« どんな成功も「たまたま」である | Main | 田舎のおじいさん、おばあさん流のお祈りでいこう »

2009.07.30

打ちのめされないために

1日中、ことあるごとに、「南無阿弥陀仏(ナムアミダブツ)」や「天照大神(アマテラスオオミカミ)」、あるいは、「アーメン」と唱える人が、打ちのめされたり、自殺することはない。
あるいは、1日中、腹に力を込めていたり、常に「ありがたい」と思っている人もそうである。
今年の日本の自殺者は記録的だそうだ。不況の影響も大きいのだと思うが残念だ。
誰でも、心を締める鍵を持っていないといけない。

尚、「南無阿弥陀仏」は、阿弥陀仏を完全に信頼し、全てをお任せしますという意味だ。
「天照大神」は、神道の太陽神である天照大神の名前そのままの「アマテラスオオミカミ」の十語を唱える「十言神呪(とことのかじり)」という神道の呪文だ。
「アーメン」は「同意」とか「然り」という意味らしいが、神様の御心のままになるようにとの意味と思う。

尚、これらの言葉は声に出さないといけないという人もいるし、それも一理あることとは思うが、私は声に出さない。心で唱える。ラマナ・マハルシは、心で唱える方が良いと言った。
ある男は、別に特定の宗派の仏教徒ではなかったが、それこそ、食事の時の箸の上げ下げをする度にでも念仏を唱えた。彼は、特に何かの才があったわけではなく、育ちも良くはなく、ある時期までは不遇の人生であったが、そんな中でも本人は割合に気楽であった。そして、やがて裕福になり、幸福な生涯を送った。彼には過ぎた欲望がなく、不要なものも求めず、ただ念仏したのである。

打ちのめされたり、自殺する必要など全く無い。心を締める鍵を持ち、気楽にいきたいものである。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« どんな成功も「たまたま」である | Main | 田舎のおじいさん、おばあさん流のお祈りでいこう »

Comments


神々の御言葉
聖者が語る御言葉

これらは甘く麗しく心を平安にさせてくれる音がありますよね♪♪

そのような神の甘露を常々心に秘めていられますように
幸せでありますように☆(*^o^*)☆

Posted by: 祈り | 2009.08.20 04:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 打ちのめされないために:

« どんな成功も「たまたま」である | Main | 田舎のおじいさん、おばあさん流のお祈りでいこう »