« シンプルな経済法則 | Main | 失敗をやめれば成功する »

2009.07.24

食の慎みは神様の恩寵

私は、約1年前に、神様の恩寵(恵み)により、段階を追って食を慎むようになった。

まず最初に、お菓子などの間食をやめた。
私は元来、甘いものが大好きで、特にチョコレート、ケーキ、シュークリーム、プリン、アイスクリームといったところには目がなく、ポテトチップスやクッキーも、カロリー高めのこってりしたものが大好きだった。
しかし、これらだけでなく、あらゆるお菓子を、この1年間、正月を除き全く食べていない。一生食べないつもりだ。

その1週間後、昼食を食べるのをやめた。
それまでは、昼食も大食で、ミートスパゲティなら大盛り、トンカツ定食はご飯をお代わりし、ラーメン定食もご飯大盛りの店に行っていた。大盛りカツカレーも大好きだった。
しかし、それらを食べるのもぴたりとやめた。
これらの料理は一生食べないと決め、実際に、もう1年近く、一度も食べていない。
その数日後には、朝食も食べなくなり、2008年8月7日から一日一食となった。同時に、菜食主義になった。

このようなことは、最初に書いたように、神様の恩寵が無いとできるものではない。
つまり、我が力で食を慎んでいるとは言えない。自分の意思の力しか頼れないとしたら、まず不可能であったはずだ。

確かに今は、飽食、美食に耽り、肥満している者があらゆる年代に非常に多い。
しかし、彼らを責める気はない。残念なことに、彼らにそれを避ける方法はない。

食を慎む者は、神の恩寵を得た者である。
単にスリムで美しく、健康的な身体を得るだけのためではない。
水野南北は、食を慎む者は健康や福寿に恵まれると断言するが、必ずしも安楽で試練に遭わないとも言っていない。
適度に食を慎む者は安楽な幸運に恵まれるかもしれない。
しかし、少食、粗食の度合いが大きいほど試練も大きくなる。やはり特別な天命があるのだと思う。

現在、飽食、美食であれば、食を慎むための神の恩寵を願うと良い。
今、適度な少食であるなら、そうであることを神様に感謝し、常に慎みの心を忘れないことだ。
かなりの少食であるが、試練に耐えられないなら、神様にお詫びの上、適度な少食に変え、平和に暮らせば良いと思う。
だが、食の慎みが進み、もはや避けられない運命であれば、天命に備えるしかない。何をすれば良いかは、やがて知らされるはずである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« シンプルな経済法則 | Main | 失敗をやめれば成功する »

Comments

はじめまして。
私は一ヶ月くらい前から少食・粗食をするようになりました。
まだ30代前半ですが、胃腸の具合が悪くなったのがきっかけです。
それまでは大食い、甘いもの好きでした。
今は大食い、過食は慎んでいますが、甘いものはときどきたべます。それもだんだん減らしていきたいです。
振り返ってみると、どこか自分の人生空回りしていて、何事もうまくいかず、思い悩んでいたのですが、
我欲、我力だけで生きてきたことに対する天からの忠告ではないかと、そう思うようになりました。
少食・粗食も、自分の力だけでは到底無理で、神に祈るというか、私の場合そういう心境ではじめて可能です。
もう自分を捨てたという感覚で、そうでもしないと食への欲求というのが強すぎて太刀打ちできません。
少食・粗食で自分の人生何とか向上させよう、とかはあまり思わないほうがいいのでしょうか?
私の気持ちの中にはそういうヨコシマな考えが多少あります。
でも、それとは別に、自分の人生において目標がありますし、これからの時代の流れ、地球の状況からいっても、
少食粗食を続けることには意義があると思うので、続けていきたいと思っています。

Posted by: GB | 2009.07.25 at 11:42 AM

★GBさん
はじめまして。
自分で決めた掟を守るなら、甘いものも良いと思います。
例えば、「水曜と土曜、それぞれ、ボタモチ1個と大福1個」といった感じです。
決まりがないと、つい多くなってしまいます。
あまりに厳しい少食はしない方が良いと思っています。
甘いものも、あまり豪華なものでなく、素朴なものが良いでしょうね。

>少食・粗食で自分の人生何とか向上させよう、とかはあまり思わないほうがいいのでしょうか?

