« 神に近付くということ | Main | アトムと8マン »

2009.10.11

肉食について

キリスト教では、聖書の記述を根拠として、肉食を禁じてはいないと思われる。
新約聖書の中に、ペテロの幻視の中で、イエスがペテロに、獣を屠(ほふ)って食べよと指示している記述がある。屠るとは、殺すという意味である。
これにより、主によって全ての食べ物は清いと宣言されたと解釈されていると思う。

仏教においても、釈迦は肉食を禁じてはおらず、釈迦自身も豚肉料理を食していたと考えられている。

ただ、注意いただきたいのは、イエスは「屠って食べよ」と言っていることだ。
今の日本のように、まるで牛肉や豚肉が、畑で取れたかのようにパックで売っているものを食べよと言っているのではない。
自分で獣を殺せるなら、あるいは、せめて、死体からでも皮を剥ぎ、肉を切り取るなら、その肉を食べる権利があるかもしれない。
子供であっても、その様子を見ることが、肉を食べる条件であると思う。

肉を食べるなら、自分で狩猟をするのが最も良い。狩って殺し、皮を剥ぐことにより、生きていたものを食べているという自覚ができる。
「牛や豚に感謝して食べれば良い」と言う者もいるが、それらの動物が殺される様子を見て初めてそれができるし、感謝以上の荘厳さを感じるのだろうと思う。そうであれば、無駄に食べたり、ただ馬鹿みたいに喜んで食べることもないはずだ。
私にはいかなる動物も、鳥も殺せない。幸いにして、肉を食べなければならない事情もない。よって、肉は食べない。

ホツマツタエ(古事記や日本書紀以前に書かれたとされる日本の古代文献)では、アマテル(神でもある古代の皇子。古事記の天照大神と同等の存在)は、最も良い食べ物は野菜で、次が鱗のある魚と教えている。そして、鳥や獣は食べてはならないとし、その訳も示している。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、肉食をしながら解脱した者は確かにいるが、それは難しく、好ましくないと言った。そして、良い食べ物は何かと聞かれると、「パン、フルーツ、野菜、ミルク」を上げた。彼は、魚、卵も食べなかった。
ただし、解脱した後では、食べ物の影響は受けないとも言っている。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジも少しであるが肉食をしていたが、単なるなりゆきであろうと思う。
しかし、やはり普通の人は、穀物等が全く入手できないといった理由で、肉食をしないと必要な栄養を摂取できない状況にあるわけでもない限りは、肉食をしない方が良いだろう。特に、我々日本人の胃腸は沢山の肉を消化吸収するようにはできていないと思う。
興味深いのは、岡本太郎は、縄文式土器を見て、彼の至高の感覚が教えるところでは、そこに認められる空間感覚は確実に狩猟民族のものであると言ったことだ。ただ、それは日本人が稲作を始める前のことであり、稲作をすることで、日本人は失うものもあったであろうが、やはり進歩したのであると私は思う。せっかくの進歩を無にしてしまうこともない。
ただ、日本にも、現在は少なくなったが、狩猟を行う人々は存在し続け、彼らはまた独自の進歩をしており、その一端に触れれば惹き込まれるような壮大で貴重なものがあることを付け加えておく。


ぼくは漁師になった
自分で獲って、さばいて、食べる漁師の手記。
もちろん、本を読むだけで分かることに限度はあるのだが、我々の知らなかった、知りえなかった世界を垣間見ることで、意識の変革の可能性につなげることができるかもしれない。


↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 神に近付くということ | Main | アトムと8マン »

Comments

ITさん、こんばんは。
実は私ふたたび昼食抜きの生活になりました。どうやら少食のほうが調子がよるなる気がします。
ところで肉食についてですが、私がとても興味深いのは『日月神示』『谷口雅春さん』の肉食や大食は霊的な悪い影響を受ける側面がある。という著書を読み大変真面目に興味があります。

Posted by: 禁酒者 | 2009.10.12 11:29 PM

よるなる×。⇒ よくなる○

Posted by: 禁酒者 | 2009.10.12 11:31 PM

★禁酒者さん
是非、昼食抜きを継続して下さい。
肉食が霊的に悪い面が大きいというのはあると思います。肉が大好きな人を見ているとよく分かると思います。

Posted by: Kay | 2009.10.13 09:55 PM

Kay様おはようございます。

何かといえば「焼き肉」の今の風潮に疑問のpirikaraです。

子どもが野菜を好きになるドレッシングのTVCMを見たときは、正直感激しました。まじで。

フンドーキンさんやるなー。

『ブタがいた教室』を見らねばと思う今日この頃です。

Posted by: pirikara | 2009.10.16 05:06 AM

★pirikaraさん
別に特別なドレッシングなどなくても、ちゃんと空腹でさえあれば野菜を美味しく食べることができると思います。
ビートたけしさんのお母さんがよく言ってたそうです。「気に入らないなら食べなきゃいい」
今の子供は甘やかし過ぎと思います。

Posted by: Kay | 2009.10.16 03:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 肉食について:

« 神に近付くということ | Main | アトムと8マン »