« 超ナンセンスの効用 | Main | 「思い」と「思うこと」 »

2010.04.12

なぜ腕立て伏せ90回を軽くやれるのか?

運動を毎日続ける上で大切なことは、無理をしないことだ。
無理をしないとはどういうことかというと、多少体調が悪くても、また、気分が落ち込んでいるような時でも出来ることをやることだ。
ハードな運動であれば、やはり気分が乗っていないとできないだろう。
しかし、ちょっと体調が悪いからとか、酒を飲んで酔っているから、あるいは、今日は嫌なことがあって気分が悪いから休むなどと言っていたら、すぐにやらなくなってしまうことは間違いない。
よほどのことがない限り、必ず毎日やることが必要である。

私は、スワイソウという腕を前後に振るだけの軽い運動と、腕立て伏せ、スクワット、腹筋運動をやっている。
この中で、最も思い入れのある腕立て伏せは、昨年8月から今日まで、寝違いを起こした時の2日以外は1日も欠かさずに続けている。
この腕立て伏せは、現在は、平日は連続90回を1セット。休日は4セット行う。
腕立て伏せを連続90回と言うと驚く人も多いが、上にも述べた通り、無理をせずに出来る範囲でやっているのであり、軽々とやっている。やればこの2倍の回数は出来るかもしれないが、大切なのは、あくまで毎日欠かさずにやることだ。
体調が悪いことはこの2年近く一度もないが、疲れていたり、パーティーなどで酒を飲んで深夜に帰ってきても、腕立て伏せ90回程度なら、簡単にできる。
私がなぜ腕立て伏せを90回軽々と出来るかと言うと、私は腕立て伏せ90回を軽々と出来ると思っているからだ。
来月からは、100回軽々できるという意識に変えるつもりだ。実は、このようにして毎月10回ずつ増やしているのだ。今年の初めは50 回だった。

一般的には、男子でも、腕立て伏せが20回出来れば良い方で、30回なら立派と思われていると思う。
なぜそう思われているかというと、それが世間の固定観念だからだ。言い換えれば、人々の共通の思い込みである。
世界のある地域では、脚を折っても走り回るそうだ。脚が折れたら走れないという固定観念が、その地域の人達にはないからだ。

私は、小学4年生の時、大学でレスリングをやっていた従兄が、腕立て伏せを軽々と40回やるのを見て驚いたことがある。
私も、その頃は、腕立て伏せとは10回くらいをやるものだと思っていたからだ。しかも、その時彼は、今日は調子が悪いと言ったのである。
それを見た瞬間、私の意識が変わった。従兄は、レスリングの名門大学の主将で、見事な身体をしていたが、私も中学生になったら30回くらいは出来るだろうと思っていたので、その通りになった。
百聞は一見にしかず、そして、百見は一験にしかず(百回見るより、自分で一回やった方がよく分かる)となったのだった。

「武道の力」という本にあるが、著者は「透明な力」という本の中で、90歳の合気道家が腕立て伏せを150回、軽々とやる話を読んで驚き、50歳を過ぎてからは筋力鍛錬をやっていなかったのだが、2年かけて腕立て伏せを200回以上できるようになったらしい。

このように、運動というものも、精神のためになる部分が非常に大きい。
世間常識ではこうだからとか、年を取ったからこれはできないなどと考えてはならない。むしろ、それを打ち破り、イエスが言ったように「私は世(大衆の信念や教義)に勝った」と言う体験を簡単にやれるのが運動である。
そうやって意識を変える訓練をすると、信念が強まり、どんな夢も達成できるようになるのだと思う。


【武道の力】
海外で広く空手指導を行う著者が、武道を通し、特に、年齢や身体に関する人類の思い込みを打ち破った実践と研究の書だ。
かつて、命懸けで挑んでいた時代の剣道日本選手権では、60代での決勝進出などザラで、むしろ40歳以前の優勝者が稀だった。もう自分は年だなんて思っているような人は、この本を読んで意識を変えよう。

【あなたも金持ちになれる】(文庫)
1898年生まれのジョセフ・マーフィーも60歳を過ぎてからが人生の最盛期だったように思います。渡部昇一さんにも大きな影響を与えたという、マーフィー68歳の時の名著。
ニューヨークに滞在していた事業家による翻訳で、この会社経営者も、長年にわたりマーフィー理論で大きな成果を上げているといいます。

【あなたも金持ちになれる】
上記の本の新書版で、1969年初版のロングセラー。私は、この本の装丁が好きで、3冊目の購入となりました。1冊目はマーフィー理論に不審を感じた時期に破棄、2冊目は姉に譲渡しました。

【あなたも幸せになれる】
こちらは、マーフィー76歳の時の書。自己啓発分野の名翻訳者として知られる翻訳者の桑名一央さんは、百冊近い本を翻訳したが(当時)、マーフィーシリーズのように内容に大差がないと思えるのに、読み返す度に感銘をおぼえる不思議さを述べています。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 超ナンセンスの効用 | Main | 「思い」と「思うこと」 »

Comments

今回の記事、私にとっては非常に励みになりました。ありがとうございます。

Posted by: フレイ | 2010.04.12 01:56 PM

私もKayさんに影響されて、今年の元旦から、1日できなかったのを除いて、毎日腕立て伏せをしています。
最初は50回しかできなかったのが今では250回はコンスタントにできるようになりました
自分の中には自分で思っているよりも遥かに凄い力が隠されている事を実感するのに、運動は手っ取り早い手段ですね。
マーフィーの法則とともに継続することで心身ともに隠された能力を目覚めさせてゆきたいと思います。
隠された力を取り戻すよいヒントになりました。ありがとうございます。

Posted by: さるさる | 2010.04.12 02:09 PM

★フレイさん
それは良かったですね。今度、励まして下さいね。


★さるさるさん
250回は素晴らしいですね。
さらに、今後もいろいろな面で楽しみですね。

Posted by: Kay | 2010.04.12 09:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なぜ腕立て伏せ90回を軽くやれるのか?:

« 超ナンセンスの効用 | Main | 「思い」と「思うこと」 »