« ジョセフ・マーフィーを深く理解するための至高の書 | Main | 心を静めれば無敵である »

2009.09.18

唯一の願い

幸せでいるコツなんてのは、欲望を持たないことだろう。
例えば、ミュージシャンでいたければ、街角でハーモニカを吹いてさえいれば満足できるようでないと、お金を沢山稼いでも、いや、稼げば稼ぐほど不幸になる。

本物の神秘家なんてのは、神様のささやきを聞き逃さないよう、いつも静かでさえいれば、それで満足なものだ。
心というのは、本当に満足してしまえば、静まってしまうものだ。
「あるヨギの自叙伝」で、著者のパラマハンサ・ヨガナンダの師の師であるラヒリ・マハサヤは、豪壮な家に住みたいという最後の願望だけになっていたので、彼の師のババジは幻の中で宮殿のような家を与え、マハサヤは解脱したという。
最後の望み。そこには、宿命的な何かがあるのかもしれない。
これさえ叶えば死んでもいいというほどの夢。譲れない願い。
ネロがルーベンスの絵を見て、満足して死んだように。
マッチ売りの少女が、お婆さんに逢えて、思い残すことが無かったように。
ネロもマッチ売りの少女も、その死に顔は微笑んでいた。
アンデンルセンは「少女が最後に見た美しいもののことは誰も知らないんだ」と、なぜか、少女の幻に過ぎないはずのものの価値を主張した。
私は、この二人は神と一体になったのだと思う。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ジョセフ・マーフィーを深く理解するための至高の書 | Main | 心を静めれば無敵である »

Comments

はじめまして。
食を節すれば他の欲も自然と節する方に向くような気がします。
今、標高1200の森の中に住んで、テレビもないので誘惑もないせいかもしれませんが・・
自然の中で大型犬と暮していますが、子供もいますし、仕事もしてます。
いろいろ面倒なこともありますが・・学校の役員とかね・・流れに身を任せてると、上手く事は進んでいくものですね。目の前にある、起こることを考えず、悩まず受け止める。そうすると、楽に生きて行けるように思います。
kayさんの本の紹介とても楽しみです。これからも、よろしくお願いしますね。

Posted by: セント | 2009.09.18 09:58 AM

★セントさん
素晴らしいコメントをありがとうございます。
厳しい自然の中で、まさに中国の道教でいう、タオ(道)と共に生きておられる様子で、思わず感服いたしました。
食を慎むと、確かに、物や色欲は克服できるのですが、騒がしく、ドロドロした都会にいるせいか、人間関係のわずらいは、まだまだ大きいです。しかし、なんとかなりそうです。
私は、自然の中で暮らす宿命にはないかもしれないなあ。

Posted by: Kay | 2009.09.18 09:53 PM

私自身は、ネロにも、マッチ売りの少女にも、もっと
幸せになってほしかった…というのが本音でした。
どうして、あんなに善良に生きた人間が、あんな最期を
迎えなければならないのか。
もし私が神様なら、二人をあんな目にはあわせない。
ずっと、そう思っていました。
それこそ、もしあれが神の導きなら、いつか私自身が天国に
乗り込んで、神を一発ぶん殴ってやりたい、くらいに。

たしかに、文学的には美しいかもしれない。
しかし、あんな結末を描いたアンデルセンは
人間として最悪だ、くらいに思っていたのも事実でした。

日本で言えば、宮沢賢治でしょうか。
「賢治の小説は美しく 優しい」
そんな評論はよく耳にします。
しかし…たとえば「銀河鉄道の夜」を読んで、カンパネルラの最期を読んで
どうして「賢治の小説は優しい」なんて言えるのか
理解に苦しんだものです。たしかカンパネルラは、いじめっ子を
助けて、身代わりに死んじゃうんでしたよね。

でも

>私は、この二人は神と一体になったのだと思う。

この言葉で、疑問の半分はとけたように思います。

まあ・・・頭で理解しているうちは、まだまだですけど(^^;

Posted by: じゅん | 2009.09.20 05:32 PM

★じゅんさん
マッチ売りの少女とネロの死は、私は現実性を感じることを拒否しているところがあります。
「スターウォーズ」で、オビ・ワン・ケノービが、ダース・ベーダーのとどめの一太刀を受けた後、姿が消えたようにです。
オビ・ワンは「私は永遠になる」と言いました。
で、私もまた、死んでみようと思うのですよ。まあ、ある意味ですが。それで、ずっと死に興味があるのです。
死んでみることで、真理を見ようとか思っているわけだたりで・・・

Posted by: Kay | 2009.09.20 08:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 唯一の願い:

« ジョセフ・マーフィーを深く理解するための至高の書 | Main | 心を静めれば無敵である »