« 「働く」ことを「食う」と言わせた者の目的は何か? | Main | 世界を発展させた本当の偉人 »

2009.10.30

食の慎みで、想像力を支配する

かつては、1マイル(約1609メートル)を人間が4分で走ると、その者は即死するというのが医学の常識でした。
しかし、1人のランナーがこの記録に達した後では、多くの選手が次々とそのタイムを上回り、現在の世界記録は、3分40秒台です。
コロンブスの卵のように、誰かが成し遂げた後では、その難易度は絶対的ではなくなります。

一日一食というものは、実際にそんな生活をしている人がいることを知っていたり、さらに身近にそんな人がいても、なぜか多くの人は自分には無理だと思ってしまいます。
それがなぜかと言いますと、多くの資本主義国家では国民は、食を節することが悪いことであると国家やマスコミに洗脳されているからです。
より美味しいものを、より沢山食べることが善であり幸福なことであると信じ、それを疑うことが決してできません。
洗脳というものは、本能的な欲望を利用して想像力と結びついています。
例えば、君主への忠誠は、必ずしも崇高な精神に基づくものではなく、本能的な安全欲求を利用し、身の破滅の想像である悲惨なイメージと結びついている非常に強力な洗脳です。
洗脳されてしまったことに対して、いかに意思の力で対抗しようとしても無駄です。
なぜかと言えば、意思の力は決して想像力には勝てないからです。
分りやすく言いますと、地上に置かれた、幅30センチで長さ10メートルの板の上を歩き切るのは簡単ですが、これが地上5階のビルの間に渡されたものでしたら、誰も決して渡れません。その理由は人間には強い想像力があるからで、自分が転落する想像を超えて、意思の力で板の上を渡ることは不可能です。このことからも意思の力は想像力に勝てないことがよく分ると思います。

しかし、意思が想像を超えることで、人間は高いレベルに進化することもできます。
西洋の昔話に、お姫様が猛獣の折の中に指輪を投げ入れ、一人の騎士にそれを拾ってくるように命じるというものがあるようです。騎士はそれに成功し、逆に姫を捨てます。
このお話は、神話的な比喩が込められています。
ところが現実にも、中村天風という哲人が、虎の折の中に入ったという話があります。虎は天風に危害を加えませんでした。天風に恐怖心がなかったからです。天風は想像力を高度に支配できたのでした。

一日一食を実現できるなら、ある程度の想像力の支配が可能と言って良いと思います。
そうなれば、同じく想像力に支配される性欲の克服は簡単です。性欲は確かに強力ではありますが、命と直結する食欲ほどではありません。
一日一食を1年以上続けている私でも、食欲の方が性欲よりはるかに手強いのです。
私は、決して性の本能を無くした訳ではなく、性欲も相変わらず強いですが、こちらの制御など他愛もありません。
ナポレオン・ヒルは性欲の昇華が成功に必要と言っていますが、食を慎むことでそんなことは簡単にできるのです。

おそらく、想像力を支配できれば、世界は意のままです。ジョセフ・マーフィーの潜在意識による成功法則の成就の鍵も想像力の支配です。長年、マーフィーの成功法則を実践しながらうまくいかない人は、想像力を支配できず、逆に、意志が想像力に支配されているのです。
そのための、何とか凡人にも手を出せる道が食の慎みです。
だからこそ、水野南北は、食が全てといい続けたのだと思います。


新修 南北相法・修身録(全)
水野南北の観相(顔、身体の相を観る運命鑑定法)の極意「南北相法」と、絶対的な開運法「相法修身録」を同時に収めた貴重な書。
「相法修身録」はさほど長くなく文章も平易なので、3度繰り返して読み、極意を掴んで欲しい。
手に入るうちに入手されることをお薦めする。


↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 「働く」ことを「食う」と言わせた者の目的は何か? | Main | 世界を発展させた本当の偉人 »

Comments

kayさまへ
「君主への忠誠は必ずしも崇高なものではなく・・・・」
自らが仰ぐ者に対し絶対を誓うことは狂信にも繋がり危険なのですね。 私心がなく「眼を外に向けよ」とおっしゃる方は自分への崇拝は寧ろ望んでいませんし"私"ではなく背後やその他を観よとおっしゃられるような感じを受けました。
どうもありがとうございます。(._.)

Posted by: 祈り | 2009.11.12 at 02:01 AM

★祈りさん
“私”を見ることが一番大切です。
あなたは、自分でブログを書いて、いろんな人の意見を聞いた方が良いと思います。
私のブログにコメントしたって意味ないと思いますよ。

Posted by: Kay | 2009.11.12 at 06:43 AM


ごめんなさい。
“意味がない”とは、思うことが出来ません。
私は今まで 苦痛や苦労が大嫌いでした。 でも、苦るしみを受け入れることも大切だとここで知りました。
ありがとうございます。
(●'▽'●)
kayさまの方でイヤだという意味なのでしょうか??

Posted by: 祈り | 2009.11.12 at 07:08 AM

★祈りさん
誰にとっての“意味”なのでしょう?

Posted by: Kay | 2009.11.12 at 10:07 AM

kayさまにとって、 意味がないとおっしゃるのでしょうか?

なら、私は少しでも ちゃんとした人になれるよう頑張りたいと思います。

Posted by: 祈り | 2009.11.18 at 06:41 AM

★祈りさん
やっと少し気付いたようですね。
あなたが1人で胸の中で想えば良いことを、わざわざここに書いても、コメントリスト欄が無駄になるだけで、私にも、誰にとっても意味はありません。
このブログの読者の方々のほとんどは、そんなことはしません。皆がそんなことをしたら、意味のないコメントで溢れ返り、良いコメントが無駄になるのです。

Posted by: Kay | 2009.11.18 at 10:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/46620072

Listed below are links to weblogs that reference 食の慎みで、想像力を支配する:

« 「働く」ことを「食う」と言わせた者の目的は何か? | Main | 世界を発展させた本当の偉人 »