« 食を楽しむ心の豊かさとは | Main | 新型インフルエンザとEM »

2009.11.12

「明日を乱す」方法

人生を変えたい時、「現実を壊す」といった言い方がよくされると思います。

渡辺美里さんの大ヒット曲「My Revolution」では、「明日を乱す」といった表現をしています。この歌の曲を創ったのは小室哲哉さんですが、詩は女性作詞家の川村真澄さんです。
ただ、残念なことに、この歌ではどうやって明日を乱すのかは分かりません。川村さんにとっては当たり前のことなのだと思います。
小室さんだって、この「明日を乱す」方法を忘れなければ、今後、困ることなんてありません。
斎藤一人さんが、「困ったことなんて起こるはずが無い」と言うのは、明日の乱し方を知っているからだと思います。明日の乱し方を知らない人は、やっぱり困っているのですね。
ただ、乱すのは別に明日でなくても構わないのです。今を乱せばもっと手っ取り早いですからね。

H.G.ウェルズの「ポーリー氏の物語」でも、ポーリーは「人生が気に入らないなら、変えてしまえばいい」と簡単に言いますが、そのやり方を知っている人には気楽で簡単なことでも、分からない人はやっぱり駄目なのです。

「レイアース」というアニメ(CLAMP作品の「魔法騎士レイアース」を基にした別ストーリー版)で、中学校卒業を1週間後に控えた、鳳凰寺風(ほうおうじふう)という、心優しい少女が、こんなことを言います。
「このような現実を、こんな運命を認めるわけには参りません」
皆さんもそう思っているのではないでしょうか?
では、今を乱して変えてしまいましょう。
実は、鳳凰寺風は、なかなかそれをやろうとしませんでした。
彼女を見守る魔神(ましん)ウインダムは、風に「自分の殻を破れ」「一歩を踏み出せ」と言います。
それにはどうすれば良いでしょうか?
風は、認めたくない現実や運命を、まずしっかりと認識した。それだけです。
ポーリー氏は、気に入らない人生をしっかりと見たのです。

見れば変えられます。なぜでしょうか?
インドの詩聖タゴールが、アインシュタインに言ったそうです。
「人が月を月と認識しない時、それでも月があると言えますか?」

我々は月が見えます。でも、見えているだけです。
だから、月があるとは言えますが、それは我々のものではありません。
もっとしっかりと月を見た時、月はさらに輝きます。
その時、月はあなたのものです。
月は、あなたが見ている夢の中の存在になったのです。
あなたのものであれば、あと一息でコントロールできます。
その気になれば、月を四角くしたりもできるかもしれません。
これは本当の話ですが、金星をUFOだと思った人が、その「UFO」の窓から宇宙人の顔が見えたと言い張ることがあります。彼にとって、それは現実です。

法華経の中で、お釈迦様が眉間から光を出したという記述がありますが、私は、それは多分、意識を当てて見たという意味だと思っています。
後1つ、問題があるとすれば、どうやってしっかり見るか、意識して見るかを知ることと思います。
1つには、よく観察すること。意識して見ることです。
夢の中の情景を記憶するように、よく見ます。
言葉にするとそれは容易です。
「まあるいお月様」「少し黄色がかった白い光、銀色じゃない」「表面に模様が見える。でも、うさぎには見えない」
などです。
ただ、その時、感情を交えてはいけません。「きれい」「きたない」「大好きな」「嫌な」といった言葉で飾ってはいけません。
ただ、あるがままに見ること。その時、現実は乱れます。あなたが超越意識に入ったからです。あと一息です。


もっとほんとうのこと―タゴール 寓話と短編
インドの詩聖タゴールによる人類の至宝。
ノーベル賞受賞作家でもあり、同じくノーベル賞を受賞した「20世紀最大の詩人」イェイツが絶賛する彼が、孫娘のために遺した最晩年の作品。10の易しいお話の中に、限りない知恵が秘められています。


↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 食を楽しむ心の豊かさとは | Main | 新型インフルエンザとEM »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「明日を乱す」方法:

« 食を楽しむ心の豊かさとは | Main | 新型インフルエンザとEM »