« 死にたい人へ | Main | この身体は私じゃない »

2009.08.27

無垢の時代

幼い時の我々にとって、自分は誰でもなかった。
自分が何であるかなど、考えもしなかった。
私は私でしかなかった。

自分が、ある特定の何かであると思い始めた時に不幸が始まった。

再び、身体を、心を、世界を手放そう。
身体を、心を、世界を諦めよう。
再び、何かではない自分でいよう。
何かではない自分になるのではない。何かではない自分でいるのだ。
実際、我々は何かではないのだ。

再び、無垢な子供になった時に本当に幸福になったと言える。
表向きには、実業家でも野球選手でも、IT技術者でも乞食でも何でも構わない。
それは、たまたま我々の身体に起こったことに過ぎない。
幼い頃、たまたま自分が王子様であっても、そんなことはどうでも良かったはずだ。
ただ、自分が王子様であると思った時に不幸が始まるだけなのだ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 死にたい人へ | Main | この身体は私じゃない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無垢の時代:

« 死にたい人へ | Main | この身体は私じゃない »