« この身体は私じゃない | Main | 薄いブラックコーヒー »

2009.08.29

黄金期の人間

太古の時代は、人は生と死の区別を持たなかった。
だから、自分が死んでも、それに気が付かなかった。
その頃は、人と霊の交流は自然なことだった。
たとえ死のことを知っていても、生を良しとするのと同様、死も良しとした。

死を恐れず、生命が永遠であることを知っていたので、刹那的な欲望に囚われることもなかった。
自分の利益のために殺人を犯すことは考えられなかった。
また、彼らには時間の概念がなく、過去や未来はなく、常に現在であったので、過去を悔やんだり、未来を心配し煩わされることはなかった。
知識としてではなく、生の実感として、自己が身体や心を超え、時間や空間を超える存在であることを知っていた。自己とは、普遍的な存在であることを当然のこととしていた。
自分と他人との明確な区別も実際にはなかった。区別しようと思えば区別できるといったものだった。指導者はいたが、支配者、被支配者の関係ではなかった。それは役割の違いに過ぎなかった。

それは人間の黄金期であり、誰もが幸福で、羨むべき世界ではある。
しかし、我々にも、そのような世界の実現は可能である。そのような生き方をしている者は、現在は稀で、聖者と見なされるかもしれないが、実際は、人のごく自然な状態である。
そのようになるには、そんな世界を求める必要はない。不幸の原因を除くだけで良い。
生と死、自分と他人、善と悪の区別を付けたことが不幸の始まりである。それをするのは人の心である。心を静かに純粋にし、死んでいるようにすれば良い。
だから、現代でも聖者は、自分は既に死んでいると言うのだ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« この身体は私じゃない | Main | 薄いブラックコーヒー »

Comments

自分と他人への区別や比較、色々な事に対して判断を下す自我を無くす事を『“自分”は死んでいる』とおっしゃっているのですよね?なんとなく分かりそうな気がしました。そうですね。『足るを知る』ですね(>д<)

Posted by: 祈り | 2009.08.29 11:30 PM

★祈りさん
いえ、身体や心に既得権を持たないと見なすことが死ぬことです。
足るを知るとは、自然にやってくるもの以外を求めず、あるもので満足することです。

Posted by: Kay | 2009.08.30 07:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 黄金期の人間:

« この身体は私じゃない | Main | 薄いブラックコーヒー »