« マハルシが教えた、悟りを開く最もシンプルな方法 | Main | 偉大なリーダーの資質 »

2009.07.22

太陽と月の奇跡的な偶然

皆既日食で、あらゆるメディアは大騒ぎだったが、誰か、地球から見た太陽と月の大きさが同じであることの驚異に気付いたろうか?
こんな大事な話をまるで見ないし聞かない。

私は、涼宮ハルヒの聖地、阪急西宮北口駅の北側の駅前公園で日食を見ようと思ったが、なんと工事中だった。基礎工事だけで8月半ばまで。本格工事はそれからだそうだ。
作者は言ってないと思うが、「ハルヒ」は、神道的には、「張(は)る霊(ひ)」で、「張る」は生命力の膨張を示す「春」だ。
もしかしたら、ハルヒは天照大神の化身かもしれない。長く中断している小説の今後が、そんな話にならないだろうかと思う。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« マハルシが教えた、悟りを開く最もシンプルな方法 | Main | 偉大なリーダーの資質 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 太陽と月の奇跡的な偶然:

« マハルシが教えた、悟りを開く最もシンプルな方法 | Main | 偉大なリーダーの資質 »