« なぜ弾が当たらないのか? | Main | 易占いの神秘 »

2010.02.23

愛と憎しみは共にある

シェイクスピアの「リア王」を知らないなどという人も最近はいるかもしれない。

昔話だが、年老いた王様が、娘達に自分への愛を問い、姉達は最大級の愛を語って王を喜ばせ厚遇を得るが、末娘は「普通に愛している」と言ったので王は激怒し、末娘を追放する。
しかし、その後、父は姉達にひどい扱いをされ、80歳を超えた老体で一人、城を出、荒野をさ迷う。そして、そんな父を最後にいたわるのは、その父に不遇を与えられた末娘だった。
簡単に言うと、こんな話だ。

たとえ、このお話を知っている人でも、ほとんどが、ごく表面的な教訓話と思っていると思う。
深い意味を知っている者は極めて少ない。
いや、これを書いたシェイクスピアでさえ、意識ではお話の真意を知っていたのかどうか分からない。
アメリカの作家カート・ヴォネガットは、シェイクスピアは下手な作家だったが、人間を知っていたと言う。
私は、シェイクスピアは無意識と良い関係を結んでいたのだと思う。

「リア王」のお話の真意はこうだ。
一般に、姉娘達のリア王への愛は偽者だと言われる。
そうではない。姉娘達は本当にリア王を愛していたのだ。
一方、末娘は、口では、ただ父としてリア王を愛していて、それ以上でも以下でもないと言ったが、彼女こそ、リア王を真に愛していたとみなされている。
そうではない。彼女は、本当にそこそこに父を愛していたのだ。

愛と憎悪は同じものなのだ。
最大に父を愛していた姉娘達は、最大に父を憎んでいた。
そこそこに父を愛していた末娘は、そこそこに父を憎んでいた。
それだけのことだ。

子供を溺愛する親は、子供を深く憎んでいるのだ。一生の中でそれが現れなければ幸いであるが、そうでない場合が多い。
いや、その憎悪は、本人が無自覚なまま現れているものなのだ。
全く同じように、妻を深く愛する夫は、妻を深く憎んでいる。
母親は自分の子供を憎んでいるのが当たり前なのだ。その度合いは、彼女の子供への愛と同じだ。
愛情薄い母親を持った子供は幸いだ。

こういったことを見事に描いて見せたのは、萩尾望都さんのたった15ページの漫画「半神」(1984)だ。
ひょっとしたら、萩尾望都さんこそ、日本最大の文豪かもしれない。
この作品は、野田秀樹氏により舞台化され、十万人以上を動員。海外でも評価された。
その原作は、表紙を入れてすら、わずか16ページであった。

左2つに「半神」を収録している。真ん中の「半神」は文庫版。萩尾さんの絵は繊細で美しいので大きい方が良いかもしれない(私は文庫版を所有)。右は戯曲である。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« なぜ弾が当たらないのか? | Main | 易占いの神秘 »

Comments

はじめまして。いつも楽しく拝読しております。

この記事を読んで内海康満氏の教えが思い出されました。
そういえば先月に氏の新刊が出ましたが、Kay様はもうお読みになられたでしょうか?

もしよろしければ、氏の新刊について、いつかブログに取り上げていただけると嬉しく思います。
それでは失礼いたします。

Posted by: ほいみん | 2010.02.23 09:49 AM

★ほいみんさん
内海さんの新刊は気になっているのですが、まだ読んでいません。きっと素晴らしいでしょう。
いずれ読むとは思いますが、いまのところ、20冊くらいは先に読む予定のものがあります。
読んだら、おそらく何か書くと思います。

Posted by: Kay | 2010.02.23 09:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛と憎しみは共にある:

« なぜ弾が当たらないのか? | Main | 易占いの神秘 »