« ニートのような子供の感覚で幸福になれない訳 | Main | 人生は実験場 »

2009.10.08

力の挨拶

「スタートレック」で、ミスター・スポックら知性と理性を誇るバルカン星人達は、挨拶の言葉として、「あなたに長寿と繁栄を」と言うようだ。
「スターウォーズ」では、ジェダイ同士の挨拶と思うが、「フォースと共にあることを」と言う。フォースとは、単純には「力」のことであるが、この作品では、神秘的戦士であるジェダイが操るある聖なるエネルギーのことで、一般的には宇宙エネルギーと言っても良いと思う。
「灼眼のシャナ」に登場する、シャナ以前の「炎髪灼眼の討ち手」であったマティルダ・サントメールは、死に向かう別れ際に「あなた達に天下無敵の幸運を」と言ったが、それが彼女の常用の挨拶だったと思う。

これらの話には、間違いなく、少なくとも世俗の成功者であろう、これらの作品の作者達のある種の信念がうかがえる。
人の幸せを祈ることが自らの力となるということだ。

ノーマン・ヴィンセント・ピールや斎藤一人さんは、毎日、出会う人ごとに、その人に良いことが雪崩のように起こることを祈ることを薦めている。
これも同じ思想と言って良いはずだ。

これらの人たちと同じようにやればもちろん良いのであるが、人の幸せを祈る限り、オリジナルでも構わないはずだ。人にはそれぞれ個性があるので、自分の気持ちよい方法でやれば良いと思う。
もちろん、素直に言われた通りやるというのも良いことだが、ただ下心や欲望だけでやっても・・・まあ、形から入るのも良いものではあるらしいのだが、ここらはやや微妙であるかもしれない。
五井昌久さんの世界平和の祈りでは、特に個人を限定せず「世界人類が平和でありますように。日本が平和でありますように」と祈るが、全ての個人は世界人類に含まれるし、我々が毎日逢う人は日本にいるので全てカバーできることになる。さらに、世界平和の祈りは「守護霊様、ありがとうございます。守護神様、ありがとうございます」で終る。
メキシコのノーシスという秘教的思想では、これと似た雰囲気の祈りがあるが、私は気に入っている。それは、「万物が幸福でありますように。万物が幸運でありますように。万物が平和でありますように」という、「万物の祈り」というものであるが、全ては万物に含まれるので、これはまさに万能の祈りと言える。

私の個人的な祈りはこうだ。「万物に平和を。全ての人に喜びを」
「平和」という言葉に全ての良きことが含まれており、特に人にとって、喜びとは良いものであると思うので、このように祈る。
新体道という武道の創始者である青木宏之さんが、人間は喜びの表現体だと言っていたのが印象的であったということもある。
私が神であれば、最も望むことを言葉にすれば、こうなると思う。
要は、自分の望むことを全ての人に対して祈るのがコツと思う。
お金が欲しいなら、「全ての人が豊かでありますように」となると思う。
私も、時として、「全ての人に、希望と生きがいと繁栄と心の安らぎを」とする。人として、私の望むものは、まあ、そんなところである。


↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ニートのような子供の感覚で幸福になれない訳 | Main | 人生は実験場 »

Comments

一人一人の幸せを願うなら、全人類に願うのも一緒ではないのかなと思っていたところです。思想が一緒であれば方法はオリジナルでもかまわないのですね。

Posted by: mamemoyashi | 2009.10.08 07:02 AM

★mamemoyashiさん
構わないかどうかは、個人の判断でありますが、さあ、どうでしょう?(笑)

Posted by: Kay | 2009.10.08 11:15 PM

構わないと思ったのですが、一人一人の姿を見て願ったほうが感情が込めやすいです。しばらくは一人さんの言うとおり一人一人に対して願います。

Posted by: mamemoyashi | 2009.10.09 04:17 AM

★mamemoyashiさん
それがいいですね。
私も、その方が心地よいと思いました。
ただ、私の場合は併用ですが(笑)。

Posted by: Kay | 2009.10.09 06:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 力の挨拶:

« ニートのような子供の感覚で幸福になれない訳 | Main | 人生は実験場 »