« 誰もが知っている幸運の秘訣 | Main | お金を持たずに、人にも楽々おごる男たち »

2009.09.22

好きでも嫌いでもない

これまで、学校や会社で色々な人を観察したところによると、多くは無意識的にだが、人は他人に対し、「好きか、嫌いか」の判断をしているようだ。
そして、自分が嫌われることをひどく恐れるようだ。
だが、他人が自分を好きか嫌いかといったことは、本当のところはなかなか分からない。
その中で、
「自分は嫌われているのではないだろうか?」
「私は嫌われているに違いない」
と思っている人も非常に多い。

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で、主人公の14歳の碇シンジが心の中で言う。
「どうせ、みんな僕が嫌いなんだ」
すると、同じ14歳のハーフの美少女アスカの声が答える。
「アンタが勝手にそう思ってるだけでしょ!」

このアニメの主要な登場人物達は、自分に価値がなく、愛されていないと思う気持ちが強い。
「誰も私を見てくれない。私はいらない人間なんだ」(アスカ)
「私が死んだって、代わりはいるもの」(レイ)
「自分が愛されるなんて、信じられなかったんだ」(碇ゲンドウ)
「だけど、僕は僕が好きじゃない」(碇シンジ)

引きこもりとか、心に傷とか病がある人というのは、大抵そんなものだ。

ところで、私に関して言うなら、私に嫌われていると思っている人が多いようだ。
攻撃的に「俺が嫌いなのか?」「あたしがそんなに嫌い?」と訴えてくる人もよくいた。
多くの人は、ポーズとして「私はあなたが好きだ」というフリをする。その見返りとして「私を嫌わないで」あるいは「私を好きになって」と訴えているのだろう。
しかし、私はそのようなことを全くしないので、私に嫌われていると思うのだろう。

しかし、本当のことを言わせてもらえば、こうだ。
「好きじゃない。でも嫌いでもない」
正直に言って、あまり関心がないのだ。
ところが、大抵の人は、このように言われることをひどく嫌う。おかしなものだ。
だが、もう1つ言うなら、自分に関しても同じなのだ。
「自分を好きじゃない。でも嫌いでもない」
自分にもあまり関心がないのだ。
ほとんどの人は、自分への無上の愛情を持つものだ。自分が幸福であることを望み、悲惨であることを嫌がる。
自己の本質が幸福(加えて存在と意識)であることを悟った時、自分や特定の他人への好き、嫌いは意味を持たなくなる。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 誰もが知っている幸運の秘訣 | Main | お金を持たずに、人にも楽々おごる男たち »

Comments

帰国のこと、覚えてくださっていてありがとうございます。
Kayさんのブログなんで、あえて個人的なことは控えていたのですが
一声戴くだけで、こんなにも嬉しいものだと、ちょっと感激しました。

さて。
一切は空であり無である以上、この世の全てに意味はない。いつか
そう結論して、気が楽になったことはあるのですが、しかし。
それを一つの結論であり理想としながら、私自身は、全てに
無関心になるには、またまだ器が小さいように思います。
実際、未だに「不公平」に心を煩わす、自分の弱さ、小ささには
いい加減愛想を尽かしそうな勢いです。

で。折衷案として私が採用しているのは、誰であれ、その人の
中に「尊敬できる部分を見つける」ということ。
そして、尊敬できる部分が見つかれば、自然、その人を好きになれる。

ですが、これが正しいのかどうか、それはわかりません。
この理屈を突きつめていけば、ドロボウや殺人犯でも
好きになりかねないわけですから(^^;;;

ですので、やっぱり無関心が最上なのでしょうか。
ちょっとリクエスト(あくまで、希望的な何か、ということで)
よろしければ

>自己の本質が幸福(加えて存在と意識)であることを悟った
>時、自分や特定の他人への好き、嫌いは意味を持たなくなる。

このあたりを掘り下げて、教えていただけると幸いです。
感覚としてはわかるのですが、頭がついていかないと申しますか
(頭で考えるのは悪いクセなのですが)なかなか
単純なようで奥が深いように思います。
頭わるくてすみません・・・

もっとも、メンドウなら放置してくださいませ。
実際、やっかいな質問だと思いますので(^^;;

控えようとおもいながら、どうしても投稿が夜になってしまいます。

せめて一日30分でも早起きして、その30分を座禅にあてる、
くらいの精神修養は必須なのかも、ですね。

P.S.
ヘカテーたんの「頂」は「神」として
「座」は「腹」かと思うのです。
というのは、座禅の本質は 腹で組む ように思うので。
(適当に言ってるように聞こえたらすみません)

よって「頂の座」=「神の腹」と解釈するのは・・・

すこし、ヘカテーたん贔屓に過ぎますかね(笑

Posted by: じゅん | 2009.09.23 12:36 AM

★じゅんさん

>実際、未だに「不公平」に心を煩わす、自分の弱さ、小ささには
>いい加減愛想を尽かしそうな勢いです。

たとえ聖者でも、ある程度はそうであると思います。
私は聖者でないので、バリバリそんな感じです。
ただ、聖者は、そんな自分を地平線の彼方に感じているだけと思います。

>この理屈を突きつめていけば、ドロボウや殺人犯でも
>好きになりかねないわけですから(^^;;;

私は、それに近いことをやろうとしています。
そのうちに大発表しますが(笑)、全宇宙の平和を願えば、その中に、ドロボウも殺人犯も私も(同じかよ)含まれます。


>>自己の本質が幸福(加えて存在と意識)であることを悟った
>>時、自分や特定の他人への好き、嫌いは意味を持たなくなる。
>
>このあたりを掘り下げて、教えていただけると幸いです。

ヴェーダ哲学の真髄部分ですな(笑)。
言葉で説明するのは無理でしょう。
例えて言えば、ほたるちゃんの柔らかさや温かさを言葉で説明できないように・・・


>せめて一日30分でも早起きして、その30分を座禅にあてる、
>くらいの精神修養は必須なのかも、ですね。

修養なんて真面目なものではありませんが、やってみることが一番と思います。
マハラジさんという、私の崇拝する聖者は、「まずやってみることが大切」と常に言っています。

>ヘカテーたんの「頂」は「神」として
>「座」は「腹」かと思うのです。

良いですね、これ。
ヘカテーたんのぽんぽんを見たいです<意味が違う

>というのは、座禅の本質は 腹で組む ように思うので。

はい。だから、日本人は昔、腹を切って誠意を示したのですね。
一番大事な腹を切ることで。
ただ、後におかしな誤解や歪みが多くなったかもしれません。

Posted by: Kay | 2009.09.23 02:48 PM

身の周りにいる人も自分の家も自分の身体も、体が死んでしまえば持ってい行くことが出来ないから、それらに対して無執着で生きるなら分かります。  無関心と言いますと少し冷たい感じがします。でもkayさんはとても愛情深い方だと思います。

Posted by: 祈り | 2009.09.23 10:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 好きでも嫌いでもない:

« 誰もが知っている幸運の秘訣 | Main | お金を持たずに、人にも楽々おごる男たち »