難しい問題ですねえ。
思わない方が、結果として、人生向上しますからね。
また、自分が立てた目標と全然違うことでうまくいったりするから、人生面白いのですし。
「離我任天(我を離れ、天に任せる)」なんて言葉がありますが、天に丸ごと任せる気持ちになれば無敵かと思います。なることができればですけどね。

Posted by: Kay | 2009.07.25 at 12:11 PM

> 今、適度な少食であるなら、そうであることを神様に感謝し、常に慎みの心を忘れないことだ。

わたしは、(なんとか)ここに属しますね。
ちなみに、試練、耐えられません coldsweats01

ただ、私自身は、適度な少食だと思っていたのですが…
最近2ヶ月ほど、短期の派遣をしていて、
他の派遣社員の方々とお昼を食べる機会が多くあったのですが、
何人かの方から「少ない!(非難の声)」が上がったのにはまいりました^_^;
これで、朝食抜きだとばれたら、確実に身体に悪いの大合唱だったでしょう(≧∇≦)

いやぁ~、あきらかに肥満で、それでもラーメン定食や揚げ物テンコ盛りの定食を食べても、誰も非難の声はあげないのに…不思議なものです。

(なぜ???)

Posted by: 桃太 | 2009.07.25 at 02:33 PM

「ミートスパゲティなら大盛り、トンカツ定食はご飯をお代わりし、ラーメン定食もご飯大盛りの店に行っていた。大盛りカツカレーも大好きだった」
こ、これは凄かったですねcoldsweats01
この量から、今の少食に替えたのはまさに「神様の恩寵」なのでしょう。

以前、指導の下で絶食を一週間ほどしたことがあるのですが、
終了後しばらく精神が研ぎ澄まされているっていう感じに包まれていて快感でした。
少食は絶食同様の効果があるのかもしれません。

Posted by: りす | 2009.07.25 at 03:00 PM

★桃太さん
私も、自分では、「ひょっとしたら食べ過ぎかな」と思って、同僚と食事の話をしたら、やはり普通の人の感覚では圧倒的に少なくて驚かれました。
その、「非難の声が上がる」というのは分かるような気がします。
逆に、大食の人は、自分ではさして食べていないと思っていても、すごい食べているということがよくありますね。
まあ、他人のことは放っておきましょう。


★りすさん
加えて私は、毎日、チョコレートを板チョコなら1枚、ポテトチップスは食べ始めたら1袋なくなるまで食べてました。
私は我流で10日断食をしたことがあります。不思議な現象がよく起こりました。ただ、人を乗せて長時間運転しなければならないことになり、それ以上は断念しました。それがなかったらどこまでいったやら・・・

Posted by: Kay | 2009.07.25 at 09:28 PM

食べる量は普通ですが完全菜食にしたら心も身体も以前より健やかになったと感じます。大食する人、肉類やお酒を食べずには居られない人、人工添加物やインスタントを美味しいと感じる人、その人達はそれぞれの意思で行っているのだから口出し出来ないけれど、腑に落ちないょ(>д<)。平安でありますように。

Posted by: 祈り | 2009.08.21 at 01:06 AM

★祈りさん
人は慣れた食事を美味しいと感じます。
インスタント食品は、美味しいと感じ、中毒性があるように作られていますから、愛食者が多いのは当然のことと思います。
菜食は、慣れていないと、最初は美味しいと感じませんが、皆、少しずつ、これに慣れていくという方法が良いのですね。

Posted by: Kay | 2009.08.21 at 06:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/45729824

Listed below are links to weblogs that reference 食の慎みは神様の恩寵:

« シンプルな経済法則 | Main | 失敗をやめれば成功する »