« 少食と死の願望 | Main | 自殺のやり方が間違っている! »

2009.08.16

至高のマントラ

神道について調べていますと、色々な祝詞や呪文があるものだなと思います。
ただ、「この祝詞はニセモノ」とかいった話もよく目にします。
でも、デタラメで作られたものであっても、信じて唱えていれば絶大な効果があると思いますよ。
最初はニセモノであっても、時が経てば高貴な本物になっていることも有り得ますし、世の中、そういったものは沢山あるはずです。
逆に、「究極の祝詞」「秘法のマントラ」などというものに対しては、私は抵抗の方が大きいですね。それらもデタラメではないのでしょうが、どこか、「その究極の祝詞で得をしたい」という下心ばかり感じて、何か嫌な感じがします。
祝詞なら、「大祓詞」だけで良いと私は思っています。もちろん、好きなら別のものも唱えれば良いと思います。
私は、大祓詞を、昨年末から毎日。そして、今月に入ってからは500回以上唱え、やっと楽しくなってきました。1回唱えるのに3分程です。

ただ、私が最高のマントラ(真言)と思っているものがあります。
秘法でも何でもなく、すぐに言いますが、それは、「私は在る」です。
ただの民間人でありながら聖者と称えられるインドのニサルガダッタ・マハラジは、「私は在る」以外に人が確信できることはなく、これが至高のマントラであると言ったことがあります。
私は、マハラジの「アイ・アム・ザット」を繰り返し読みましたので、マハラジの言葉は正しいと信じられます。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 少食と死の願望 | Main | 自殺のやり方が間違っている! »

Comments

Kayさんの心境に近づいてみたくなり今日、神道の本と大祓のCDブックを買いました。江原啓之絶賛の奈良の有名神社の近くに住んでながら神には無頓着でした。
今更ながら、いや今の年代だからこそ近づきたくなったのかと思ってます。
子どもが寝たら早速聞いてみたいと思います。

Posted by: カナリア | 2009.08.16 at 08:03 PM

そういえばマントラで思い出しましたが若い時にインド人から七万で私だけのマントラを買った事があります。
絶対に誰にも教えてはダメと言われました。
あのマントラもずっと今でも唱えてたら何かが違っていたのかもしれませんね。

Posted by: カナリア | 2009.08.16 at 08:07 PM

★カナリアさん
大祓詞のCDブックなら、葉室頼昭さんのものを買ったことがあります。
2ヶ月ほどは、それに合わせて大祓詞を唱え、感じを掴んでからは独自の調子で唱えています。
江原啓之さんは、偏見かもしれませんが、私にはあまり良い印象がありません。別に否定的でもありませんが、あの人の本を読んだり、話を聞くことは、まず無いような気がします。
神道に関しては、「秘法」「秘伝」という言葉の大安売りをする人には気を付けた方が良いような気がします。
私は、神道に関しては、古事記と大祓詞だけで、神道家としては、江戸末期の黒住宗忠のみを敬愛しています。

TM(超越瞑想)というものがあり、ビートルズやクリント・イーストウッド、スターウォーズのレイア姫役のキャリー・フィッシャーが熱心にやっていることが知られています。
日本では、有名な事業家や、プロレスのアントニオ猪木さんなどがやっているようですが、これも、個人個人にマントラが与えられ、消して人に教えてはならないと言われています。
私が教わった十数年前で10万円ほど。今なら30万円近いと思います。
私は、今はやっておりません。

Posted by: Kay | 2009.08.16 at 09:25 PM

最近食事の時に挙げている句です。


食事五観之偈

一つには 功の多少を計り。彼の来処を量る。
二つには 己が徳行の全欠を忖つて供に応ず
三つには 心を防ぎ過を離るることは貪等を宗とす。
四つには 正に良薬を事とすることは形枯を療ぜんが為めなり。
五つには 成道の為めの故に今此の食を受く

『永平寺日課経大全』

もう食事が儀式化してきました。
あとは心にサティを入れ自分の心理変化を観察するのが一番の楽しみになってきました。

Posted by: Lily | 2009.08.16 at 10:55 PM

★Lilyさん
誰もが、自分の信じることをやって、その結果は文句を言わずに受け入れる。
それだけのことです。

Posted by: Kay | 2009.08.17 at 08:43 AM

CDブックは同じです。しばらく練習が必要ですね。私もTMでマントラをいただきました。毎回、瞑想で爆睡してしまってます。
江原啓之さんは出始めた時に興味がありましたが、メディアに出るにつれブクブク太り太るのは死者と話す為みたいな発言で冷めました。
んなアホな…

Posted by: カナリア | 2009.08.17 at 11:15 AM

★カナリアさん
私は、TMも1年間は超熱心にやりました。
しかし、こういった商業的メソッドの団体や指導者が、自分のところ以外のものをお互い貶すのを見ているうちに疑問を感じ始めました。
そして、日本のTMが船井総研から始まったことを知って、止めようと固く誓ったものでした(笑)。
まあ、今では、船井幸雄もそんなに毛嫌いしないことにしています。絶対に信用もしませんけどね。
また、商業的メソッドは全部やらないことにしました。

Posted by: Kay | 2009.08.17 at 08:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/45940352

Listed below are links to weblogs that reference 至高のマントラ:

« 少食と死の願望 | Main | 自殺のやり方が間違っている! »