« 愛という言葉への抵抗 | Main | なぜ暇な人には時間が無いのか »

2009.12.28

感謝する秘訣

およそいかなる宗教、信仰、あるいは、成功哲学、それに、勉学、スポーツ、武道、芸事において、成就の秘訣は「感謝の心」であることは間違いなく、感謝の心なしくて満足な成果を得ることはない。
ある聖者は、望みを聞かれると、ただ1つ、「感謝する魂」と答えた。
宗教、哲学、神秘学の根本的教義に適合する共に、科学的論理性を主張し、世界的科学者も登場する「ザ・シークレット」においても、感謝の重要性を訴えている。
しかし、感謝することは簡単なことであろうか?

数多くの本に書かれている通り、「ありがとうございます」「感謝します」と言ったり、書いたりしている人は多いと思うが、実はそんな人ほど苦しい状況にないだろうか?
恵みを求めて感謝するフリをするなら、それは欺瞞(ぎまん。だますこと)ではないだろうか?自分に対して、神や法則に対して。
たとえ形だけでも、千回、「ありがとう」とか「感謝します」と言えば、本当に感謝することができるという話もあるが、私はそれでは本当の感謝の念は起きなかった。他の人は出来るのだろうか?

では、どうすれば良いのだろう?

私は、江戸時代の観相家、水野南北は、もしかしたら、「ザ・シークレット」で取り上げられた歴史的人物達より偉大なのではと思う(釈迦だけは例外とするが)。
運命鑑定では万に1つの間違いもなく、同じ原理でもって、助言を受け入れた人全てを間違いなく幸福にした。それも、おそらくは因果因縁を超えて。
南北の一番の弟子であった八助(元浪人。南北のチンピラ時代の弟分の手下だった)がそうであったが、南北の教えを聞いたとしても、必ずしも大長者になったわけではない。その縁の無い者、あるいは、器の無い者もいる。しかし、八助は、十分に豊かになったし、何より彼は本当に幸福であったはずだ。

南北の教えは、ただ、食の慎みだけである。彼は、食さえ慎めば良いとした。遊女遊び結構!食を慎み、どんどん(遊郭に)行けと言った。多分、女好きも因果であろう。

私の話をする。
一日一食とし、間食もせず、しかも、食事は簡素なものとし、また、決して満腹しないように食べる。
すると、食事の時には、大袈裟かもしれないが、飢餓に近い状態だ。その時に食べる食事は、最高に美味で、まさに天国の食事である。その時には必ず、疑いようのない感謝の念が沸き起こるのである。
さらに、そういった食事をしばらく続けると、スリムな美しい身体、最高の健康、さらに、それまで経験したことのない能力の高まりを得、ますます感謝することになる。
そして、食を慎むことのできた幸運と、その意志を持った自分への信頼と感謝も得られる。
その時に、「シークレット」を実践すると、たちまち上手くいくかもしれない。しかし、それが必ずしも必要かどうかは分からない。豪邸やベンツがなくても満足するからである。


新修 南北相法・修身録(全)
至高の観相学である「南北相法」と、食の慎みの重要性を説く「相法修身録」を併せて収録した分かりやすい現代語訳。今年(2009年)出版された日本の至宝といえる書。
相法に興味がない場合でも、後半の相法修身録は楽に読める。さして厳しい内容でもなく、それでいて、最上の効果を得られると思う。

だまってすわれば―観相師・水野南北一代
見事な時代考証の上に書かれた、水野南北の痛快な伝記の傑作。
南北は、もともとは牢屋敷にすら入ったチンピラで、しかも、極端な貧窮短命の相であった。
それが、ただ、食の慎みから運命が大きく変わっていく。天下に鳴り響く観相家、大富豪、千人の弟子、そして貴族に。成功が現代と比較にならないほど難しかった時代のことである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 愛という言葉への抵抗 | Main | なぜ暇な人には時間が無いのか »

Comments

「ありがとう.ありがとう.ありがとう」
しばらく前に呪文の様に心に繰り返した言葉です。
その頃、職を離れる決心をしたものの、心残りを感じておりました。
職場最後の日に父が倒れたとの知らせが入りました。
翌日から、仕事の心配を一切せずに父の元に行くことができました。成り行きに身を任せて本当に「ありがとう」だったのです。
今年の感謝の1ページです。

Posted by: ハマナス | 2009.12.29 at 12:09 AM

★ハマナスさん
心が純粋な人の場合は、感謝の呪文は確かに効果的と思います。
私の場合は、心にガラクタが多くてですね、なかなかです^^;
成り行きに身をまかせることができれば、鬼神も従うと言われます。

Posted by: Kay | 2009.12.29 at 06:47 AM

この文章を読んでもやもやが整理できました。

自分がなぜ引き寄せの類に全く結果が伴わないのか。
一方で、超少食時は運が良くなっていくのか。

自分は肉体的な追い込みを伴わない限り
欺瞞の感謝しかできない愚かな人間、
ということがわかりました。

来年も色々教えて頂きたいと思います。

私は最近、やっと孤独感の克服に成功しつつあるのですが、
これは超少食が必須だったため、
禁欲の中でも食事こそが最重要であるという認識に変わりました。

Posted by: モロトフ | 2009.12.29 at 05:14 PM

★モロトフさん
正直、私には何とも言えませんが、ご自分で考え、試行錯誤する中で答を導き出す態度は大切と思います。その意味、ご立派と思います。ただ、無理はなさらないようにして下さい。私は、かなり自分に甘いです。

Posted by: Kay | 2009.12.30 at 07:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/47134392

Listed below are links to weblogs that reference 感謝する秘訣:

« 愛という言葉への抵抗 | Main | なぜ暇な人には時間が無いのか »