« 企業も人も発展するマルチタクス制業務 | Main | 良い予感 »

2009.12.31

心安らかな年の暮れ

何度かここに書きましたが、私の夢は、安らかな気分で年越しをすることです。

江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠の門弟かと思いますが、岡本りんという人が、ある年の暮れに次のような歌を詠んだそうです。

何事も神に任せて世に住めば
いと心地よき年の暮れかな

私にとって、なんとも感慨深く、有り難い歌です。
ところで、添削を頼まれた宗忠は、次のように改めました。

何事も神に任せて世に住めば
いと心地よき今日の暮れかな

解説するまでもなく、神様に全部お任せしていれば、いつも心安らかであるということです。
そして、宗忠は、なんと死の数日前、すでに自分の死を悟った中で、この歌が今の気持ちであると言ったそうです。

宗忠は、天照大御神の御心は「面白い、面白い」であると言ったようです。
よって、神様に全て任せ、日々、面白く過ごせば面白いことばかり、有り難いで過ごせば、有り難いことばかりが顕れると常に教えていたようです。

宗忠は、さほど昔の人ではなく、具体的な記録もよく残っている人ですが、いかなる難病も、自分がまじないで治すだけでなく、弟子にもそれを行わせたり、荒れた海を鎮めるなど、新約聖書のイエスのような奇跡も数多く起こしました。しかし、イエスと違い、懲罰的な言行が全く見られず、おいはぎに「十両出せ」と言われると、「悪いが五両しかない。残りは明日、用立てる」と言って、本当に翌日に残りの五両を渡したことがあったようです。(ただ、私は、新約聖書は後の改ざんがかなり多いと考えています)
このあたりは、ユゴーの「レ・ミゼラブル」のミリエル司教や、自分の収入を誰とでも(ろくでなしの他人とすら)分かち合ったアインシュタインを思い出して楽しく感じます(おいはぎは楽しくないですが)。
世界的ベストセラー「ザ・シークレット」には、アインシュタインもまた、シークレット(宇宙の神秘な働き)を知っていた人物として取り上げられていますが、宗忠を知れば知るほど、宗忠こそシークレットそのものの生き方をしていたように思います。日本人は、無意識の中に神道がごく自然に沁み込んでおり、彼の教えを学ぶ意義は実に大きいと思います。

私も、いよいよ安らかな年の暮れとなりそうです。


いのちの教え―黒住宗忠に学ぶ自然体の生き方
第二次世界大戦で航空隊経験もある教育者、山田隆雄氏が、宗忠の教えを分かり易く解説しています。
帯に、黒住教副教主、黒住宗道氏の推薦の言葉があります。

太陽の神人 黒住宗忠
神道教師であり、神道のみならず精神世界全般に非常に詳しく実践家でもある山田雅晴氏による黒住宗忠の教えの斬新な解説です。宗忠直筆の書などの写真やイラストも豊富で、大変に興味深い。

ザ・シークレット
世界で1000万部を突破したと言われる成功哲学書。
シンプルで読みやすく、非常に分かりやすい。問題なく、真理だと思います。

富を「引き寄せる」科学的法則
今から丁度百年前になる1910年に書かれ、今でも世界中で読み継がれている成功哲学書です。
「ザ・シークレット」の著者ロンダ・バーンは、絶望的状況の中、娘にこの本を贈られて読み、「シークレット」を探求しました。

エメラルド・タブレット
「ザ・シークレット」の最初に引用されている謎の書。
紀元前3万6千年のものとも言われる聖典。
「ザ・シークレット」の本当の原点は何かというなら、これかもしれません。私は、本当に紫色をした霞ヶ関書房のものを持っていますが、それは絶版と思います(古書なら入手可能)。


↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 企業も人も発展するマルチタクス制業務 | Main | 良い予感 »

Comments

今年最大の賜物は
貴方を知ることが出来た事です。
有難う御座いました。
良いお年を心安らかにお迎えください。

Posted by: taku | 2009.12.31 02:23 PM

今年一年ありがとうございました。
毎日、毎日の更新おつかれさまです。
本当に感謝しています。
よいお年をお迎えください。

Posted by: でるお | 2009.12.31 05:36 PM

はじめまして。

ネットで、少食を調べてこちらへきました。

ひふみ祝詞を私は、唱えています。
船井幸雄先生も唱えていたと思います。
もし、宜しければ
http://123.mikosi.com/10.html

ブログこれからも、拝見させていただきます。

長々とすみませんでした。

ありがとうございます。

Posted by: まさひろ | 2009.12.31 08:23 PM

★takuさん
これは過分なお言葉、ありがとうございます。
本年が良い年でありますように。


★でるおさん
いつもありがとうございます。
私もいつもでるおさんに教えられており、感謝に堪えません。
本年もよろしくお願いいたします。


★まさひろさん
はじめまして。
ひふみ祝詞は、私が深く敬愛する神道家の黒住宗忠に関する2冊の素晴らしい著書をはじめ、神道やスピリチュアルに関する多くの本を書いておられる神道教育家の山田雅晴氏が、神道の秘法中の秘法と本に書いておられたと思います。
自分が信じることをやるのが一番と思います。

Posted by: Kay | 2010.01.01 08:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 心安らかな年の暮れ:

« 企業も人も発展するマルチタクス制業務 | Main | 良い予感 »