« イザナミは潜在意識の象徴である | Main | 超ナンセンスの効用 »

2010.04.10

1952年のアメリカと現在の日本

昨日、ジョセフ・マーフィーの“Riches Are Your Right”が届きました。Xlibrisという出版社から出ている洋書です。
日本語訳は出ていませんが、おそらくは、マーフィーの最も初期の本で、初版は1952年に出版されています。
1898 年生まれのマーフィーは54歳くらいだったことになりますが、「マーフィーの若い頃の本」という言い方が似合うような気がします。

ところで、1952年のアメリカで歴史的な本が出ています。
ニューヨークのマーブル共同教会の牧師であった、ノーマン・ヴィンセント・ピールの“The Power of Positive Thinking”(邦訳「積極的考え方の力」)です。
この本は、アメリカで3年連続ベストセラーの最上位を記録しました。
マーブル共同教会といえば、2002年に、マイケル・ジャクソンとエリザベス・ティラーが立会い、ライザ・ミネリとデヴィッド・ゲストの結婚式が行われました。
この本は、強力な成功哲学の本でありますが、同時に、癒しの本であることを強く感じます。
1952年というのは、アメリカにとって微妙な時期でした。
1929年に始まった世界大恐慌(世界的経済不況)ですが、1940年代にアメリカは第二次世界大戦でそれを脱しました。軍事需要で巨大な収益を上げ、経済が急成長しながら、アメリカ本土はほとんど無傷でした。戦争中でもスポーツ興業が行われ、レジャー産業は発展し、アメリカ国民は、敵からの本土への攻撃は想像もせず、アメリカ本土内でたとえ兵士でも犠牲者が数名でも出れば大ニュースとなり、政府は非難されました。戦争を知らずに過ごした人すらアメリカにはいたという話を聞いたこともあります。

繁栄を謳歌するアメリカで、1952年に出版されたのがそのピールの本です。
経済発展の中、実はアメリカ人の心は傷付き、疲れ果てていたに違いありません。政府による思想統制はすさまじいもので、とても自由の国と言えるものではなく、国を見限る若者はヒッピーになったりしました。
ピールの本は、未来への希望はもちろんあるのですが、先ほども述べました通り、まずは、疲れた心を癒すことが先決で、そのための素晴らしい教えが書かれてあります。本質的にキリスト教の聖書の教えではあるのですが、社会にもよく通じたピールは聖書の知恵を現代的に適用しており、特に宗教書という感じはなく、クリスチャンでなくても抵抗無く読めるはずです。
経済至上主義で疲れ果てた現代のアメリカ人のみならず、同じく、長い物質崇拝と思想統制で心を歪められた現在の日本人も、当時のアメリカと同じ状況のはずです。
先日、核軍縮に関し、オバマ大統領は「これから長い旅が始まる」という演説をしましたが、我々は自分の本当の心を取り戻す旅を今すぐ始めるべきです。

長い旅が待っているから 誓い合って
うねる大空の果てで眠る時へと逆らい進もう

長い旅のこの一瞬を重ね合って
運命の重力も跳ねて飛べる力と答えて行くよ

長い旅のその終末に また出逢って
雲海も涙も晴れて巡る時へと輝き進もう

KOTOKOさんの「BLAZE」より、章末の「旅」に関する部分を抜粋しました。
「BLAZE」は、アニメ「灼眼のシャナII」主題歌で、カップリング曲の「Sociometry」も名曲です。


【BLAZE(DVD付初回限定盤)】
今のアニメソングは素晴らしい曲が多いですが、特にKOTOKOさんは詩が凄い。私は、カップリング曲の「Sociometry」が特に好きですが、その詩の発想には本当に驚きます。
アニメ「灼眼のシャナII」のオープニング曲です(「Sociometry」はエンディング曲)。KOTOKOさんは、この原作である高橋弥七郎さんの大ベストセラー小説をよく把握して作っているように思います。

【積極的考え方の力】
邦訳は1964年(昭和39年)初版で、いまだ版を重ねるロングセラー。
ノーマン・ヴィンセント・ピールは、ジョセフ・マーフィーと同じ1898年5月生まれでした。本書を翻訳した桑名一央さん(初版の頃は相沢勉と名乗ってました)は、ジョセフ・マーフィーの本も翻訳しています。

【眠りながら成功する】
ジョセフ・マーフィーが世界的ベストセラーである、この「眠りながら成功する」を出したのは、ピールの「積極的考え方の力」の約10年後の1963年。この本の原題は「潜在意識の力」です。
マーフィーは65歳くらいになっていましたが、この本には若々しさすら感じます。実際、マーフィーはこの後にも多くの潜在意識の力を説くベストセラーを連発しています。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« イザナミは潜在意識の象徴である | Main | 超ナンセンスの効用 »

Comments

潜在意識のすごさを知ると
ワクワクしてきます。
昨日のイザナミの話もとても良かったです。
なるほどの種明かしをしてもらい、
私は得をしました。これは超人だけが知ってる
術なのでは。理性でビジョンボードを描き
それを感情で育てる。
もう何でも達成できそうです。

Posted by: でるお | 2010.04.11 at 12:30 AM

★でるおさん
顕在意識と潜在意識の調和が鍵ですね。お互いが協力しなければならなういのでしょうねえ。潜在意識がいかに強力でも、顕在意識でないとできないこともありますしね。

Posted by: Kay | 2010.04.11 at 07:17 PM

kayさん
ありがとうございます。
2つが調和しないと何にも
ならないのですね。
また「眠りながら成功する」を
読み返します。

Posted by: でるお | 2010.04.12 at 01:28 AM

★でるおさん
私もいま「眠りながら成功する」を読んでいます。読むごとに、凄い本であることが以前より分かってくるように思います。

Posted by: Kay | 2010.04.12 at 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/48043773

Listed below are links to weblogs that reference 1952年のアメリカと現在の日本:

« イザナミは潜在意識の象徴である | Main | 超ナンセンスの効用 »