« 安らぎと成就 | Main | 死にたい人へ »

2009.08.25

不和と争いの女神を清める

「エリスは神の子では・・・ない」

アニメ「エル・カザド」での、「魔女」ブルーアイズによるナレーションの言葉だ。
どう見ても人間の美少女にしか見えないエリスは、実はバイオテクノロジで造られた人工生命体だった。
彼女を造ったシュナイダー博士は、エリスを科学の成果として興味深く、冷徹に観察していた。

だが、博士はエリスを愛してしまうようになる。
もとより、エリスには博士しかいなかった。そんなエリスのひたむきな眼差しを受け、無垢に育ったゆえの精神の純粋や、それによる汚れ無き美しさに魅かれたのだろうか?
しかし、それが悲劇の始まりであった。
博士は死ぬことになる。

観察対象は、ただ冷徹に観察すべきなのだ。

我々の最大の観察物は、自分の身体と心だ。
シュナイダー博士が、エリスに対してそうすべきであったように、我々は我々のエリス・・・身体と心を冷徹に観察しなければならない。
超然と距離を置き、影響されてはならない。

博士と愛し合うことで、エリスもまた穢れた。
我々は、我々のエリスを手放さないといけない。
自分の身体と心に無関心となり、それらに対して死なないといけない。
手放すことが死ぬことである。博士は、エリスに対して死人であるべきだった。
すると、エリスもまた純粋になる。
その時、エリスは神の子となり、我々は神になるのである。

準惑星エリスは2005年に発見された。
エリスは、ギリシア神話の、不和と争いの神である。
宇宙にあるように、我々の内にもエリスはいる。我々は、内なるエリスを清らかにしなければならない。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 安らぎと成就 | Main | 死にたい人へ »

Comments

アニメを持ってくるとは久しぶり・・・・


臨床心理学で、
ユングという人が『アニマ』と名付けた、
男性の無意識の中に潜む、
「女性のようなもの」
「自分を無意識の道へと誘うモノ」
というのがあり、
これが難解なものなんですが・・・

ここでいうエリスと似たものかもしれないと思いました。

Posted by: Raimu | 2009.08.25 12:45 PM

★Raimuさん
いえ、アニマやアニムスとは関係のない話です。

Posted by: Kay | 2009.08.25 11:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不和と争いの女神を清める:

« 安らぎと成就 | Main | 死にたい人へ »