« 天国 | Main | 辞書で頭を良くし、幸運な共時性を起こす »

2010.02.16

成功哲学は水面での遊び

ウォルター・アーネスト・バトラーによると、魔法とは、精神に自在に変革を起こすことである。
そんなことができれば全ては可能であるので、それは確かに魔法である。
魔法は純粋だが、成功哲学は、それを普通の人向けに味を付けたものだ。それは、人により、薬にもなれば毒にもなる。
いや、成功哲学の制作者達は善意であるのだが、今ではほとんどの場合、毒になる。

魔法そのものは普通の人が見てもまるで解らない。
そこで、それに近い、成功哲学の源流ともいえるものを見ておくと良いと思う。
そういったものには、金が儲かるとも、素敵な恋人が出来るとも、病気が治るとも書かれていない。だから、普通の人は不満になる。
だが、魔法の近くでは、その程度はあまりに些細であることから無関心になってしまうだけなのである。
言ってみれば、深い水の中で遊べる者にとって、水面での遊びは簡単過ぎて、特に留意しないのと同じだ。
とりあえず、そんな教えが書かれたものをご紹介しておく。
きっと、読んでも、あまり意味が解らないと思う。
ただ、「科学者のように自分の心を観察する態度」が身に付けば、おそらく無敵と思う。
一読して20年ほど放りっぱなしにした後で、なぜか捨てずにいたこの本に返ってくるというパターンが多い(実際20年を軽く超えるロングセラーだ)。
最初から、そこに留まる者は幸いと思う。

なぜあなたは我慢
するのか
スーパーマインド

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 天国 | Main | 辞書で頭を良くし、幸運な共時性を起こす »

Comments

はじめまして。ヴァーノン・ハワードで検索してこちらに来ました。これは掘り出し物だ!と数時間記事を読み続けました。かなりの量の読書をされ、それを実践し結果を得られている方とお見受けしました。

ご紹介されている2冊の本は5、6年前に入手し、以来座右の書として繰り返し読んできました。当初はこれらの本を10年早く読んでいれば、と思ったぐらい感じ入るものがありました。

シュタイナーから精神世界に興味を持ち始め、現在はクリシュナムルティに共感するところが大きいです。個人的にマーフィーは本のタイトルで胡散臭さを感じてしまい、マーフィーの法則の実践者にウツ傾向の人が多いと小耳にはさんだこともあり敬遠してました。Kayさんはマーフィーの本でニートから脱出されたそうで、効果があったのですね。今度読んでみようかな。

とにかく非常に興味深くブログを拝見させていただきております。時間がかかりそうですが、過去の記事もなるべく多く読んでみたいと思います。

Posted by: ごま | 2010.02.18 03:35 AM

★ごまさん
はじめまして。
ヴァーノン・ハワードの本は、自分でも気付かないうちに本のページ側が汚れて磨り減っています。
無意識に読んでいるのでしょうね。
マーフィーが胡散臭いというのは、私も感じていました。しかし、あれがなかったら、私の人生、違っていただろうなと思います。非常に感謝しています。
数日前に書いたものを読むと、すでに自分で書いたものでないように感じます。進歩かどうかは分かりませんが、変化は感じます。

Posted by: Kay | 2010.02.18 06:31 AM

情報交換できればと思い
記事を拝見し、コメントを残させていただきましたが
大変勉強になりました!
私も、成功哲学、夢の実現についてブログで書いています。
よろしければご覧下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/wakuweb/

Posted by: welcome | 2010.11.30 02:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 成功哲学は水面での遊び:

« 天国 | Main | 辞書で頭を良くし、幸運な共時性を起こす »