« 経済発展は国民を幸福にしない | Main | やってみることが大切だ »

2009.08.19

私の、食の慎みと祝詞の効果

江戸時代の偉大な観相家、水野南北は、食を慎みさえすれば福運に恵まれると断言してはばかりませんでした。
また、神道では、「大祓詞」を唱えれば、罪(神の性質を「包み」隠してしまうもの)、穢れ(神の「気を枯らす」もの)を祓うとされています。神道家には、これを唱えることで開運する、良いことが起こると説く人もいます。

私は、元々、飽食・美食で、甘いお菓子も大好きであったのが、丁度1年ほど前から1日1食の菜食とし、間食も一切やめました。また、昨年末から、大祓詞を毎日唱えてきました。
それで、現状どうかと言いますと、かなり苦しいです(笑)。
嫌なこと、辛いことが、怒涛のように襲い来ます。

心は状況の好転を期待していますが、起こるべきことが起こるだけのことです。
大祓詞は、今月千回を目標に唱えております。1回唱える時間は3分強ですので、1日平均2時間半かかります。
食はますます慎むつもりです。

しかし、苦難は更に続いています。
世界に完全に愛想をつかす・・・そうなってこそ、何も求めなくなるのです。
身体と心に影響を受けず、ただ死人のように生きるのみです。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 経済発展は国民を幸福にしない | Main | やってみることが大切だ »

Comments

最近読んだ本は少食でなく不食について。食べなくて益々、健康で生きれるそうです。睡眠も食べなかったら要らないようです。それが本当か正しいかはともかく食事を減らし世の中に幻滅して死人のように生きるKayさんと食事を減らして益々、健康に生き生きする本の著者。年の離れた彼女も出来たそうです。
この違いは気のものでしょうか?
私は食べなかったら綿密な作業が出来たり理路整然と思考出来たり趣味のエアロビもダンスも羽があるかのように出来て楽しいです。誘惑や付き合いで許容量より食べると全てが面倒になりつまらなくなります。
人それぞれなんでしょうか?

Posted by: カナリア | 2009.08.19 06:00 PM

★カナリアさん
私の言う、辛い、世の中に幻滅、死人のように生きる・・・をカナリアさんはネガティブな意味に取られるようですね。
別に、ポジティブでもネガティブでもありませんが、どちらかというとポジティブな意味なのですよ。
死人のように生きることは、至道無難禅師や岡田虎二郎さんといった方と同様、私の望みでもあります。
私には、快楽、ものごとの好調さ、若い彼女・・・といったものは、必ずしも喜ばしいものとは限りません。
それに私は健康で、なおかつ、屈強です。
その本、山田鷹夫さんのものかなあ。不食と断眠の2冊は読みました。

Posted by: Kay | 2009.08.19 09:59 PM

はじめまして。小食とか健康について調べているうちにここにたどり着きました。

Kayさんがどういう風に困難を切り抜けるのか(やり過ごすのか)すごく興味がありますので、今後も是非レポート続けてください。

Posted by: ミトコンドリア | 2009.08.19 10:25 PM

★ミトコンドリアさん
私の問題は私の問題でしかありません。
私のことなど放っておいて、あなたは、あなたの問題に取り組んで下さい。

Posted by: Kay | 2009.08.19 11:03 PM

タパスや苦行を実行するときに襲いかかる苦難は自己を浄化しているからと聞いたことがあります。
この世をば死人の如く生きるともそれは自我の欲を焼き付くし永遠なる真我と一体になるためであり
決してネガティブなものでは無いのですよね。
自我の欲望があるからこそ悲しみや苦しみから抜け出せないのであって自我を越えた無執着の境地こそ平安をもたらしますのよね。
私もそうなりたいなあ。(●^o^●)

Posted by: 祈り | 2009.08.20 03:58 AM

Kayさん、こんにちわ~
ずっと少食ができなくていろいろ調べたり悩んだりしてきましたが、ようやく落ち着いてきました。
Kayさんはローフードってご存知ですか?生きている体は生きている食べ物(生食)で作られるということらしく、生野菜や果物などを食べるとよいそうです。
最近は栄養とかカロリーでなく加熱されているかどうかを基準に食べるものを選んでます。

甲田先生の講話の中に「何のために少食にするのか」というのがあって、病人が少食にして健康になったおかげで犯罪を犯すのでは健康になる意味がないとありました。私も何のためというところをはっきりさせて日々の食生活を送って生きたいと思ってます。
そろそろきちんとしないとえらいことになりそうです。

Posted by: 月子 | 2009.08.20 03:12 PM

その山田鷹夫さんの本です。
仰るように私は、死ぬ=ネガティブと考えてました。
そうではないんですね。何だか開眼です。

Posted by: カナリア | 2009.08.20 07:03 PM

★祈りさん
苦難は自己を浄化するというのは、そうかもしれません。強制的な浄化ですね。
煉獄の苦しみというやつかもしれません。


★月子さん
ローフードですね。分かりますよ。
良いことだと思います。
ただ、私は、食のこだわりが全く無く、余程悪いものでなければ、何でも良いと思っています。カロリーメイトでも良いと思っているくらいです(食べませんけど)。
何のための少食・・・ですか?私は、死ぬためですね。


★カナリアさん
山田さんの「超愛」は、気持ち悪くて読むのをやめました。私も修行が足りない(笑)。
イエスは、「死に打ち勝つには、ただ死ぬしかない」と言いましたが、それがよく分かってきました。今後も死を見つめていきます。

Posted by: Kay | 2009.08.20 09:58 PM

Kayさんは何でもご存知なのですね。
今は生野菜がおいしい季節でうれしいです

死ぬための少食ですか・・・

私は自分が生まれてきた目的をはたすためでしょうか。
そのためにもっと元気になって動けるエネルギーが欲しいのでローフードにするのかなと思っています。
やはり日本と世界の平和のためかな?
おこがましいですけれどね。


Posted by: 月子 | 2009.08.21 11:37 AM

★月子さん
人の死に対する概念は、幻想に過ぎないと思います。死んだこともないのに、なぜみんな死に対するイメージが悪いのかなあ・・・。
人は死んでこそ真に生きられる・・・なんて、いきなり言われても困りますよね(笑)。
少食だと、食事がもの凄く美味しいというのもポイントかと思います。

Posted by: Kay | 2009.08.21 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私の、食の慎みと祝詞の効果:

« 経済発展は国民を幸福にしない | Main | やってみることが大切だ »