« J・マーフィーの純粋な思想を知る | Main | 潜在意識 »

2010.03.24

悪い男(あるいは女)になぜ惹かれるのか?

昔は、きちんとしたセーラー服を着こなした真面目な女の子が不良男子に惹かれるというのが、別にドラマの世界ではなくても普通のことでした。
今は、本物の不良がいなくなったので、あまり見られないことではありますけどね。
ただ、同じ理屈で、涼宮ハルヒのような「稀代の変人」の女子が、「真面目な男の子」にとって魅力的に見えるのかもしれません。

日本のヤクザもの映画というのは、善いヤクザが主役であることが多いのですが、ヤクザが反体制者であることは間違いありません。
アメリカやイタリアの西部劇では、多くの主人公達は本物のアウトロー(無法者)です。
現在、ジョニー・デップみたいな、必ずしも紋切り型の色男でない俳優が人気があるのは、彼にアウトローのイメージが定着しているからです。

映画「007 カジノロワイヤル」で、ジェームズ・ボンドが悪党の美人妻を陥落させる場面でも、こんな会話があります。
「夫といい、あんたといい、私ってどうして悪い男に惹かれるのかしら?あんたみたいで、いい人いないの?」
「俺みたいなら、いい人じゃない」
「そうね」

素敵な悪い人というのは、残忍とか強欲というのではなく、「反体制」であるということです。
そして、あなたも、「本物の悪い人」でないといけません。
「潜在意識による成功法則」でも「引き寄せの法則」でも同じですが、悪い人でないと絶対に成功しません。

アメリカ最大の賢者ラルフ・ウォルドー・エマーソンの「自己信頼」では、エマーソンが少年時代に教会の牧師の教えに疑問を感じ、牧師に相談に行くと、牧師は「君の考えは悪魔のものだ」といった意味の注意を受けます。すると、少年のエマーソンは「僕の本性が悪魔と言うなら、悪魔になりきる」と言います。エマーソンが本物の賢者である所以はここです。
エマーソンをこよなく尊敬する、ジョセフ・マーフィーも意志の力を振り絞って世間に逆らえと言っているのです。それが書かれた名著「あなたは不安なしに生きられる(Living without strain-1959-)」は残念ながら絶版ですが、その意図するところが解れば良いのです。
「涼宮ハルヒの憂鬱」でも読めば、少しは解るかもしれません。
日本最高の思想家である吉本隆明氏の「共同幻想論」では、人間は、個人の幻想、対幻想(家族や恋人など、親しい間柄で共有する幻想)、そして共同幻想(地域や国家の中での幻想)の3つを持つとされます。意識的に体制に逆らわないと、我々は、国家や家族の幻想に絡め取られ、自分が自分でなくなります。それは、あなたにも良く解るのではないでしょうか?


【自己信頼】
世間の価値などに振り回されるな。価値は自分で決めろ。偉い人の機嫌を取るな。むしろ取ってもらえ。自分を信じろ。
驚くほど多くの賢者達が引用する人類の叡智エマーソンが、自己信頼の重要性と、その驚くべき力を説く、地球上で最も価値ある本だ。

【涼宮ハルヒの憂鬱】
我々は本当はハルヒになりたいのだと思う。著者が言ったわけではないが、ハルヒとは、「張る霊(ヒ)」だと私は思っている。
無謀なまでに自分を信じる姿は空(ソラ)のようだ。シリーズ650万部は伊達ではない。

【あなたも幸せになれる】
では、自分の何を信じるのか?それは、自分の中にある無限の力である。それを力強く教えてくれるマーフィー円熟の晩年の書だ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« J・マーフィーの純粋な思想を知る | Main | 潜在意識 »

Comments

こんにちは。でるおです。

>我々は本当はハルヒになりたいのだと思う

ピタリきたな~。そうそう私もハルヒに
なりたかったんだ。ハルヒの言動には、
憧れに近い感情を抱いてしまいます。

今、マーフィーの成功法則(対談集)
を読んでいますが、いいですねマーフィー。
大きな想像して楽しんでいます。

でもハルヒになるなら本なんて
読んでちゃ駄目かな?

Posted by: でるお | 2010.03.25 at 12:44 AM

★でるおさん
私はハルヒになります!(きっぱり)
いえ、超えます!!(笑)
いつまでも本を読んでるのはいけないかもしれませんが、まあ、いいんじゃないかと思います。
いい加減です(笑)。

Posted by: Kay | 2010.03.25 at 09:37 PM

あはは。
読書のときはもう一人の宇宙人
長門有希さんになりましょ。

Posted by: でるお | 2010.03.26 at 01:47 AM

★でるおさん
ゆきたんと一緒に読書したいですね。
本の交換とかもしてみたい。
ん?私は長門萌えだったのか・・・(笑)

Posted by: Kay | 2010.03.26 at 09:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/47894698

Listed below are links to weblogs that reference 悪い男(あるいは女)になぜ惹かれるのか?:

« J・マーフィーの純粋な思想を知る | Main | 潜在意識 »