« 神の力を秘めたDNAのスイッチを入れる | Main | なぜ、ありがたいのか? »

2009.08.02

食を慎める者は、稀にみる幸運な人だ

食を慎んでいる者は、実に幸運であると思う。
なぜなら、自分の意思で食を慎むことなど出来ないと思えるからである。
それは私自身もよく知っている。昨年7月まで、飽食、美食の限りを尽くしていた(高級ではなかったが)。
だが、ある時、神様が降りてきて、何の努力もなく、1日1食の菜食主義者となり、間食もしなくなった。食欲は全く変わらないのにである。
私が食を慎めるようになったのは、単に「たまたま」であり、幸運であったに過ぎない。
食を慎むことの多くのメリットを享受した私は、浅はかにも他人にも薦めたが、直接薦めた人では誰も実施せず、悪い結果となった場合すらあった。
人は、思うように食を慎むことなどできないのかもしれない。
いや、もっと言えば、人は自分の意思では何もできないのだ。

ニサルダガッタ・マハラジは偉大な聖者であるが、解脱のためには何の努力もしなかったと言う。
なぜ解脱できたかというと、単に、師の言葉を憶えていて、忘れなかったからだと言う。その言葉とは、「あなたは至高の実在である」だ。
この言葉を聞き、忘れずにいたマハラジは幸運だったのだ。

水野南北は、食を慎む者は、富裕、健康、長寿は約束されると言う。
だが、人は自分の意思で食を慎むことはできない。
幸運にも食を慎むことができるなら、その幸運に感謝すべきである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 神の力を秘めたDNAのスイッチを入れる | Main | なぜ、ありがたいのか? »

Comments

ブログの更新の度に楽しませて(考えさせられて)いただいてます。
私は牛の解体画像、マクドナルドのノンフィクション本、環境問題から肉=死体と感じ家族(育ち盛りの子供男子二名に夫)の食事作りが苦痛です。私は未精製米を土鍋で炊き無農薬野菜を取り寄せたりで懸命に三食を作ってるのですが家族は肉や魚、生クリーム、アイスクリームを要求します。
肉に似せたグルテンミート(大豆タンパク)も肉でないと不評です。
今日は泣く泣くスーパーで牛肉を購入しましたが血が気持ち悪く肉が生々しく触るのが苦痛です。
菜食主義が偉いとか正確だと思いませんが菜食主義が私の中では正解なのです。食事に関しては食べない事で悪態をつかれたり食に対する考えを述べようなら非難を受けます。
自分以外に押し付けるつもりではないが家族の中の組織では精神的にストレスがたまります。
『死体を買ってる…』との買い物中の思いや魚を吐きそうになりながら焼く辛さを和らげる思考はあるのでしょうか…
夫や子供が居るから幸せな気持ちもありますが食に関してはかなり辛いてす。

何かこのコメントで思い浮かぶ言葉があればお願いいたします。

Posted by: カナリア | 2009.08.02 08:43 PM

★カナリアさん
負けず劣らず、辛いこと、理不尽なこと、苦しいことが私にもあります。
そんな時、私に浮かぶ言葉は1つです。
「ありがたい」
良い方に解釈するとか、無理にそう思うというのではありません。
本当にありがたいことだと知っているのです。
理屈は一切ありません。とはいえ、詳細は明日あたりのブログで書きます。多分・・・^^;

Posted by: Kay | 2009.08.02 10:34 PM

僕は今、下宿してる大学生なんですが・・・

少食というかタオイスト的な者に、
昔から関心を抱いていて、
このブログに出会ったものなので、

極端な少食というのも、やってみたのですが・・・
『ご飯作らなくて楽だ。』
などと、浅はかな考えも持ってしまって(笑)


ある程度は摂取しないと調子はでないことが分かりました。
美味しいものを食べないと元気出ませんし・・・

けど、南北相法の本を買ってみて
適量摂取は心がけてます。
食欲無い時は、案外、ヨーグルトかでもいけることに気付いたり、
今まで自分が食べてたご飯の量が、多すぎたことに気付いたり。

しかし、本能的に肉を体が欲することがあるので、
その時は、食べています。気持ち悪くならない程度に。
一応、まだ育ち盛りなんでしょうかね・・・
多少はいっぱい食べて、多少は無駄なもの吸収した方が、
今の所、良いような気がしてます。

僕が意識しているのは、
『必要な物の適量摂取』です。
甘いものとかも好きで、まだまだ自分にとって必要ですが、
必要な時に、必要な分だけ、摂るようにしています。

Posted by: Raimu | 2009.08.02 10:43 PM

★Raimuさん
本能が肉を欲するのではなく、習慣で肉が美味しいと感じるだけのことと思います。
肉食の習慣がない人々は、決して肉を美味しいと思いませんからね。
無駄なものを食べた方が良いと感じる等も、ほぼ全て習慣の力です。
習慣の力は恐ろしく、人生は習慣で作られるようなものですね。

Posted by: Kay | 2009.08.03 06:34 AM

小食で体調すぐれない人の中に冷たいもの好きな人がいたら、せっかくの小食が台無しですよ
冷たいものはほんとにやめたほうがいいです。
どんなに暑くても常温よりあったかいものを、冷たいものを食べるときは口の中でぬるくなるまで待ちましょう。
バカバカグビグビ飲み食いするより涼しいですよ^^
ヨガでは白湯をおススメされてます。
B'Zのボーカルの稲葉さんは冷たいもの食べると腹の底から声がでなくなるし、やる気がでなくなるそうです。
だから冷房も使わないし、冷たいものもとらないそうです。
やっぱり人間暖かくなきゃ!

Posted by: ポン吉 | 2009.08.04 09:22 AM

★ポン吉さん
私も冷房は使いませんし、冷たいものも食べません。
ただ、会社にある自動販売機は、夏場は冷たい飲み物しか入っていません。夏場でも、暖かい飲み物が欲しいのですけどね。
稲葉さんもそうですか?やはり、いい男は共通点が多いですね(笑)。

Posted by: Kay | 2009.08.04 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食を慎める者は、稀にみる幸運な人だ:

« 神の力を秘めたDNAのスイッチを入れる | Main | なぜ、ありがたいのか? »