« ジョディと共時性と引きこもり作家 | Main | 宇宙を手に入れる »

2009.09.06

引きこもりに絶対的に欠けるもの

引きこもりが、外に働きに行けなかったり、働きに行ったとしても主に人間関係で苦しむのは、おそらく、楽観性に欠けるためだろう。
ヘレン・ケラーは、見えない、喋れない、聴こえないの3重苦を背負ってはいても、強靭な楽天主義者だった。

私は、ジョセフ・マーフィーの「あなたも幸せになれる」(産能大学出版部)を読まなければ、いまだ働いていなかったかもしれない。19歳の強度の引きこもりの時、この本を読んだおかげで、20歳でバイトを始め、その後、セールスマン、総務社員、ソフト開発技術者とキャリアを重ねていけた。
この本は、今は、「マーフィー 努力嫌いの成功法」というタイトルで、三笠書房の「知的生きかた文庫」からも安価に出ている。
何の本かというと、いかなる望みも軽々と達成できる力が人の内にあり、その力を使う方法を述べた本だ。
このような考え方は、ニューソート思想として知られ、マーチン.A.ラーソンの「ニューソート」(日本教文社)によると、その源流はスウェーデンの天才的な科学者、政治家、発明家、思想家として名高いエマニュエル・スウェーデンボルグとされており、19世紀のアメリカ最大の思想家ラルフ・ウォルドー・エマーソンにも強い影響を与えた。ヘレン・ケラーもまた、スウェーデンボルグを崇拝していたと言われる。フォード自動車創業者のヘンリー・フォードは、自分の成功は、トラインの著書のおかげと常々語っていたが、トラインが名乗ったラルフ・ウォルドー・トラインの名は、ラルフ・ウォルドー・エマーソンから借りたものである。明治、大正の偉大な思想家、岡田虎二郎も、エマーソンをよく引用し、エマーソンを通じてスウェーデンボルグの思想の影響を受けていたと言われている。
ニューソートはキリスト教思想ではあっても、伝統的なキリスト教とは根本的に異なり、人は神の直系の子であり、本質的に神と一体であるとするところは、実に日本の神道に近いというのは、興味深いところである。
また、ニューソートでは、心を明るい方向に向けることの大切さを説くが、これは、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠がまさに強調したことでもある。
ジョセフ・マーフィーは、最も大衆に好意的に受け入れられた、明解な教えを説くニューソートの講演家、著作家である。

以下、書籍を紹介しておく。





マーフィー 努力嫌いの成功法(ジョセフ・マーフィー)

私を、ニートで強度の引きこもりの状態から解放したきっかけの1冊。
私が読んだ新書版のタイトルは「あなたも幸せになれる」だった。
原題は、「Miracle Power of the Univers(宇宙の奇跡の力)」である。
文庫化して安価になっている。





人生の扉をひらく「万能の鍵」(ラルフ・ウォルドー・トライン)

フォード自動車創業者ヘンリー・フォードは、自分の成功はこの本のおかげであると言い、自宅に多数保有し、訪問者にプレゼントした。
楽観精神の重要さが鮮やかに説かれている。1897年に書かれ、いまだ読み継がれる世界的ロングセラー。





自己信頼[新訳](ラルフ・ウォルドー・エマーソン)

上記(中段)の本の著者トラインが崇敬したアメリカ最大の思想家ラルフ・ウォルドー・エマーソンの、人類の財産とも言える知恵の書の分かりやすい新訳。
ジョセフ・マーフィーも著書の中で、エマーソンの言葉を度々引用し、本書自体も引用していた。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ジョディと共時性と引きこもり作家 | Main | 宇宙を手に入れる »

Comments

人生の扉をひらく「万能の鍵」を、
携帯電話コンテンツで購入して読みました。
携帯電話で購入出来るのがこの一冊でした。
読み終えた後は体が楽になりました。
後は実践あるのみです。
良い出会いをありがとう。

Posted by: inukusa | 2010.02.23 03:38 PM

★inukusaさん
良いものを読まれたと思います。
自分では分からなくても、無意識にとどまり、一生、力になってくれると思います。

Posted by: Kay | 2010.02.23 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 引きこもりに絶対的に欠けるもの:

« ジョディと共時性と引きこもり作家 | Main | 宇宙を手に入れる »