« 世界を消し去る | Main | 引きこもりに絶対的に欠けるもの »

2009.09.05

ジョディと共時性と引きこもり作家

なぜか、ジョディ・フォスターのことがずっと思い浮かんでいた。
ご存知の方が多いとは思うが、ジョディ・フォスターはアメリカの大女優である。
彼女は、子役の頃から天才少女の評判が高かった。私は、彼女が14歳の時の主演映画「白い家の少女」のDVDを持っているが、コケティッシュな美少女というだけでなく、見事な演技であったと思う。特に、彼女の表情を延々と映し続けるラストシーンは圧巻と思う。

さて、ジョディのことが気になってしばらくしたら、ネット上で、やはりアメリカの大女優デミ・ムーアのニュースを見つけた。
この2人の誕生日だが、ジョディが1962年11月19日、デミが1962年11月11日と、ほとんど同じなのである。
面白い偶然だと思った。

そして、デミ・ムーアの15歳の娘の名はタルーラという名前であるらしい。
ジョディ・フォスターは、「白い家の少女」と同じ14歳の時、「ダウンタウン物語」(原題:バグジー・マローン)というミュージカル映画で、ギャングのボスの情婦役を演じているのだが、その役名がタルーラだった。
面白い偶然である。
尚、「ダウンタウン物語」はコメディー映画で、ギャングとか情婦と言っても、登場するのは全員子供である。

先日、1971年の英国映画「小さな恋のメロディ」のことを書いたが、「ダウンタウン物語」は1976年の英国映画で、監督、脚本は、「小さな恋のメロディ」の原作、脚本を書いたアラン・パーカーであった。

以上が、ジョディ・フォスターをトリガーに、私に起こった3つの不思議な偶然である。

尚、昨年(2008年)公開された、ジョディ・フォスター主演の最新作「幸せの1ページ」は、強度の引きこもり作家のお話だ。
引きこもりに希望の光をもたらす作品だろうか?
DVDとブルーレイ発売中である。






DVDブルーレイ

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 世界を消し去る | Main | 引きこもりに絶対的に欠けるもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/46123834

Listed below are links to weblogs that reference ジョディと共時性と引きこもり作家:

« 世界を消し去る | Main | 引きこもりに絶対的に欠けるもの »