« 考え続ける力 | Main | 真に大切なものが必要なわけ »

2010.01.23

偉大なる者

世界に不意に登場し、あっという間に最大の成功哲学の座に就いた印象もあるロンダ・バーン女史の「ザ・シークレット」ですが、私はようやく最近、3回熟読し、DVDも2度見ましたが、素晴らしいものであると思います。
話題のものであれば、当然、批判や懸念も多く、その中には善意ある鋭い指摘や、深い洞察もあると思いますが、それはそれで肯定的に使わせていただけば良いと思います。

「ザ・シークレット」が、そのエッセンスを多く取り入れている原典と言われるのが、ウォレス・ワトルズの「お金持ちになる科学」(邦訳は『富を「引き寄せる」科学的法則』他数冊)と、チャールズ・ハアネルの「ザ・マスター・キー」(原題:ザ・マスター・キー・システム)です。
いずれも、百年近いロングセラーを続ける名著で、確かにその主張に共通点が多く、ロンダ・バーンの言う通り、それがシークレットであるということなのかもしれません。

ところで、「ザ・シークレット」には引用されておりませんが、やはり成功哲学の歴史的名著で、ワトルズやハアネルの著作よりさらに前に、ラルフ・ウォルドー・トラインがわずか30歳で書いた「神と調和して」(原題:In Tune with the Infinite 邦訳は『人生の扉をひらく「万能の鍵」』他)があります。

まとめると、

「神と調和して」ラルフ・ウォルドー・トライン(1897)
「お金持ちになる科学」ウォレス・デロイーズ・ワトルズ(1910)
「ザ・マスター・キー」チャールズ・フランシス・ハアネル(1917)

となります。この3冊の至高の知恵の書が、10年の間に書かれたことは実に興味深いことです。

ところで、この3人の著者すら、畏敬の念を抱いていたと思われる思想家が、アメリカのラルフ・ウォルドー・エマーソンです。エマーソンは、「ザ・シークレット」でも何度か引用されていますが、その原典著作家達自体が、その最高の著書の中で何度も引用する驚愕の賢者です。
ワトルズは、エマーソンを研究したことを序文で明かしていますし、トラインにいたっては、ペンネームをエマーソンと同じラルフ・ウォルドーにしたほどですが、それは尊敬のあまりのことと思われ、著書の中でもエマーソンに最大の敬意を表しています。

また、ジョセフ・マーフィーやクラウド・ブリステルらも、彼らの世界的著作で何度もエマーソンの言葉を引用しています。
まさに、エマーソンこそ、成功哲学、あるいは、シークレットの源流と言えるほどの偉大な賢者ではないかと思います。

ところで、そのエマーソンが、人類史上の偉人・天才を6人取り上げています。それは、

プラトン
スウェーデンボルグ
モンテーニュ
シェイクスピア
ナポレオン
ゲーテ

です。
この中で、一般的にはあまり知られていないと思われるのがスウェーデンボルグです。
しかし、エマーソンがスウェーデンボルグを賞賛する言葉はとてつもないもので、エマーソンはスウェーデンボルグこそ、人類史上最大の知恵の持ち主と考えていたように感じます。

このスウェーデンボルグが、英国に滞在していた時のこと(57歳くらいの時のことと思います)、行きつけの店で夕食(昼食とする翻訳もある)を食べていたのですが、ちょっと食べ過ぎたと思いました。
その時、不思議な人物(翻訳によって、天使、あるいは、「神あるいは自分の中の霊かもしれない」と書かれている)が現れ、過食を戒めました。
以降、スウェーデンボルグは食を慎むようになったと日記に書いています。
スウェーデンボルグは、食を慎むことで浄化されたと明言し、いよいよ、霊界に参入する扉が開かれたのだと思われます。
この話から、食の慎みが人におよぼす影響の大きさを思わずにはいられません。また、これほどの人物が、老齢に近くなってもつい過食するのですから、食の欲望とは大きなものであると思い知ると同時に、我々でも、食を慎みさえすれば、大きな進歩向上が得られるという希望を感じます。


天界と地獄―ラテン語原典訳
スウェーデンボルグの代表的著作の1つで、数多くの翻訳が出ていますが、ラテン語原典から訳された貴重なものです。

自己信頼
1841に出版された『エッセイズ 第1集』に収められたエマーソンのエッセイ「自己信頼」の新訳(2009年)です。現代的な言葉遣いで非常に分かりやすく訳されており、エマーソンの偉大な知恵に親しむ良い機会を得られるでしょう。

人生の扉をひらく「万能の鍵」
百年をはるかに超えて世界中で読み継がれる名著です。フォード自動車創業者のヘンリー・フォードは高度な理念を持った偉大な企業家でしたが、彼は、この本が自分の成功の秘訣と言い、親しい人達に無償で配布したと言われます。

富を「引き寄せる」科学的法則
本書も、数多くの翻訳が出ていますが、それは成功哲学書では非常に異例なことと思います。
著者ワトルズの、「富を得るということに関して、この本以上のものは現在はなく、他の本は一切読んではいけない」という驚くべき警告は、揺るぎない自信と同時に愛情ある善意を感じます。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 考え続ける力 | Main | 真に大切なものが必要なわけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 偉大なる者:

« 考え続ける力 | Main | 真に大切なものが必要なわけ »