« 本気で仙人を目指すために | Main | IT技能で有用なのはExcelだ »

2009.09.13

アステル

私は、人に対する意見を持たない。
企業や政党に対する意見も持たない。
社会や国に対する意見も持たない。

そして、自分に対する意見も持たない。
もちろん、神に対する意見も。

私は、例えてみるなら、星のようなものだ。
あらゆるものから、そして、私からすら離れ、ただ気付いている。
全てに気付いてはいるが、特に関心は持っていない。
ただ、純粋に気付いていたいのだ。

しかし、立場を変えて見守られている側に立った時、
星のこの上なく優しい無関心に気付く。
愛とは星のようなものなのである。
星に見守られている中で、心は静まり、
女神の衣の細かなひだまで鮮やかに見える。
心が静まった時、全ては自然に収まる。
心がわずかに動いたとしても、それは戯れという芸術を創るだけである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 本気で仙人を目指すために | Main | IT技能で有用なのはExcelだ »

Comments

Kayさんのおっしゃる意味とはすこし外れるのかも知れませんが
無関心ほど公平なことはない、と思います。

人生振り返れば、私が心を乱す時って、いつも
不公平(私の器が小さいせいなのでしょうが)が引き金に
なっていたように思います。

そして、究極の公平が・・・無関心?


そういえば、かなり小さいころに読んだ昔話に
ありました。神も悪魔も不公平で、死神だけが
一番公平だ、みたいな、そんな話が。
(この際、ここでの「神」を深く追求しないで
 くださいね・汗 たぶん信仰=神 とかそんな
 あたりの意味だと思いますが)

三つ子の魂 百までなのか、そのせいで・・・
ほたるちゃん好き(オチはそれか!

いや、まあ、余談です(^^;

Posted by: じゅん | 2009.09.20 05:15 PM

★じゅんさん
私は、全てを公平に愛することは不可能なので、自分も含め、全てに無関心になればと思うのですが、人間世界、なかなかそうはいきません。
ただ、全てを愛する方法(?)も最近、ちょっと分かってきました。
まだ、思索中ですが。

不公平を感じると、やきもちになります。
昔、ジャイアント馬場さんが、「一切のモメゴトはやきもちから起こるんだ」と言ったのを知って、馬場さんって偉い人だなと思い、彼の本を集めています。

サターンが漫画で、自分で名乗った「沈黙の戦士」という名称が好きです。
沈黙・・・ここに全ての真理があるに違いないと思います。
・・・と、曖昧に逃げる・・・^^;

Posted by: Kay | 2009.09.20 08:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アステル:

« 本気で仙人を目指すために | Main | IT技能で有用なのはExcelだ »