« 宇宙を手に入れる | Main | 地平線の彼方 »

2009.09.07

ホツマツタヱを読む

少し前から、鳥居礼さんの「ホツマ物語」を読み始めました。
「ホツマ物語」は、「ホツマツタヱ(ホツマツタエ)」という、日本の古文書を基にしたものです。漢字が伝わる前に書かれたもので、日本独自の文字で書かれています。
「ホツマツタヱ」は五七調の歌で書かれたものですが、それが膨大で難解なので、鳥居礼さんが、誰でも読めるように、内容を選択し物語風に書かれたものです。
古事記や日本書紀の原典とも言われますが、捏造されたニセモノという説もあります。むしろ、現在では、それが一般的かもしれません。

私は、「ホツマ物語」を読み、驚愕しました。
とてもニセモノとは思えません。
私は、古事記も愛読しています。ホツマタヱと古事記や日本書紀は類似点も多いのですが、似て全く非なるものです。
古事記等は、お話自体は、あまりに荒唐無稽で不自然な部分が多くあります。
例えば、有名な、高天原(タカマノハラ。天上界のこと)でのアマテラスオオミカミとスサノオノミコトのウケヒ(誓約。一種の占いによる勝負)の場面は、古事記では、アマテラスがスサノオの剣を3つに折り、それを噛み砕いて吹き出すと3人の女神が生まれたとあります。ここは、ホツマ物語では、アマテルは夢の中で、剣を噛んで3つの玉にしたとなります。それは、アマテルに3人の女の子ができるという予言になっています。ホツマツタヱでは、アマテルは美しく聡明な皇子です。
また、古事記では、イザナミは死んで黄泉の国に行った時には、化け物になっているのですが、ホツマ物語では、それは、死んだイザナミに執着するイザナギの見た悪夢で、イザナギはそれで反省します。
ホツマ物語は、古事記に比べ、非常にしっかりとしたストーリーになっています。また、大変な高貴さにも溢れているように感じました。

私は、昨年末から、神道の代表的な祝詞である「大祓詞」を毎日唱えておりますが、大祓詞は古事記よりもホツマツタヱにはるかに適合しています。
実際はどうなのかは、もちろん私には分からないと思いますが、私には、ホツマツタヱが本物であると思われます。

私が興味のある、食についても、アマテルが語る部分があります。
アマテルは、最上の食物は野菜、次が鱗のある魚と言い、獣はもちろん、鳥も良くないとし、その理由も明解に述べます。
古事記では語られなかった、オロチの正体についても詳しく述べられています。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 宇宙を手に入れる | Main | 地平線の彼方 »

Comments

はじめまして。いつも勉強させていただいております。ホツマツタエをより深く知るために、歴史ブログの、 縄文文字ヲシテを 復活! をお勧めします。これからも素晴らしい記事を楽しみにしております。

Posted by: mo-no | 2009.09.09 03:43 PM

★mo-noさん
はじめまして。
興味深いブログをご紹介いただきまして、ありがとうございます。
ホツマツタヱを含む、ヲシテにさらに興味が出てまいりました。

Posted by: Kay | 2009.09.10 06:35 AM

ホツマツタヱの真偽説も含め、こういう「偽典」関連の話題が
のぼる度に何時も思うのですが、
私個人の(あくまで個人的な主観にすぎませんが)正典が偽典かなど
どうでもいい、と思うのですが…どうでしょう。自分で自分を
ちょっと飛躍しすぎだなぁ、とは思います。

どっちかというと、正典よりも偽典が好きな私の、身内贔屓な
意見かもしれません。(日本書紀を読む前に、先代旧事本記とか
神道五部書には、一通り目を通してました、何故か。
但し意味は分ってませんけどー)

しかし、身も蓋もない言い方をすれば、ホンモノであれ、ニセモノであれ
「誰かが書いた」ものには違いない。

実際のところ、中途半端に考古学の知識のある私にとっては、古事記も
風土記も、朝廷側の恣意を感じてしまう部分が多々あります。
だからといって、思想的文化的な価値を否定するものでは
ありませんし、純粋にそれらに対して、なんというか
神聖な畏敬の念を抱かずにはおれません。

なんてまあ、乱暴すぎるので、もうちょっと補足させて戴きますと、
書物の値打ちというものは、半分は著者の責任なのでしょうが
のこり半分は読み手側の意識の問題だと思うのです、個人的に。

どんなに立派な書物であっても、どんな素晴らしいことであっても
読み手側にそれを理解する能力や知識や経験がなければ…、
もっと言えば、読み手にそれを生かす「徳」がなければ
立派な書物も 枕か焚付けにしかならないと思うのです。

逆に、一般に卑俗とされるマンガからでも、読み手次第で
得るものはあるように思います。

いずれにしても、本を読むということは著者との真剣勝負
みたいなものであり、なおかつ、そのほとんどは、読み手の
自由解釈(=読み手の人生の深さ、器に裏打ちされた
「不」自由解釈?)に委ねられているような、つまり、

本は、その人の好きなように読める。
しかし、本は その人の好きなように『しか』読めない。

結局、本もまた、自己を映す鏡(されど、倍返しの鏡)みたいな
ものだと思うのです。

だから、ホツマツタヱからKayさんが感じられたことは、あるいは
Kayさん自身の素晴らしさだと思います。
そして、Kayさんのブログを読んで、ホツマツタヱが
読み返したくなり、さっそく図書館に直行した私でした(笑

Posted by: じゅん | 2009.09.10 11:26 PM

★じゅんさん
嬉しいお言葉をありがとうございます。

サルトルが、本を読むことは、その本を自分で書くことだと言いましたが、まさにその通りと私も思います。
ショパンを聴く時はショパンになりますし、ゴッホを見るときはゴッホになります。

実はニセモノだったものが、いつか大変な価値を持ち、崇拝されていることもあります。

どこかの英文学者が、荘子は大嘘つきだと言ってましたが、その後で、彼は、嘘のない本物は無いとも言いました。
大嘘、大いに結構ではありませんか!

漫画、アニメ・・・良いですね(笑)。
萌えキャラにだって、皆、自分の理想や思想、あるいは、自己を見るのでしょう。

アステルのともにあらんことを!

Posted by: Kay | 2009.09.11 06:38 AM

ヲシテの勉強がんばってください。

豊かな世界がひろがっていますよ。

Posted by: うまやど | 2009.09.22 03:39 PM

★うまやどさん
ありがとうございます。
ぼちぼちやっていきます。勉強という感じではありませんけどね。

Posted by: Kay | 2009.09.22 07:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホツマツタヱを読む:

» 「よみがえる日本語」へようこそ [オノコロ こころ定めて]
{{{: ●使い捨てマスクの再利用法は、[http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/58837567.html こちら] }}} [[attached(1,right)]]日本語の源が 見つかった 日本のみなもとが 見つかった     「よみがえる日本語」 へようこそ     &..... [Read More]

Tracked on 2009.09.22 03:38 PM

« 宇宙を手に入れる | Main | 地平線の彼方 »