« 1日1食にして、1年経ちました | Main | 少食の真のメリット »

2009.08.08

目が覚めたら王だった

あなたが目を覚ます。
そして、自分が恐ろしいほどの豪華なベッドで寝ていることに気付く。
布団もまくらも最高級品で、贅の限りを尽くしている。
いや、ベッドだけではない。
部屋は途方もなく広く、調度品も含め、何もかも芸術的な造形のものばかりで、しかも全てピカピカに磨き上げられている。

さらに、それだけではなかった。
周りには、上品な執事やメイドが沢山控えている。
「ここはどこだ?」
とあなたが問うと、執事長らしい男性が言う。
「あなた様のお部屋でございます。ご主人様(あるいはお嬢様、若旦那様等)は、長い間、重い病気でうなされておられました。悪い夢でも見ておられたのでしょうか?」

西洋人はこんなお話が好きなようだ。
アメリカ最大の思想家ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、こんな話が人気があるのは、これが実際の我々についてのことであるからと言う。
自分がいかに偉大であるかを、皆、知らずにいるのだと。

インドの偉大な聖者、ニサルダガッタ・マハラジは、師の「あなたは至高の実在である」という言葉を忘れなかったおかげで、何の努力もなしに真我の実現(悟りを開くという意味)を果たしたと言う。
真我とはアートマンであり、宇宙神ブラフマンと一体のものだ。即ち、真我の実現とは、自分が神であるという本来の姿に目覚めることだ。
ラマナ・マハルシは言う。
「あなたは真我(神と一体のもの)なのだ。悟ろうが悟るまいが、あなたは真我以外の何者でもない。真我であろうとしてならない。真我でありなさい」
神道黒住教の開祖である偉大な神道家、黒住宗忠は言った。
「人は、天照大神と一体である」
天照大神は、神話の女神であると共に、根本神である。
我々は自覚があろうがなかろうが、やはり神である。それであろうとしてはならない。それであらねばならない。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 1日1食にして、1年経ちました | Main | 少食の真のメリット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 目が覚めたら王だった:

« 1日1食にして、1年経ちました | Main | 少食の真のメリット »