« エオスと和らぐ | Main | 神酒(ネクトール) »

2010.05.19

人類に何が起こるか?

私は、今は洗脳される恐れがないので、世間の観察のためにテレビや新聞やインターネットポータルサイトを見ることがあるが、正直、見ていられない気分だ。
イエスはさかんに「悔い改めよ」と言っていたが、我々は何を悔い改めれば良いのだろうか?
それは3つである。
飽食と夜更かしと性欲過剰だ。
現在の大半の人間が、この3つにすっかり耽ってしまい、おぞましい状態にある。
神からますます遠い存在となり、自己中心的な考え方と行動しかできないが、それでいて不満だらけで、無力感と不安に苦しんでいるのである。
しかし、逆に言えば、飽食、夜更かし、性欲過剰を改めるなら、全て魔法のように解決する。

現在は、日本に良いビジネスはほとんど無いので、まともな人間が大成功することは少ないのであるが、ある調査では、社長が朝7時半までに出勤する会社が倒産した例はないらしい。
別に不思議なことではなく、当たり前のことと思う。
個人であっても、朝、5時までに必ず起床する人間が良くならないというのは考え難い。

数年前から、世間では、草食系、肉食系という言葉が流行っているようであるが、早い話が、肉食系とは性欲過剰な人間を言うのだろう。
そして、性欲過剰な肉食系というのはもう時代遅れなのだ。
こう言うと、「性欲がなければ子供が出来ない」など、極端なことを言い出す者もいるが、性欲が悪いのではなく、性欲過剰なのが悪いのである。
もうかなり以前から、性においても、進化した人間と時代遅れの人間の組み合わせの問題は珍しくはなかった。
足立幸子さんの本にも書いてあったが、夫が進化した人間で、肉体的な性交渉は、もうどうでもよくなっているのに、妻が古い種族に属する場合、妻が進化しない場合、別れるしかない。
進化した人間は、エネルギーの交感だけで満足できるのである。

CLAMPの漫画で、アニメにもなった「ちょびっツ」という作品で、この作品では人型パソコンと呼ばれていたアンドロイドのちぃ(外見は15歳くらいの少女。元々の名はエルダ)の双子の姉フレイヤが、ちぃを愛する秀樹(大学浪人生)に問う。「ちぃとしたい?」と。
しかし、ちぃはセックスすると記憶が全て消去される。秀樹も、そして、ちぃも、2人の思い出を失うわけにはいかなかった。
アニメでは、おそらく、このあたりの表現のニュアンス(微妙な意味合い)を変えたのだろうと思うが、秀樹は、「幸せっていうのは、一緒にいることなんだ」と言う。
秀樹は、肉体的な性の満足は捨ててちぃを選ぶ。別に不自然なことではない。事実として、もっと大きな満足があるのだ。ちぃに実際の心が無いことすら問題ではないのである。
作品の最後は、キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」のラストのようなことが起こる。何かが起こったのだが、「2001年」同様、それをわざわざ明かすことはない。だからこそ、純粋に感じることが出来るのだ。我々が新しい段階に進むことが。
しかし、キューブリックやアーサー・クラークの希望と違い、現在は、そこからどんどん離れていく状況だ。美食・飽食、性欲刺激ビジネス、夜更かしによって。
食を慎めば、性欲のコントロールは容易くなってくる。睡眠時間も少なくて良くなる。しかし、極端な短時間睡眠は良くない。それをそそのかす者もいるが、自然に睡眠時間が短くならない限り、ある程度は眠る必要がある。これに関しては、ルドルフ・シュタイナーの「神秘学概論」を読めば分かると思う。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« エオスと和らぐ | Main | 神酒(ネクトール) »

Comments

本当にお互いがお互いを求めあっていた場合、直球で言うと
実はただ単に手が触れ合うだけでもオーガズムに達するくらいの
快感をセックスがなくとも感じられるものだと個人的には思います。女性本位かもしれませんが……

まぁ、何をもってセックスというかによりますけど
五木寛之さんの本だった気がするのですが
(記憶がおぼろ)私の読んだその方の本の概念ではもしかすると
それすらセックスかもしれません。

セックスがないと付き合えないという方は物質中心の現実主義者が
多いのかもしれません(本当に現実主義者と言っていいのかは分かりませんけど)

セックスにも魂のセックスと体だけのセックスがあるのかも
しれないと思う今日この頃です。

Posted by: ゆり | 2010.05.19 at 10:24 PM

★ゆりさん
言われてみて気付きましたが、こと自分のこととして考えると、セックスというものが、なんだか全くピンとこないことに気付きました。
なんだか、古い映画の中だけの話のようにすら思います。
別に性欲が無いわけでもないのですが、現状はちょっと不思議に感じます。

Posted by: Kay | 2010.05.20 at 09:32 PM

セックスに関していえば
インドではタントラ(でしたっけ?)という
セックス学があるみたいでそれによって神の領域を体験
するという目的があったように思います。

日本でも真言密教では理趣教の内容がセックスは至高のもの
だと説いていたのを思い出します。ただ誤解を招かないためなのか
ある時期まで秘伝の書になっていたみたいですが。

日本の神話でも国産みでストレートにかかれているので
それだけある意味凄く重要なものでもあり

なおかつ人の意識によって、最低なものにも最高のものにもなるのかもしれません。

セックスの重要な意味は、個人的には電気的なものの相互交換によって
無に還る事を体験することだと予測しています。

凄い個人的ないけんなんですけどね。

Posted by: ゆり | 2010.05.25 at 10:45 AM

★ゆりさん
どっかの有名な映画監督が(名前は忘れましたが)、「エッチほど重要なことはそんなにない」と言ってまいしたね。
「きみたちはエッチか?僕はエッチだ」
ってね。
ただ、いまは性欲を煽り立てるビジネスが異常で、肉体のセックスは捨てた方が良いのではと思っています。

Posted by: Kay | 2010.05.25 at 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/48397999

Listed below are links to weblogs that reference 人類に何が起こるか?:

« エオスと和らぐ | Main | 神酒(ネクトール) »