« 「ハチドリのひとしずく」には無いお話 | Main | 悪い男(あるいは女)になぜ惹かれるのか? »

2010.03.23

J・マーフィーの純粋な思想を知る

ジョセフ・マーフィーの著書で、日本でも世界でも、最も読まれているのは、1963年に出版された「眠りながら成功する」ですが、それ以前にも、マーフィーは4冊の本を出していますし、マーフィー自身の著書は全部で25冊以上はあるはずです。

■Riches are your right(1952)
未翻訳
■How to attract money (1955)
「マーフィー 貧しさと富の法則 宇宙はあなたの祈りに従う 」(ダイヤモンド社。2009年)
■Peace within yourself (1956)
「人類史上最大の発見―潜在意識の偉大なる力」(きこ書房。2007年)
■Living without strain(1959)
「あなたは不安なしに生きられる」(産業能率大学出版部。1978年)
■The power of your subconscious mind(1963)
「眠りながら成功する」(産業能率大学出版部。1968年)

■Your infinite power to be rich(1966)
「あなたも金持ちになれる」(産業能率大学出版部。1969年)
■Miracle power for infinite riches(1972)
「眠りながら巨富を得る」(産業能率大学出版部。1973年)
■The cosmic energizer(1974)
「あなたも幸せになれる」(産業能率大学出版部。1975年)

上記を見ても分かる通り、ごく近年にも、最も初期の頃の著作の翻訳が出ています。

ところで、「あなたは不安なしに生きられる」は、既に日本では絶版ですが、実は、この本こそ、マーフィーの偉大な知恵を純粋に現したものでした。しかし、一般向けとは言えない内容だったせいか、あまり売れずに絶版になったのかもしれません。なんとも勿体無いことと思います。この本は、旧約聖書の「ヨブ記」を題材にしていますが、「ヨブ記」は、極めて深遠な知恵の書であり、また暗号的な象徴も使われており、その解釈は極めて難しいものです。
しかし、その意味するものは、中国の叡智の書「老子」と通じるもので、これが理解できれば、恐るべき知恵を得るに違いありません。
そして、マーフィーは、潜在意識の法則を使い、見事にそれを解明すると共に、「理解するには、かつてあなたがこれを書いた時のことを思い出せば良い」という、驚くべきアドヴァイスをしています。
もしかしたら、「あなたは不安なしに生きられる」は、強力過ぎるがゆえに、堕落した世の中から消えてしまったのではないかと私は思います。

「眠りながら成功する」は、世界的ベストセラーであり、現在も読み継がれるロングセラーです。
その内容は、潜在意識に関する、極めて親切丁寧な入門書と言って良いと思います。潜在意識による成功法則についての理解が浅い場合には、まずこれをじっくり読むのが良いでしょう。
「あなたは不安なしに生きられる」が、あまりに高度で大衆向きでなかったので、マーフィーは、この「眠りながら成功する」のような良い入門書を書こうと思ったのではないかという気がします。
「眠りながら巨富を得る」までの間にも、マーフィーは実に多くの本を書いています。それらの本同士に個性の違いがないわけではありませんが、同じような読者層、つまり、不安を抱え、日々の生活に疲れているありふれた人々を対象にしていたと思います。

しかし、その後の、「あなたも幸せになれる」は、やや異なるもののように私には思えます。
私は19歳の時、数多くのマーフィーの本の中からこれを選びました。この本は、ただ欲望を満たすだけではなく、宇宙の深遠な真理について読者に理解させようという熱意を特に感じました。
この本に込められた思想は、「ヒマラヤ聖者の生活探求」(霞ヶ関書房)や、浄土宗の法然、神道黒住教の黒住宗忠、ラマナ・マハルシ、そして、荘子と全く一致すると確信しました。
また、精神科医のミルトン・エリクソンや、自己暗示による心身療法のエミール・クーエといった、潜在意識の活用を個人の範囲に限っているとはいえ、これらの驚異的な技術とも大変に適合することが分かります。
「あなたは不安なしに生きられる」とはややスタイルを変え、より取り付きやすくしながら、真理を理解することでの人間の解放を目指しているように思われました。


【あなたは不安なしに生きられる】
仮に古書があっても、高価になり勝ちなのは、本の価値と共に発行部数が多くないせいもあると思います。再販を是非希望したいと思います。

【あなたも幸せになれる】
「眠りながら成功する」の気安さと「あなたは不安なしに生きられる」の深遠さを併せ持ち、しかも、簡潔にした良書です。

【マーフィー 努力嫌いの成功法】
「あなたも幸せになれる」の文庫版です。

【眠りながら成功する】
マーフィーの潜在意識による成功法則の最良の入門書として書かれており、世界的ベストセラーでもあります。精神法則に詳しい人にはややくどく感じるかもしれませんが、初心者には非常にありがたいものであると思います。

【私の声はあなたとともに】
魔法を使って精神の病を治していたと言われるほどの天才的な精神科医ミルトン・エリクソンは潜在意識(本書では無意識と表現)について熟知していたからこそ、それが可能であったと思います。潜在意識をクリアにする、エリクソンが語った珠玉の物語と、エリクソンが強く信頼する、日本でも治療し、講道館で柔道を学んだ精神科医シドニー・ローゼンの適切な解説が絶妙に組み合わされた最高の書です。

【自己暗示〈新装版〉】
1966年に出版された、自己暗示の最高の名著が今年(2010年)、ついに新装版で復刻しました。
医者が見離した難病を、ほとんどの場合は軽々と、そして全て無償で治療したクーエの手法は実は極めてシンプルで、本書で語られること以上ではありません。
また、クーエの自己暗示は、病気治療のみでなく、子供の教育には特に効果的です。また、人生に成功するための能力、精神力の発揮にも大きな威力を持つはずです。多くの成功法則のコーチ達もクーエの技術を流用しています。それならば、自分でその純粋な源流を知るのが一番と思います。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 「ハチドリのひとしずく」には無いお話 | Main | 悪い男(あるいは女)になぜ惹かれるのか? »

Comments

昔持っていたマーフィーの本でヨブ記を題材にした本のことが頭に引っかかっていましたが、どうやらこの「あなたは不安なしに生きられる」のようです。

たしかユダにも大切な意味があって、…あなたはユダに弟子入りして…というような難解ですが目からウロコな表現が多くあったと記憶しています。

聖書をコンコーダンス?とかいう特別な辞書を使って解き明かしていくのは、確かににマーフィーの原点だと思いました。


今は手元に無いのが悔しいです。

Posted by: ニャン・クン | 2010.03.24 12:14 AM

★ニャン・クンさん
「あなたは不安なしに生きられる」は、私はかなり長い間、さっぱり解りませんでした。最近、やっと、少し解ってきました。

Posted by: Kay | 2010.03.24 09:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference J・マーフィーの純粋な思想を知る:

« 「ハチドリのひとしずく」には無いお話 | Main | 悪い男(あるいは女)になぜ惹かれるのか? »