« 月収いくら「以上」まで耐えられるか? | Main | 「明日を乱す」方法 »

2009.11.11

食を楽しむ心の豊かさとは

極端な少食を実践している人は、素晴らしいところも間違いなくあると思いますが、人によっては心が狭いという面もあるのかなと思うことがあります。

やはり、お百姓さんが一生懸命作った野菜や穀物、漁師さんが獲ってくれた魚介類を美味しく食べることも、人には必要なことではないかと思います。
また、食事はただ栄養を摂取すれば良いという訳でもないでしょう。

「奥様、食事というのは、合理的なだけでは駄目なのでしょうか?」
「そうですねえ・・・。そうでなければ、これだけ沢山の種類の料理はないと思いますよ。手を変え品を変え、愛情込めてこそ、楽しい食卓になるのだと思いますよ」
~アニメ「灼眼のシャナII(セカンド)」より。ヴィルヘルミナ・カルメルと坂井千草の会話~

私も、最近では、人にとって、心の豊かさのためには食の彩りも大切なことであると思い、1日1食で肉食、間食をしないことは守りつつも、夕食は美味しいものを、十分に食べています。
それでも、現代日本の常識からすれば、随分少食で、粗食と見られるものと思いますが、食を謹んでいれば、それで天国の食事と感じるほど美味しく、毎日の食事が楽しみで、その上、理想的な体形と最上の健康を享受しています。
昨夜は、カボチャの煮物、ワカメとキュウリの酢の物、絹ごし豆腐、卵焼き、ブロッコリー、素焼きアーモンド、生クルミを食べ、赤ワインも飲みました。
その前の夜は、珍しく、アジの揚げ物を食べましたが、大変に美味しかったです。
少し前は、食パンに、チーズとレタスとマヨネーズを挟んで食べましたが、はったい粉とナッツを同時に食べましたので1枚で十分でした。
食べた後でも、必ず空腹感が残る程度に食べています。

多く食べる分、運動も少しはしています。
普段は通勤で1日4kmは歩きますし、休日は池の周りを少なくとも10km以上歩きます。
また、今は毎日腕立て伏せを45回やり、休日はこれを3セットで135回やります。1回の腕立て伏せの回数は、少しずつ増やし、今月中には50回を超えるはずです。結構、いい身体になってきましたよ(笑)。

しかし、今でも、極端な少食に耐えることは訳ありません。だから、もし、重病にでもなることがあれば、ほとんど食を断つと思います。
食の慎みのおかげで、性欲のコントロールは完全にできるようになりました。しかし、感情や虚栄心の支配というのはやはり難しいものですね。
今年の8月1日から80日で大祓詞を4432回唱え、自分としてはとても良い唱え方が出来るようになったと思います。今は1日10回唱える時間が実に楽しいものになりました。
きっと、このためと思いますが、心のコントロールも以前と比べ、随分楽になりました。もし、心を高度に制御できれば、世界を自在に支配できると思います。
全ての出発点は、食の慎みにあります。そこで心を狭くしてしまうあやまちを犯さない限り、また、悪く見える状況も起こりますが、必ずや全てうまくいくと思います。
その際、斎藤一人さんのじゅ文「これで良くなる、だから良くなる、さらに良くなる」や、コー・ムーエンさんのSOSのじゅ文「心配しない、恐れない、全てうまくいく」を唱えればきっと効果的と思いますよ。


斎藤一人15分間ハッピーラッキー―人生の成功者になる「ものすごくカンタンな道」
これほど易しい成功法則の本もない。それでいて、斎藤一人さんの「私の教えの全て」であるとの保証付き。
さらに、至高の講演CD「つやこ49」付き。たった1,260円。買わないのは勿体無い。

ポイっぽい仙人の「人生を『やすらぎ』にする知恵」
困ったことに(笑)、上記の斎藤一人さんより易しい成功法則を説く、自称「ポイっぽい仙人」さんの本。
ふざけているようで、実に納得できるものです。でも、面白くて笑ってしまいます。
私の考えでは、仙人さんの「SOSのじゅ文」をマスターすれば(1分で出来ますが)無敵でしょう。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 月収いくら「以上」まで耐えられるか? | Main | 「明日を乱す」方法 »

Comments

ちょ…
超人じゃないですか?
kayさんって…。

過去の記事も読ませていただきましたが…。

一日一食であれだけのトレーニングをこなせるなんて…。

そして仕事もしておられるのでしょう…。

なんていう人でしょう。

Posted by: オーロラ | 2009.11.11 at 09:47 PM

私もオーロラさんと同じ意見です。

それだけのトレーニングをこなし、少食で、かつ高身長であるKayさんは、もはやモデルのような風貌なのではないでしょうか?(笑)

高収入であるようにお見受けしますし、未婚となると、今はモテたくはないとはいえ、女性からのアプローチは絶えないことかと……(これは真面目に気になるところです)。

俗っぽい内容で大変失礼しました。

Posted by: 納豆会計 | 2009.11.11 at 09:55 PM

★オーロラさん
まあ、良い点だけ書くと、そんな印象もあるかもしれません。
色々あります。人生ですから(笑)。

★納豆会計さん
モテたいですか?
面倒なだけですよ。
私はぜんぜんモテたくないですが、身を任せる女が百人います・・・と思うとそうなっちゃうというのが、政木和三さんに教わったことの1つです。この微妙なニュアンスを理解すれば、嫌でもモテます。

Posted by: Kay | 2009.11.12 at 06:37 AM

モテたいです。
異性に限らず、人間関係全般でモテたいという欲求があります。
しかし、面倒なだけであることもわかります。
わかっているなら止めればいいだけですね。

そして、政木和三さんの仰ることのニュアンスも理解できます。今の私には実践できていませんが、過去にそういった心構えであった時期もありました。
(ちょうど、小室哲哉さんが意識せずに少食を実践していたことと似ているのかもしれません。)

貴重なご助言、ありがとうございます。

Posted by: 納豆会計 | 2009.11.12 at 06:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/46733173

Listed below are links to weblogs that reference 食を楽しむ心の豊かさとは:

« 月収いくら「以上」まで耐えられるか? | Main | 「明日を乱す」方法 »