« 久々にメニエール病が発症 | Main | 忘れないということ »

2009.08.05

世界は心を映す鏡

「子は親の鏡」という言葉は、児童教育で世界的に著名な心理学者ドロシー・ロー・ノルト博士の詩の題名である。

「子は親の鏡」という言葉自体はよく使われるが、自分の姿の確認として子供を見るという人は少ないと思う。
では、子供がいない人は、自分を見る鏡はないのか?
いや、実は、全ての人が自分の鏡なのだ。
著名な作家の吉川英治さんは、「我以外皆我師」なんて立派な言葉を残しているが、「我以外皆我鏡」である。
人に限らない。
もっと分りやすく言えば、「世界皆我鏡」だ。
世界全体が自分の鏡なのだ。
世界は自分の心を映す鏡である。心が世界を創るのであり、世界は心の反映に過ぎない。
「自分の心が分らない」などと言うなら、世界を見れば良いのである。そこに、あますところなく、自分の心が現れている。

心が活動を止めれば何が見えるかというと、ただ輝きが見えるであろう。
天照大神が、鏡で自分の姿を見たように。鏡を自分の魂だと言ったように、自分の真の姿を自分で見ることはできない。
だから鏡を作ったのだ。
鏡(カガミ)である他人を、あるいは、世界を、我(ガ)を持たずに見れば、そこに見えるのは神(カミ)である。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 久々にメニエール病が発症 | Main | 忘れないということ »

Comments

鏡の話は奥が深いですよね。これまで、いろいろなマスターが鏡の話を残していますが、私が好きなのは、黒住宗忠の言葉です。

「立ち向かう人の心は鏡なり、己が姿をうつしてやみん」

この言葉を始めて聞いたとき、震え上がるように感動しました。黒住宗忠と水野南北の話をしても、理解する人は、私の回りにほとんどいません。二人とも、江戸時代の人ですよね。こんなに素晴らしいマスターが、江戸時代から
いるのに、現代にその理念が広く生かされていないのは、誠に残念な事ではあります。私も、Kai san のようにはまだまだ及びませんが、できる範囲で一隅を照らして生きたいと思います。


Posted by: Hidesaburou | 2009.08.05 06:11 PM

★Hidesaburouさん
>「立ち向かう人の心は鏡なり、己が姿をうつしてやみん」
味わい深い言葉ですね。
本当に、誰も黒住宗忠や水野南北を知りませんね。
書籍も少ないですし、出てもすぐに廃版になってしまう。本当に、日本の誇りなのに。
私は、近代では後1人、岡田虎二郎を敬愛しますが、こちらも文献が少ないです。
私は、彼らの薦める行をそれぞれ1つずつ実践しております。

Posted by: Kay | 2009.08.05 09:43 PM

こんばんは(^^)
たまたま今 いろんな子供に接する機会があるのですが
>自分の姿の確認として子供を見る
と言うのは なかなか難しいです。

他人さんが客観的に見るから気づく…というか。
まぁどちらにしても「人のふり見て…」ですね(^^ゞ

Posted by: ネコちゃん | 2009.08.05 11:20 PM

★ネコちゃん
私は妻も子も妾もおりませんので(笑)、子供がどう自分を反映するのかは分かりませんが、嫌なヤツほど自分の姿を見事に反映していると気付きます。
偶然、電車の中で一瞬出会ったロクでもないと思う人間も、よく見たら自分だったりする。
面白いものですね。

Posted by: Kay | 2009.08.06 06:32 AM

ロクでも無いと思う人間も、よく見たら自分だったというのは私もよくあります。(笑)
すべては鏡ですね。逆に自分が変わると、相手も面白いように変わります。Kai-sanも経験しているのではないかと思いますが。だけど、悲しいかな、多くの人は、相手を変えようと一生懸命がんばるんです。それで喧嘩になって、お互い不愉快になって、ものすごいエネルギーを使って、つかれちゃう。これでは、本質的な解決にはならないんです。沢山に優れたマスターが古くから、この教えを説いているのに、何で現代の人間には、それが生かされていないのか? 本当に不思議です。

Posted by: HIdesaburou | 2009.08.06 06:15 PM

★HIdesaburouさん
いやあ、本当にどうしようもないですね。我ながら・・・^^;
使命感を持って、相手を変えようとしたりしますねえ(笑)。
ある意味、全てに無関心になることも必要かなと思っております。
自分が変われば・・・そうなんですよ。思いっきり邪まなことを考えている時に、回りから袋叩きに・・・って、これ、悪い方の例ですね^^;

Posted by: Kay | 2009.08.06 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界は心を映す鏡:

« 久々にメニエール病が発症 | Main | 忘れないということ »