« 唯一の願い | Main | クーエの最も易しい潜在意識の活用法 »

2009.09.19

心を静めれば無敵である

失業してやることがなく、銀行や空港では不当な扱い(本人がそう思っているだけかもしれませんが)を受けて憤慨している男に、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジが言いました。
「静かでありさえすれば、すべて自然にうまく収まる。仕事も、意欲も能力もやってくるのだ。静かでありさえすれば良い」

ジョセフ・マーフィーの著書「眠りながら巨富を得る」にも、1章を割き、心が静かであることの大切さが強調されています。

上のマハラジも深い敬意を表す、南インドの聖者ラマナ・マハルシは「あらゆる聖典は、つまるところ、心を静かにせよと書かれている。いったん、このことが了解されるなら、際限なく本を読む必要はない」と言います。

聖書にも「心を静め、自分が神であると知りなさい」と書かれています。

つまり、あらゆる聖典、賢者が共通して保証することは、心が静かでさえあれば、人は幸福でいられるということです。
仏教の最も純粋な教えと言われる「法句教」は、心を静めることの貴さを、表現を変えながら、繰り返し繰り返し語っています。

しかし、どうやったら心を静かにすることができるかが、人間にとって途方もなく難しいのです。
心を乱す要因は無限にあります。美味しいものを食べれば、再びそれを食べたいと心が捕えられて自由を失い、さらに、もっと美味しいものを食べたいという渇望が起こります。
男が美しい娘を見ると、それを得たいと思って心が騒ぎ、休まることがありません。
つまり、欲望が心をかき乱し、その制御は容易なことではなく、逆に完全に欲望に支配されてしまうことになりかねません。

ラマナ・マハルシは、「私は誰か?」と問い続けよと教え、ニサルガダッタ・マハラジは、常に存在の感覚にしがみつけと言います。
しかし、そう言われても、我々凡人には難しいのです。
具体的な方法は各自の気質によって異なるのかもしれません。
けれども、最終目的が心の静寂であることを理解し、納得しさえすれば、その道は見出せると思います。
そして、心を静める道に挑むことは、長い旅かもしれませんが、決して退屈ではなく、わくわくする冒険でもあります。その終局は、多くの人には想像もつかない至福であるとしても、その過程ですら、あらゆる良きことに恵まれるのですから。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 唯一の願い | Main | クーエの最も易しい潜在意識の活用法 »

Comments

Kayさん、ご無沙汰しております。心を乱されることが最近おきておりまして、なかなか静かにならないです。自分の心は一番身近なのにコントロールができないなんて、自分自身とは近くて遠い存在なのかと思ってしまいます。そもそも静かな状態とはどういうものなのか、心を乱されないようにしながら発見したいです。

Posted by: mamemoyashi | 2009.09.21 09:18 PM

★mamemoyashiさん
ご無沙汰です。
そうですね、静かな状態をあれこれ想像しても仕方ありませんし、するべきでもないと思います。
静かになるためにすべきことをただやるべきと思います。

Posted by: Kay | 2009.09.21 11:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 心を静めれば無敵である:

« 唯一の願い | Main | クーエの最も易しい潜在意識の活用法 »