« 世界を発展させた本当の偉人 | Main | 「黙ってやれ」は時代錯誤の場合もある »

2009.11.01

至高体験(太洋感情)はこうやって起こす

心理学者のアブラハム・マスローは、「偉大な人間とそうでない人間の違いは、至高体験を持つかどうか」だと言ったことがある。
後にマスローは、至高体験は、本当はありふれたものと言ったが、やはり頻繁に起こるかどうかが大切と思う。

至高体験と同じものは、芸術では太洋感情と言われ、フランスのノーベル賞作家ロマン・ロランが概念を示したのだと思うが、およそ世界的文豪の作品には必ず現れる精神状態である。
夏目漱石の天賓や岡本太郎の爆発も同じであると思う。
「20世紀最大の詩人」と言われるアイルランドのW.B.イェイツは、単にエクスタシと言い、芸術の目的はエクスタシであると言った。
至高体験、太洋感情とは、まさに、究極のエクスタシであり、世界と一体になったような没我の状態である。
エクスタシ(忘我)とはイグジスタンス(存在)から来ている。
自我を消し去った状態、それが存在の本質である。その時、我々は神と一体化する。

マスローは、至高体験とは、単に自分を幸運と思うことだと言う。
これは偉大な発見だ。
幸運、つまり、ツイてるということだ。
斎藤一人さんが、ツイてると言葉で言えば幸運がなだれ込んで来ると言ったのは、それが至高体験を起こすからだ。
政木和三さんはよく言ってたものだ。「私ほど幸福な人間はいない」と。この幸福は幸運と言って良い。
「斎藤一人の絶対成功する千回の法則」や「太陽の神人 黒住宗忠」という本には、末期癌で内臓がほとんどない患者が、「俺はツイてる」と言い続けて元気になった話や、江戸時代にライ病(ハンセン氏病)にかかって死を待つばかりの者が「有り難い」と唱え続けて完治した話が出てくるが、これらも、潜在意識から自分が幸運であることを確定すれば、至高体験により奇跡も起こることを示すのだと思う。
そして、現在が幸福であれば、いかなる過去も幸福であるし、さらに、未来も幸福である。

至高体験を起こすには、マスローは、自分の幸運だった経験を話し合えば良いと言い、コリン・ウィルソンは、緊張と弛緩を繰り返せば良いと言う。
しかし、何のことはない。上にも書いた通り、「俺はツイてる」と言葉でいつも言えば良いのである。斎藤一人さんによると千回。

ただ、理屈っぽい方は、理論を知った方が良い。中山正和さんもそう言っている。黒住宗忠や、極端に言えば、斎藤一人さんの子供の頃とは時代が違うのだ。
これに関しては、できるだけ早く書きたい。


普及版 斎藤一人の絶対成功する千回の法則
成功するには、ただ言葉を口に出すだけ。数多い斎藤一人さんの著書の中でも特にロングセラーを続ける好評の書。

太陽の神人 黒住宗忠
神道家、山田雅晴さんによる、読みやすい黒住宗忠の実践的評伝。精神世界の知識豊富な山田さんの解説はとても興味深い。

至高体験
マスローと親交のあった、著名な英国の作家コリン・ウィルソンの書。
恐るべき重要な書だが、なぜか絶版。古書で入手可能。
私は理解するのに10年以上かかった。

超越意識の探求―自己実現のための意識獲得法
そして、75歳のコリン・ウィルソンは、ここに到達した。
実践よりは、理論として果てしなく興味深い。


↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 世界を発展させた本当の偉人 | Main | 「黙ってやれ」は時代錯誤の場合もある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 至高体験(太洋感情)はこうやって起こす:

« 世界を発展させた本当の偉人 | Main | 「黙ってやれ」は時代錯誤の場合もある »