« 黄金期の人間 | Main | 日本人である幸運 »

2009.08.30

薄いブラックコーヒー

私は、以前はブラックコーヒーが飲めなかった。コーヒーには、砂糖とミルクをたっぷり入れて飲んでいた。
しかし、ブラックコーヒーをごく薄いものにして、毎日夕食後に飲んでいたら、美味しいものであることが分かってきた。

ある、アメリカに留学していた人の話だが、ホームステイ先では、飲み物といえば、薄いブラックコーヒーしか無かったという。彼もブラックコーヒーは飲めなかったそうなのだが、それは非常に薄いコーヒーで、紅茶みたいな感じだったので飲めたようだ。そして、さらにしばらくしたら好きになったらしい。
私は、彼の話を参考にしたのだった。

私は、少し前は、ペットボトルに水道水を入れて持ち歩いていたが、私は、真水というのは、どうも飲みにくいと感じる。あるスーパーで、高価な浄水器で作った水を無料でサービスしていたが、飲むと思わず吐いてしまった。 持ち歩いているペットボトルの水も、結局はあまり飲まない。
自然界には、不純物の入っていない水はないそうだ。真水は表面張力が高くて、飲みにくいのかもしれない。
そこで、インスタントコーヒーを少し入れてみたら、これがかなり美味しい。500mlボトルを1日でちゃんと飲み干すようになった。にがりも数滴入れ、非情に健康的で経済的な飲料水を手に入れたと喜んでいる。
ブラック缶コーヒー等は、私には濃過ぎる。
人気の高い緑茶も、私は好きではない。何度飲んでみても、胸に痞える(つかえる。塞がる感じのこと)感じだ。単に体質の問題かもしれないが、まず、濃すぎるように思う。

インスタントコーヒーなら、コップ1杯に対し、スプーンの先に少し乗る(小さじ1/10~1/5)程度で十分だ。
他の飲み物(緑茶、ほうじ茶、玄米茶、ウーロン茶等)も、世間で普通とされるよりはるかに薄いものが良い。
そして、このくらいの微妙な味を味わえる感覚が人として実は大切であることを付け加えておく。真理には微妙な面があるからだ。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 黄金期の人間 | Main | 日本人である幸運 »

Comments

第六感や霊眼を働かせて眼に見えない存在を意識するのは大変に精妙な感覚が必要だそうですがその真理を感ずる上での微妙な直観はどのようにしたら感じられるようになるのでしょうか。座禅や瞑想等、何か具体的な方法はお有りでしょうか。宜しくお願い致します。m(__)m

Posted by: 祈り | 2009.08.31 04:15 AM

★祈りさん
第一はしっかり働くことでしょうね。

Posted by: Kay | 2009.08.31 06:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 薄いブラックコーヒー:

« 黄金期の人間 | Main | 日本人である幸運 »