« 全てへの愛、全てへの無関心 | Main | 唯一の願い »

2009.09.17

ジョセフ・マーフィーを深く理解するための至高の書

潜在意識による成功法則で世界的に有名なジョセフ・マーフィーの著書は、私を引きこもり状態から解放してくれたことを以前書きましたが、マーフィーの成功法則をより理解するのに役立つに違いないと信じるアドバイスをしたく思います。

マーフィー博士は、もっぱら読書と執筆に時間を費やす簡素な生活をする人だったようですが、非常に博学で、多くの賢人の思想に通じていたと思われます。
その中でも、アメリカの「コンコードの哲人」と呼ばれる19世紀の思想家、詩人であるラルフ・ウォルドー・エマーソンを崇敬し、強い影響を受けていることは間違いありません。
多くの人同様、私も、エマーソンを人類史上でも最高の思想家だと思っています。
明治、大正の偉人、岡田虎二郎も、アメリカ滞在中にエマーソンを読み、やはりその思想の偉大さを認めたのだと思われ、よくエマーソンを引用したと言われます。

ジョセフ・マーフィーの「眠りながら巨富を得る」は、マーフィーの著作の中でも、富を得るために特に優れた実践書ですが、哲学的にも大変に深いものと思いました。そして、この本にはエマーソンの言葉が数多く引用され、さらに、エマーソンの至高の論文「自己信頼」が紹介されています。
このことからも、私は、マーフィーの「眠りながら巨富を得る」と、エマーソンの「自己信頼」を併せて読むことに大きな意義があると思います。

「眠りながら巨富を得る」は、大島淳一さんの訳で、大変に読みやすく仕上がっています。
ところで、大島淳一さんは、実は、渡辺昇一さんであったことは、ある時期に明かされましたが、かなり話題になったと思われ、私も非常に驚いたものです。
※マーフィーの最も有名な著書は「眠りながら成功する」ですが、個人的には、「眠りながら巨富を得る」の方が現代の人により合うように感じます。

一方、エマーソンの「自己信頼」は、かなり以前から翻訳が出ていますが、元々が論文であることもあり、学者の先生が難しく訳されている場合が多かったのではないかと思います。
私が読んだのは、日本教文社の「精神について(エマソン名著選)」に収録されていたもので、入江勇起男さんの素晴らしい翻訳でしたが、やはり少し難しい文章でした。
しかし、今年(2009年)、この「自己信頼」単体の翻訳が海と月社から「自己信頼[新訳] 」として刊行されました。伊東奈美子さんが平易な文章で翻訳し、文字も大きくて読み易く、非常に有り難いものです。
エマーソンの「自己信頼」は、自分を信頼することの大切さと、そうするに値する貴いものが自分の中にあることを強く知らしめてくれる、160年以上も読み継がれる名著です。
私には、「自己信頼」をなぜ学校で教えないのか理解できないくらいです。しかし、それは読めば分りますが、この論文は、国家による思想統制には非常に都合の悪い内容です。つまり、人を真に賢く自由にするこの教えは、国家などによる洗脳を破壊するためにも優れたものであるわけです。
「自己信頼」は短い論文ですので、大きな文字にしても薄い本で、さらに、海と月社の本はハードカバーの実に美しい本になっています。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 全てへの愛、全てへの無関心 | Main | 唯一の願い »

Comments

いつもおせわになります。
でるおです。

私も先日、kayさんよりご紹介頂いた
伊東さん翻訳の「自己信頼」読みました。
そこまで自分自身を信じていいのっていうくらい
彼は言い切っていますね。
「偉大であることは誤解されること」とまで。
(ピタゴラス、ソクラテス、イエス、ガリレオetc)

これから「マーフィー努力嫌いの成功法」
も読むところです。

いつもいい本をご紹介してくださり、
ありがとうございます。

Posted by: | 2009.09.17 at 10:52 PM

紹介して下さる本やエマ―ソンの『自己信頼』興味深いです。エドガーケイシ―の『転生の秘密』、好きですがそうゆう霊的な要素を含む内容は学校の教科書では殆ど見ませんよね。ニ―チェの「神は死んだ」なんて言葉が堂々と倫理の教科書に載っていたり個人的には残念です。教育が物質市場主義と資本経済での生き残りにまだ偏っているのだと思いますが時代の流れと共に又このようなネットの繋がりを通して真に人に自由と愛を与える教育が広まることを期待し信じます。どうもありがとうございます。o(^-^)o

Posted by: 祈り | 2009.09.18 at 02:14 AM

★でるおさん
「マーフィー努力嫌いの成功法」は、悪い状態にある時に、特に効果のある本と思いました。
これと同じ内容の「あなたも幸せになれる」を私も今読んでいます。
エマーソンは真に偉大で、インドの聖者にも劣らないと思います。

★祈りさん
あれもこれも・・・では、かえって問題と思います。人間、経験です。

Posted by: Kay | 2009.09.18 at 06:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/46232749

Listed below are links to weblogs that reference ジョセフ・マーフィーを深く理解するための至高の書:

« 全てへの愛、全てへの無関心 | Main | 唯一の願い »