« 世間の幻想を打ち破る | Main | いつか知る悲劇と希望 »

2010.04.02

エネルギー供給の秘訣

誰にも同じような思い出があるかもしれない。
英国の世界的作家コリン・ウィルソンが幼い頃、弟と遠くまでハイキングに行ったところ、帰り道が分からなくなってしまった。
散々、歩き回って疲れてきた上、間が悪いことに雨が降ってきて、身体も冷え、悲しく不安な気分はますます増大し、弟は泣き出す。
コリン・ウィルソンもそうしたかったのだろうが、兄がそうであってはならないという意識が起こり、やせ我慢をして「しゃんと」し、弟を叱責した。
すると、コリン・ウィルソンは、心の奥深くからエネルギーが供給されるのを感じたという。

コリン・ウィルソンの生涯のテーマは人々の意識の革命である。それは、人間の幸福のための活力を得るものでなくてはならない。
ウィルソンは、エネルギーは右脳から供給されると言うが、右脳が司る精神は潜在意識と言っても良いと思う。
しかし、右脳にエネルギー供給を指示するのは、あくまで左脳で、上の例で言えば、自主的に気力を奮い起こすことである。左脳が司るのは顕在意識である。
ジョセフ・マーフィーも、潜在意識の力は強大であるが、それを動かすのはあくまで顕在意識であると言うが、同じことであると思う。
我々の中には、無限の力と知恵があり、それを自由に活用する権利があり、かつ、使わなくてはならないのであるが、そのためには、我々は自分で正しく考える必要があることが分かる。
潜在意識による成功法則で重要なことは、正しく考える能力を磨くことであると思う。

尚、さらに高度なレベルで言うなら、足立育朗さんが「波動の法則」の中で述べているが、決心をすれば、精神の波動が上がり、現実を変えてしまうと言う。
あくまで、調和のとれた考え方に基く決心であることが必要のようだが、それが大きな秘訣であることは確かと思う。尚、この本には、顕在意識と潜在意識に関する、非常に興味深い記述もある。


【右脳の冒険】
1983年出版の、コリン・ウィルソンのロング・セラーで、確かに名著だと思う。右脳の神秘な力を自在に操る、一見ごく普通の人物を通し、その秘訣に迫っている。

【眠りながら成功する】
1963年出版の世界的ベストセラー。マーフィーの本は数多いが、最も分かりやすく、まるでマーフィーの直接の講演を聴いているような親しみやすさがあると思う。年齢の制限を拒否するマーフィーらしく、この本の時には65歳くらいのはずのマーフィーの文章を非常に若々しく、希望に満ちているように感じる。

【波動の法則】
1995年出版。2007年に新装版で復刻。
人類が知りえないことだが、著者が不思議な手段で得た情報は極めて貴重であり、実際的だ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 世間の幻想を打ち破る | Main | いつか知る悲劇と希望 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/47972752

Listed below are links to weblogs that reference エネルギー供給の秘訣:

« 世間の幻想を打ち破る | Main | いつか知る悲劇と希望 »