそのためだ。
しかし、現在の人間はどんどん動物的になってきた。
「金、地位、名誉」だったのが、「金、地位、性的魅力」になっているのだ。

本物の力は、金にも地位にも名誉にも性的魅力にも何の関係もない。
その力は、求めれば必ず得られるのであるが、世間の力を崇める限り得られないものだ。
まずは、偽者の力を手放すしかない。
難しければ、まずは、美味しい食べ物やいい女(男)を世間の人間共に譲るのだ。そうすれば、実に簡単に分かることだ。

そして、神話を読むと良い。
そういえば、素晴らしい古事記の現代語訳を見つけた。
正確な訳ではなく、かなり個人的な意訳で、学術的に正しいとはいえないかもしれない。
しかし、学者の名誉にこだわる者にはできない訳であり、善意と知恵が感じられ、本気で古事記の心を伝えようとするものだ。
天孫降臨までであるが、私は、正直、古事記はそこまででも良いと思う(もちろん、その後も面白いが)。すぐに読み切れ、実によく分かると思うが、肝心なことはむしろ詳しく書かれている。
下にご紹介する。


【超訳 古事記】
鎌田東二著
鎌田東二オフィシャルサイト

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 神話の力 | Main | 聖地巡礼の意味 »

Comments

Kayさんのブログはとても興味深い内容の記事が多いので、大変勉強になりつつ、いつも楽しく拝見させてもらっています。

大変恐縮なのですが、Kayさんに一つお願いしたい事があってコメントさせてもらいました。

Kayさんは「カバラ」についてもお詳しいですか?

最近YOUTUBEで高名なカバリストによる、「カバラ」の解説動画を観たのですが、話の内容の抽象度が高くて、とても僕の理解に及ぶ範囲ではなかったのですが、すごく興味があるので、

もしKayさんも「カバラ」に興味があって、その知識をお持ちなら、「カバラ」に関するKayさんの個人的な見解をちょっとブログの記事にしていただけたらと思いました。

長々としたコメントですいません。気が向いたらで結構ですので、検討の方よろしくお願いします。

ちなみに僕が観た「カバラ」に関する動画のURLです↓

http://www.youtube.com/watch?v=SUN6T6gjg2c

Posted by: 祐喜代 | 2010.05.27 at 01:06 PM

★祐喜代さん
残念ながら、カバラについてはほとんど知りません。
あれだけ深遠なものですので、それなりに理解するのに、軽く10年はかかると思いますし、まだまだ、神道、タオ、ギリシャ神話その他を極めたいということもあり、今のところはですが、手を出す予定はありません。ただし、カバラを極めた人のお考えを聞こうという気はあります。何事もですが、自分の知らないことは興味深いですし、貴重なものがあるかもしれないですからね。

Posted by: Kay | 2010.05.27 at 10:50 PM

こんばんわ、祐喜代です。

コメント返信ありがとうございます。

自論ですけど、西洋、東洋のあらゆる神秘的思想を持つものって根本的なところで繋がっているような気がしています。

真理を追究するアプローチが違うだけで、中身は一緒なんじゃないか?

あくまで単なる趣味ですが、そんなテーマを持っていろいろ本を読んだりして、僕も自分なりに研究しています。

そういったわけでKayさんのブログは貴重な情報源です。

また質問や感想などがあったらコメントさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

Posted by: 祐喜代 | 2010.05.29 at 08:29 PM

★祐喜代さん
その通りですね。
人間の考える善は、時代や場所によって変わりますが、神の真理は地上でも宇宙でも同じだと思います。

Posted by: Kay | 2010.05.30 at 10:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/48468440

Listed below are links to weblogs that reference 本当に大切な力:

« 神話の力 | Main | 聖地巡礼の意味 »