« 同じ名前と誕生日の少女たち | Main | 「007 カジノ・ロワイヤル」の問題 »

2009.10.27

大祓詞は神様の言葉

私は、昨年末から、神道の祝詞(のりと)である大祓詞(おおはらえのことば)を毎日必ず唱えてきました。
祝詞とは、辞書によると「神事に際し、神前で読み上げて神に申し請う内容・形式の文章」とあります。

大祓詞の原文はこちら

流派によって多少異なると言われますが、これで780文字ですので、般若心経が262文字ですから、ほぼ3倍となります。
般若心経は、最後の呪文の部分以外は、文章としての意味は、はっきりしているのですが、それに対し、大祓詞は意味を考えても仕方がないものらしいです。もっとも、般若心経だって、文章の表面的な意味が分ったところでどうなるものでもなく、やはり、ただ唱えることに意義があるのだと思います。

今年7月の終わりまでは、大祓詞を、基本的に夜1回だけ上げました。
しかし、8月から10月まで、毎月千回唱えるという目標を立てました。
平日はどうしても時間の制約があり40回がせいぜいですので、休日は百回唱えることが多くなりました。1回唱えるのに3分ほど必要ですので、百回だと300分、すなわち、5時間はかかります。
平日は5時起き、休日も6時までには起きて、なんとか励みました。
結果、8月は1500回。9月は1600回を達成しました。
そして、10月はさらに多いペースで進み、18日に140回唱えた時、8月も1105回となり、3ヶ月連続千回の目標を達成しました。140回だと7時間かかったことになります。
そして、さらに回数を重ねようと思いましたが、それよりも、大祓詞の、もっと正しい唱え方が分かったように感じました。

正確には、8月1日から10月18日までで、4332回唱えました。
良い唱え方をするには、心を静かにさせる必要があります。心が動いていると、大祓詞を上げると、それを感じます。
しかし、数回唱えているうちに、心が静まり、無我に近くなるように思われます。そうすると、神様の知恵が流れてくるように感じます。
大祓詞は、人が作ったものではなく、神様の言葉であると思います。
世界中で、太古の賢者が聞いた神様の言葉が残されていますが、これほど完全な神様の言葉が残されているのは稀、あるいは、日本以外では皆無かもしれません。


↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 同じ名前と誕生日の少女たち | Main | 「007 カジノ・ロワイヤル」の問題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大祓詞は神様の言葉:

« 同じ名前と誕生日の少女たち | Main | 「007 カジノ・ロワイヤル」の問題 »