« やる気のない自動車会社の販売員 | Main | 掟が力の対価である »

2009.10.04

「つやこ49」がなぜ60万円以上でないのか

別に過大に持ち上げようというわけではなく、本心なのだが、斎藤一人さんの講演、講座のCD「つやこ49」に60万円以上の値が付いていないのは不思議に思う。
「つやこ49」は、舛岡はなえさんの著書に付いているCDである(後で紹介する)。

私は、米国のある自己開発講義のCDをほぼフルセットで購入した。
その基本部分が約60万円であった。
英語の講義を日本語に翻訳し、CDにしたもので、1回が30分位のものが20近くある。
このプログラムの開発者は若くして億万長者、そして世界的事業家になったというだけでなく、非常に誠意ある人物だ。
彼は、日本語に訳された講義をさらに英語に訳させて聞いたところ、納得がいかなかったので、再度、日本語訳をやり直させ、さらにまた英語に翻訳させて聞き、納得したので、日本で販売したという。

素晴らしい講義であり、60万円の値段には私は心から納得している。
他の2つの部分も追加で購入したほどだ。

しかし、「つやこ49」を聞くと、この1200円の本に付属の1枚のCDの方がずっと良いのだ。
正直、その価値は60万円どころではないと思うが、とりあえず世界的な自己開発プログラムと比べたのである。
斎藤一人さんは、百回聞くよう言っているが、それはわけないと思う。

約束通り、その本を以下に紹介する。


↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« やる気のない自動車会社の販売員 | Main | 掟が力の対価である »

Comments

このCDの中に収められた観衆の笑い声の中でひときわ大きいのが私です(笑)この講演を最前列で聴いていました。

Posted by: 石彫人 | 2009.10.04 at 11:25 PM

★石彫人さん
すると、石彫人さんの笑い声を百回聴けるわけですね(笑)。
確かに、楽しいCDです。

Posted by: Kay | 2009.10.05 at 06:40 AM

Kayさん、おはようございます。昨日、早速本を買って読んでみました。非常にシンプルな内容なのにまったくできていませんでした。今日からはCDを聞きまくろうと思います。

Posted by: mamemoyashi | 2009.10.06 at 04:47 AM

★mamemoyashiさん
是非、聞きまくって下さい。明日はもう成功者ですね。間違いありません。

Posted by: Kay | 2009.10.06 at 06:31 AM

通勤中聞いております。すべて良かったのですが、一番最後にある、一人さんが「これからする話は信じられる人だけ信じてください」とおっしゃっていた話を聞いて、すーっと腑に落ちました。不思議な感覚でした。これからも聞き続けます。ただ、電車の中で聞く難点は、笑いをこらえなくてはいけない点です。。。

Posted by: mamemoyashi | 2009.10.07 at 08:26 PM

★mamemoyashiさん
「信じられる人だけ・・・」に関しまして、私も心から納得しました。
石井普雄さんという人が言った「難事は良い事」という言葉が好きなのですが、それで、この言葉の意味がよく分かったように思います。

Posted by: Kay | 2009.10.08 at 06:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/46387577

Listed below are links to weblogs that reference 「つやこ49」がなぜ60万円以上でないのか:

« やる気のない自動車会社の販売員 | Main | 掟が力の対価である »